Create issue ticket

考えれる56県の原因 関節の変形

  • 関節炎

    関節は特に偽痛風が起こる可能性が高い関節である。特に変形関節症のある膝関節で起こりやすいといわれている。 なおCPPDによる関節炎は偽痛風の他の臨床病型がある。例えばpseudo-RAでは慢性多関節炎の臨床像をとり、pseudo-OAでは軟骨の石灰化を伴い変形関節症のように慢性進行性に関節変形が進む。[ja.wikipedia.org] Step6 疼痛関節の分布から疾患を想起する上肢では手指のPIP関節/MCP関節/手関節を中心に分布する多関節痛なら関節リウマチ、手指の遠位のDIP関節中心ならば変形関節症や乾癬性関節炎が想起される。下肢の膝関節中心ならば血清反応陰性脊椎関節炎、結晶誘発性関節炎、変形関節症、関節リウマチなどが想起される。[ja.wikipedia.org] 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形関節症頻度としては最も多いのが変形関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。アルコール、ステロイド剤の摂取歴が重要となる。 神経原性関節症糖尿病患者などで認められる。痛みが軽い割に骨破壊が著しいのが特徴である。[ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう、へんけいせい ひざかんせつしょう、英: osteoarthritis)は、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけにより膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを伴う病気である。[ja.wikipedia.org] オランダErasmus Medical CenterのJos Runhaar氏 近年、グルコサミンは変形性膝関節症の症状に有効とする報告があるが、ハイリスクとされる肥満の中年女性を対象とした無作為化比較試験を行った結果、2.5年間の追跡で変形性膝関節症の発症に対してグルコサミン摂取の有意な影響は見られず、発症予防の効果は証明されなかった。[medical.nikkeibp.co.jp] 糸を引くほど粘れば変形性膝関節症の可能性が高まる。関節液を光にかざして浮遊する無数の脂肪滴があれば骨折があると診断できる。 X線検査は変形性膝関節症の診断にとって欠かせず、骨の形状を細かに見ることで膝の骨の状態を確認し、直接写らないが骨に付随する軟骨組織や筋肉、腱などの状態を推測する。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風

    痛風と鑑別を要する関節炎の疾患としては関節リウマチ、変形関節症、偽痛風がある。 範囲 患者のうち90%以上、文献によっては98%以上が男性であると記載する。これほど男女差が大きい疾患は少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風性関節炎

    痛風と鑑別を要する関節炎の疾患としては関節リウマチ、変形関節症、偽痛風がある。 範囲 患者のうち90%以上、文献によっては98%以上が男性であると記載する。これほど男女差が大きい疾患は少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 顎関節炎

    治療は、関節円板の整復が図られ、整復された状態を固定・維持する治療が施される。治療は長期間を要することが多い。 変形性顎関節症は、顎関節を構成する軟骨や骨の変性性疾患である。[ja.wikipedia.org] 顎関節症(がくかんせつしょう、英: Temporomandibular joint disorder)とは、顎関節部や咀嚼筋などの疼痛、関節音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形関節症などが含まれるとされている。[ja.wikipedia.org] その病態分類は、「I型:咀嚼筋障害、II型:顎関節痛障害、III型:顎関節円板障害、a:復位性、b:非復位性、IV型:変形関節症」である。 上野正、岡達、中村允也「顎関節症の研究(第1報):臨床的所見」『日本口腔科学会雑誌』第5巻第3号、日本口腔科学会、1956年7月、 284頁。[ja.wikipedia.org]

  • 高尿酸血症

    痛風と鑑別を要する関節炎の疾患としては関節リウマチ、変形関節症、偽痛風がある。 範囲 患者のうち90%以上、文献によっては98%以上が男性であると記載する。これほど男女差が大きい疾患は少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬

    関節炎を発症するのは乾癬の患者の 1-10%程度とされ、尋常性乾癬の諸症状に加え、全身の関節に炎症、強ばり、変形などが起こり、痛む。関節症状はまさしく関節リウマチのそれと酷似しており、進行すると大変な痛みを生じる。関節症状と皮疹症状は連動しない。代表的な部位は膝関節、指関節、手首、足首など。[ja.wikipedia.org] 皮膚症状のほかに、しばしば関節炎や、まれに目の症状や粘膜病変を起こします。関節炎や全身炎症反応が長期にわたると、関節や背骨の変形や、まれにアミロイドが腎臓、消化管や心臓に沈着するために内臓の症状を起こすことがあります。 9.この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 急性期は入院加療が原則です。[nanbyou.or.jp]

  • 靱帯断裂
  • 関節リウマチ

    鑑別診断が必要な疾患として、変形関節症がある。初見の違いとしては関節リウマチではPIP関節が高頻度で侵され、DIP関節が侵されることは稀であるが、変形関節症はDIP関節が高頻度で侵される。また関節リウマチは全身炎症のためCRP( )となるが、変形関節症は局所の炎症のためCRPは上昇しない。[ja.wikipedia.org] 指の骨が強直すると、最終的にスワンネック変形(「白鳥の首」状の変形)、あるいはボタン穴変形といわれる典型的な関節リウマチ患者の手の形を呈する。尺側偏位もリウマチ患者によく見られる指が全て外側(尺骨側)を向く変形であるが、これは関節の脱臼が原因である。[ja.wikipedia.org] 関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性関節炎

    多発性関節炎(英: polyarthritis)とは2 4つの炎症が少関節炎(en:oligoarthritis)を含む5つ以上の関節での関節炎のいくつかの型。 多発性関節炎はどの年齢でも発生し、性差はない。 多発性関節炎はほとんどは関節リウマチ、乾癬性関節炎、紅斑性狼瘡(en:Lupus erythematosus)などの自己免疫疾患を原因とするが、ロスリバーウイルス(en:Ross River virus)などの感染症を原因とするものもある。 硬いマットレスと平らな枕による睡眠が多発性関節炎に対して推奨される。 多発性関節炎と下肢の両側性浮腫は関連する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状