Create issue ticket

考えれる53県の原因 間欠性関節水腫

  • 偽痛風

    偽痛風 (ぎつうふう、Pseudogout)とは ピロリン酸カルシウム (CPPD)の沈着を原因とした 関節炎 を来す疾患である。CPPD沈着症、軟骨石灰化症とも呼ばれる。 痛風 と同じような症状を来たしながら 高尿酸血症 が見られないことから名付けられた。 病態 [ 編集 ] 偽痛風における関節炎は、痛風における 尿酸 への反応と同様のものがCPPDに対して発生したものである。すなわち、 関節包 内に析出したCPPDの 結晶 に対する 炎症 反応によって発生する。 原因 [ 編集 ] CPPDの結晶が沈着する原因としては、 遺伝 によるもののほか、 副甲状腺機能亢進症[…][ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • ライム病

    ライム病(Lyme disease、ライムボレリア症〈Lyme borreliosis〉)は、ノネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニ科マダニ属 Ixodes ricinus 群のマダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリア Borrelia の感染によって引き起こされる人獣共通感染症の1つ。感染症法における四類感染症である。野生動物では感染しても発症しないが、人、犬、馬、牛では臨床症状を示す。名前の由来は、アメリカコネチカット州のライム及びオールドライムで1975年に最初に確認(記載は1977年)されたことにちなむ。[…][ja.wikipedia.org]

  • ライター症候群

    反応性関節炎、または感染性関節炎とも呼ばれるライター症候群は、身体の他の部分の感染症からひき起こる関節の炎症、腫れ、痛みを示します。身体の他の部分にも痛みや病斑を伴う場合があります。こういった病状、またその他の反応性関節炎はまれです。 当院の取り組み 当鍼灸院のライター症候群の治療目的は、ライター症候群患者にできるかぎりの回復の機会を提供することとライター症候群の完全な回復までの時間を短縮することです。 ライター症候群[…][funinnfuikusyou.com]

  • 間欠性関節水腫

    症状や経過などで診断されますが、痛風(つうふう)、偽痛風(ぎつうふう)、間欠関節水腫(かんけつせいかんせつすいしゅ)、関節リウマチなどとの識別が必要です。 [治療] 発作を抑えることはできませんが、非ステロイド抗炎症薬、抗リウマチ薬が使われます。 [日常生活の注意] 発作時は安静を保ち、ストレスや過労を避けます。[kotobank.jp] 診断 回帰性リウマチにおいては世界で標準的な診断基準は存在しませんが、特徴的な臨床症状や、関節レントゲン所見が正常であることに加えて、痛風や偽痛風、間欠関節水腫などの他疾患を除外することによって診断されます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 老人性関節症

    M122 絨毛結節滑膜炎(色素性) 回帰リウマチ M123 回帰リウマチ 間欠関節水腫 M124 間欠関節水腫 外傷性関節障害 M125 外傷性関節障害 一過性関節症 M128 その他の明示された関節障害, 他に分類されないもの 多発性関節炎 M130 多発性関節炎, 詳細不明 DIP関節炎 IP関節炎 MP関節炎 PIP関節炎[kegg.jp] 膝関節偽痛風 手関節偽痛風 足関節偽痛風 肘関節偽痛風 ピロリン酸カルシウム結晶沈着症 M112 その他の軟骨石灰化症 H01193 結晶性関節症 M119 結晶性関節障害, 詳細不明 リウマチ熱後慢性関節障害 M120 リウマチ熱後慢性関節障害 [ジャクー病] カシン・ベック病 M121 カシン・ベック病 色素性絨毛結節性滑膜炎 膝色素絨毛結節滑膜炎[kegg.jp]

  • 関節滲出液

     上腕 M1243 間欠関節水腫 前腕 M1244 間欠関節水腫 手 M1252 外傷性関節障害 上腕 M1253 外傷性関節障害 前腕 M1254 外傷性関節障害 手 M1282 その他の明示された関節障害,他に分類されないもの 上腕 M1283 その他の明示された関節障害,他に分類されないもの 前腕 M1284 その他の明示された関節障害[bone.jp] 【特定入院期間】日数設定と点数 入院期間関連の設定日 第Ⅰ日:4 第Ⅱ日:8 第Ⅲ日:30 入院期間Ⅰ: 1日目 4日目 点数: 2362点/日 入院期間Ⅱ: 5日目 8日目 点数: 1777点/日 入院期間Ⅲ: 9日目 30日目 点数: 1511点/日 出来高算定: 31日目 【傷病名】ICD-10コードとICD分類名称 M1242 間欠関節水腫[bone.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    薬剤性 フィブラート、ビンクリスチン、利尿剤、β遮断薬、ACE阻害薬、カルシウム 拮抗薬、男性ホルモン剤、女性ホルモン剤、β刺激薬、ペニシラミン、インスリ ンなど 関節炎の鑑別 1.急性単関節炎 ①・化膿関節炎 ②・痛風 ③・偽痛風 ④・外傷 ⑤・出血 ⑥・回帰リウマチ ⑦・間欠関節水腫 ⑧・骨髄炎 2.急性多関節炎 ①・リウマチ熱[ibaraisikai.or.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    (色素) M12.3_回帰リウマチ M12.4_間欠関節水腫 M12.5_外傷性関節障害 M12.8_その他の明示された関節障害,他に分類されないもの M13_その他の関節炎 M13.0_多発性関節炎,詳細不明 M13.1_単(発性)関節炎,他に分類されないもの M13.8_その他の明示された関節炎 M13.9_関節炎,詳細不明 関節症[e-stat.go.jp] 沈着症 M11.1_家族性軟骨石灰化症 M11.2_その他の軟骨石灰化症 M11.8_その他の明示された結晶性関節障害 M11.9_結晶性関節障害,詳細不明 M12_その他の明示された関節障害 M12.0_リウマチ熱後慢性関節障害[ジャクー〈Jaccoud〉病] M12.1_カシン・ベック〈Kaschin‐Beck〉病 M12.2_絨毛結節滑膜炎[e-stat.go.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    [ジャクー〈Jaccoud〉病] M121 カシン・ベック〈Kaschin-Beck〉病 M122 絨毛結節滑膜炎(色素性) M123 回帰リウマチ M124 間欠関節水腫 M125 外傷性関節障害 M128 その他の明示された関節障害,他に分類されないもの M130 多発性関節炎,詳細不明 M131 単(発性)関節炎,他に分類されないもの[e-stat.go.jp] 鉛誘発性痛風 M102 薬物誘発性痛風 M103 腎機能障害による痛風 M104 その他の続発性痛風 M109 痛風,詳細不明 M110 ハイドロオキシアパタイト沈着症 M111 家族性軟骨石灰化症 M112 その他の軟骨石灰化症 M118 その他の明示された結晶性関節障害 M119 結晶性関節障害,詳細不明 M120 リウマチ熱後慢性関節障害[e-stat.go.jp]

さらなる症状