Create issue ticket

考えれる16県の原因 間欠性跛行(30%)

つまり: 間欠性跛行(30, )

  • 動脈硬化症

    間欠跛行の患者さんに有効です。病院で行う監視下運動療法と自宅で行う在宅運動療法があります。1回30分程度、できれば1日2回を目標に最低でも週に3回程度するのが好ましいです。 ② 薬物療法 抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)や末梢血管拡張薬などで、症状の改善を期待できる場合があります。[tsukazaki-hp.jp]

  • 下肢の動脈硬化症

    間欠跛行の患者さんに有効です。病院で行う監視下運動療法と自宅で行う在宅運動療法があります。1回30分程度、できれば1日2回を目標に最低でも週に3回程度するのが好ましいです。 ② 薬物療法 抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)や末梢血管拡張薬などで、症状の改善を期待できる場合があります。[tsukazaki-hp.jp]

  • 腰椎神経根障害

    平成元年、30歳頃、福島医大でも硬膜外カテーテル電極から、いろいろなシチュエーションで馬尾活動電位を測定し、馬尾間欠跛行の機能的評価を行ったのは懐かしい思い出である。 その後、松田英雄先生のもとで腰部脊柱管狭窄症例の術中除圧前、多椎間からの電位導出波形から馬尾伝導速度を分析、脊椎脊髄ジャーナルと臨床脳波という雑誌に投稿した。 5.[yu-ai.net]

  • 動脈塞栓症

    間欠跛行の患者さんに有効です。病院で行う監視下運動療法と自宅で行う在宅運動療法があります。1回30分程度、できれば1日2回を目標に最低でも週に3回程度するのが好ましいです。 ② 薬物療法 抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)や末梢血管拡張薬などで、症状の改善を期待できる場合があります。[tsukazaki-hp.jp]

  • 末梢血管疾患

    但し、典型的な間欠跛行を訴える方はたった30%程度しかいません。 残りの70%の人が非典型的な症状であったり、症状がないので気づかないで症状が進行するのです! 図2.[kinshukai.or.jp] 鑑別診断 おもに鑑別すべきものとして,閉塞性血栓血管炎(thromboangiitis obliterans,Buerger病)や腰部脊柱管狭窄症に伴う馬尾神経障害があげられる.前者は,おもに膝窩動脈や前腕動脈以遠に好発する原因不明の血栓形成血管炎で30〜50歳代の男性に多い.脊柱管狭窄症は高齢者に多く,間欠跛行をみるが前屈により軽快することが[kotobank.jp]

  • 大腿動脈閉塞症

    鑑別診断 おもに鑑別すべきものとして,閉塞性血栓血管炎(thromboangiitis obliterans,Buerger病)や腰部脊柱管狭窄症に伴う馬尾神経障害があげられる.前者は,おもに膝窩動脈や前腕動脈以遠に好発する原因不明の血栓形成血管炎で30〜50歳代の男性に多い.脊柱管狭窄症は高齢者に多く,間欠跛行をみるが前屈により軽快することが[kotobank.jp] 間欠跛行の患者さんに有効です。病院で行う監視下運動療法と自宅で行う在宅運動療法があります。1回30分程度、できれば1日2回を目標に最低でも週に3回程度するのが好ましいです。 ② 薬物療法 抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)や末梢血管拡張薬などで、症状の改善を期待できる場合があります。[tsukazaki-hp.jp]

  • 腸梗塞

    総腸骨動脈病変による間欠跛行、下肢冷感。 併存症による症状 リウマチ多発筋痛症(polymyalgia rheumatica:PMR)を約30%に合併する。肢帯筋・四肢近位筋の自発痛・圧痛を自覚する。 各症状の頻度 各症状の頻度については、1998年の旧厚生省疫学研究班および難治性血管炎分科会の調査結果で報告されている。[vas-mhlw.org]

  • 視神経梗塞

    総腸骨動脈病変による間欠跛行、下肢冷感。 併存症による症状 リウマチ多発筋痛症(polymyalgia rheumatica:PMR)を約30%に合併する。肢帯筋・四肢近位筋の自発痛・圧痛を自覚する。 各症状の頻度 各症状の頻度については、1998年の旧厚生省疫学研究班および難治性血管炎分科会の調査結果で報告されている。[vas-mhlw.org]

  • 脳動脈硬化症

    間欠跛行の患者さんに有効です。病院で行う監視下運動療法と自宅で行う在宅運動療法があります。1回30分程度、できれば1日2回を目標に最低でも週に3回程度するのが好ましいです。 ② 薬物療法 抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)や末梢血管拡張薬などで、症状の改善を期待できる場合があります。[tsukazaki-hp.jp]

  • 大動脈硬化症

    間欠跛行の患者さんに有効です。病院で行う監視下運動療法と自宅で行う在宅運動療法があります。1回30分程度、できれば1日2回を目標に最低でも週に3回程度するのが好ましいです。 ② 薬物療法 抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)や末梢血管拡張薬などで、症状の改善を期待できる場合があります。[tsukazaki-hp.jp]

さらなる症状