Create issue ticket

考えれる1,502県の原因 間質性肺炎

  • 伝染性単核球症

    合併症 EBVには,バーキットリンパ腫,易感染性患者でみられる特定のB細胞腫瘍,および上咽頭癌との間で統計学的な関連が認められ,これらの原因となっている可能が高い。EBVは慢性疲労症候群を引き起こさない。しかしながら,ときに発熱,肺炎,汎血球減少,およびぶどう膜炎からなる症候群(慢性活動性EBV感染症)を引き起こすことがある。[msdmanuals.com] 合併症 多臓器不全、脾機能亢進症、血球貪食症候群、悪性リンパ腫、白血病、DIC、消化管潰瘍/穿孔、肺炎、心筋炎、種痘様水疱症、蚊刺過敏症。 診断 診断基準はこちら。 治療法 エトポシド、サイクロスポリンA、デキサメサゾンを用いた免疫化学療法は一定の効果があるが、感染腫瘍細胞の減少と炎症症状の軽快、すなわち寛解に至らしめるのは難しい。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 肺炎

    以前原虫とされていたニューモシスチス肺炎は現在は真菌に分類される。 機械的肺炎 誤嚥肺炎 (嚥下肺炎; aspiration pneumonia) 閉塞肺炎 吸入肺炎 薬剤肺炎 インターフェロン - 肺炎をきたすことがある。[ja.wikipedia.org] 所見は様々であるが,典型的には細気管支中心周囲(peribronchiolocentric)のリンパ球肺胞炎,境界不明瞭な非乾酪壊死肉芽腫,および器質化肺炎などがある。慢性型ではの線維化がみられることもある。 その他の検査 診断に追加の情報が必要な場合,または間質性肺疾患の他の原因を検出するために,追加検査が適応となる。[msdmanuals.com] 感染性肺炎は細菌性肺炎、ウイルス肺炎、真菌肺炎に分けられる。一般に感冒・上気道炎後の続発肺炎は細菌肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺炎肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。病原体が原因ではない非感染性の肺炎にはアレルギー性の過敏性肺炎がある。[ja.wikipedia.org]

  • 線維性気管支炎

    肺炎のうち 特発肺炎 (後述)は 日本 の 特定疾患 で、その予後は 臨床 診断によって様々ではあるが、特に特発肺線維症(IPF)及び急性肺炎(AIP)については難治である。[ja.wikipedia.org] 炎症の程度を調べる検査としては、LDH、血沈、CRPなどがありますが、これらは肺炎に特異的なものではなく、風邪や通常の細菌性肺炎でも上昇します。後者の肺組織の破壊の程度を調べる検査としてはSP-A、SP-D、KL-6といったものがあり、これらの上昇は肺炎に特徴的で、肺炎の勢いや治療効果の判定に信頼性が高い検査です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 肺炎・肺線維症の治療法 特発肺炎・肺線維症以外の肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの肺炎であるかの診断が重要です。[saiseikai.or.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    もし、肺炎を起こしているようなら、原因薬剤を中止し、ステロイド剤などを投与して治療を行います。 (3)病原微生物による肺炎肺炎 リウマチの経過中に細菌やウイルス、真菌などによる肺炎肺炎も時に見られることがあります。[doh-racenter.jp] 8.肺炎、または肺線維症という病気は難しい病気!? 肺炎肺炎は原因も違いますが、炎症の起こる部位も違います。肺炎は、さまざまな原因から肺の中の肺胞壁に炎症や損傷がおこり、壁が厚く硬くなり(線維化)、呼吸がうまくできなくなる病気です。[kiseikai.or.jp] (※4) 肺炎 肺は肺胞というたくさんの小さな袋からなっています。肺胞は薄い膜でできていますが、何らかの原因でこの膜に炎症が起こり、膜が厚くなる病気です。 病気が進行すると息切れがひどくなり生活に支障を生じるようになります。[t-pec.co.jp]

  • 非吸収性肺炎

    注2) 原病の身体的所見及び検査所見を伴うものは膠原病肺として特発肺炎から除外する。 注3) 経気管支的肺生検ならびに気管支肺胞洗浄液検査は特発肺炎における診断的価値は低い。しかし 、 他疾患の除外診断に経気管支的肺生検ならびに気管支肺胞洗浄液検査はしばしば有用である。[www3.coara.or.jp] 肺炎 びまん肺疾患の中では、特に肺のが侵される肺炎が代表と言えるでしょう。肺のとは、肺胞腔内ではなく、肺の支持組織、つまり肺胞隔壁や血管やリンパ管や線維などを指しますが、ここが炎症で腫れたりむくんだりするのが肺炎で、肺の収縮力や酸素吸収力が弱くなってしまいます。[hosp.ncgm.go.jp] 特発肺線維症、肺炎、じん肺症、放射線肺炎、薬剤肺炎の合併は、本剤投与中に発現した急性肺障害、肺炎発症後の転帰において、死亡につながる重要な危険因子である。[kegg.jp]

  • 間質性肺疾患

    肺炎の原因はさまざまで、膠原(こうげん)病、じん肺、放射線、アレルギー性のものなどがありますが、原因不明のものを特発肺炎といいます。[himeji.hosp.go.jp] 肺炎(かんしつせいはいえん、interstitial pneumonia (IP))は肺の組織の線維化が起こる疾患の総称である。進行して炎症組織が線維化したものは肺線維症(はいせんいしょう)と呼ばれる。肺炎は様々な原因で起こりうるが、特定の原因が断定できないものを特発肺炎(後述)と呼ぶ。[ja.wikipedia.org] 肺疾患.南江堂,315-325, 2013. 難病情報センターHP.特発肺炎[jrs.or.jp]

  • 特発性肺線維症

    急性増悪は肺炎による死亡の大きな要因となっており、発症抑制ができる治療法が望まれています。 肺炎の最新の治療――抗線維化薬 肺炎の中で頻度の高い特発性肺線維症は、これまで有効な治療法が乏しく不治の病とされていました。[hosp.u-fukui.ac.jp] 肺炎(かんしつせいはいえん、interstitial pneumonia (IP))は肺の組織の線維化が起こる疾患の総称である。進行して炎症組織が線維化したものは肺線維症(はいせんいしょう)と呼ばれる。肺炎は様々な原因で起こりうるが、特定の原因が断定できないものを特発肺炎(後述)と呼ぶ。[ja.wikipedia.org] 肺炎は、肺胞隔壁の線維形成性炎症で、胸部画像上スリガラス影、粒状網状影を呈する。原因不明のことが多く、進行で、難治ゆえ、肺がんと並んで厄介な病気の一つである。 肺炎をおおまかに分類すると 1. 特発肺炎(IIP) 2. 膠原病肺炎 3. 薬剤肺炎 4. じん肺症(職業肺炎) である。[yamaguchi-hosp.jp]

  • 特発性器質化肺炎

    ・NSIP(非特異肺炎) ・AIP(急性肺炎) ・COP(特発器質化肺炎) ・DIP(剥離肺炎) ・RB-ILD(呼吸細気管支炎関連肺炎) ・リンパ球肺炎(LIP) 肺炎外来 ︎ 東邦大学医療センター 大森病院 呼吸器内科 肺炎外来 金曜日 午前:本間栄 午後:杉野圭史 肺炎の検査入院[shiseikaidai2.crayonsite.net] 肺炎のうち 特発肺炎 (後述)は 日本 の 特定疾患 で、その予後は 臨床 診断によって様々ではあるが、特に特発肺線維症(IPF)及び急性肺炎(AIP)については難治である。[ja.wikipedia.org] 肺炎 概念 特発肺炎(idiopathic interstitial pneumonias ; IIPs)は原因を特定しえない種々の肺炎の総称で あり、その50%以上を占め最も予後不良な特発肺線維症(IPF)を初めとする7種の疾患が含まれている。[shiseikaidai2.crayonsite.net]

  • 新生児間質性肺線維症

    肺炎のうち 特発肺炎 (後述)は 日本 の 特定疾患 で、その予後は 臨床 診断によって様々ではあるが、特に特発肺線維症(IPF)及び急性肺炎(AIP)については難治である。[ja.wikipedia.org] 肺炎・肺線維症の治療法 特発肺炎・肺線維症以外の肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの肺炎であるかの診断が重要です。[saiseikai.or.jp] 急性増悪は肺炎による死亡の大きな要因となっており、発症抑制ができる治療法が望まれています。 肺炎の最新の治療――抗線維化薬 肺炎の中で頻度の高い特発性肺線維症は、これまで有効な治療法が乏しく不治の病とされていました。[hosp.u-fukui.ac.jp]

  • 二次性肺間質性線維症

    Clinical Chart 特発肺炎(idiopathic interstitial pneumonias:IIPs)は, 肺炎 の中で膠原病に合併する 肺炎 ,慢性過敏肺臓炎,薬剤 肺炎 ,じん肺といった原因が明らかな二次 肺炎 を除外した原因不明なものを指す.したがって単一の疾患のようにくくられているが[primary-care.sysmex.co.jp] 肺炎のうち 特発肺炎 (後述)は 日本 の 特定疾患 で、その予後は 臨床 診断によって様々ではあるが、特に特発肺線維症(IPF)及び急性肺炎(AIP)については難治である。[ja.wikipedia.org] また、肺炎診療においては、常に治療抵抗であるIPFを意識しながら鑑別していくことが大切ですが、疾患多様を有する肺炎の診断は困難な場合が多く、高度の専門が求められます。[omori.med.toho-u.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状