Create issue ticket

考えれる382県の原因 間欠性跛行

  • 変形性関節症

    トップ No.4782 質疑応答 プロからプロへ 手指PIP関節の変形性関節症(ブシャール結節)に対する治療 【Q】 手指近位指節間関節(proximal interphalangeal[…][jmedj.co.jp]

  • 神経根障害

    間欠跛行に関しては閉塞動脈硬化症による血管間欠跛行との区別が必要となる。腰椎症では前かがみで下肢痛は軽減することが多い。すなわち腰椎症ならば自転車ならば長時間走れて、シルバーカーを使って歩くと楽になる。血管性では関係しない。[ja.wikipedia.org] 2 腰部脊柱管狭窄症 間欠跛行 (しばらく歩いていると下肢がしびれて歩けなくなり、休むとまた歩行できるようになる)が特徴的で、進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてり、排尿障害が出現します。[saiseikai.or.jp] 腰部脊柱管狭窄症の神経間欠跛行などに効果が期待できます。 変形腰椎症 椎体、椎間板、椎間関節の加齢変化より腰下肢痛をきたす疾患で、主にX線画像所見を基に診断されます。椎間板の変性によって椎間腔の狭小化、椎体縁の骨硬化や骨棘形成が生じ、椎間関節への負荷の増大から関節症性変化をきたし、変形すべり症となります。[jspc.gr.jp]

  • 動脈硬化症

    中期:間欠跛行(かんけつせいはこう) ある程度の距離を歩くと筋肉(腰、おしり、太もも、ふくらはぎ)のだるさや痛みが強くなって歩けなくなります。 ※間欠跛行には下肢閉塞動脈硬化症に代表される血管間欠跛行と、整形外科的な疾患(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア)で起こる神経間欠跛行がありますので、鑑別が必要です。[omichikai.or.jp] 1はしびれ・冷汗、2は間欠跛行(かんけつせいはこう)です。間欠跛行とは、歩行により下肢筋肉に虚血(血流不足)痛が生じ、これにより歩行不能に至り休息により疼痛が回復する症状です。運動時は安静時と比較して血流量は7倍になり、血管が50%以上狭窄すると血流量が低下すると報告されています。 3は安静時の下肢の痛みです。[kansaih.johas.go.jp] 循環器内科 閉塞性動脈硬化症 閉塞性動脈硬化症とは 高血圧や糖尿病、高脂血症、喫煙などによる動脈硬化が基盤となり、主に骨盤内から下肢にかけての動脈が狭窄ないしは閉塞し、血流不全を生じた疾患で、しびれや冷感、歩行時に疼痛が出現し安静で症状が消失する(間欠跛行)などの症状が認められます。[kobe-ekisaikai.or.jp]

  • 下肢の動脈硬化症

    ここで治療しないと、間欠跛行(かんけつせいはこう)といって「少し歩くと足に痛みや疲労を感じて数分間休む。痛みが止まり、また少し歩くとまた足が痛んで休む」という特徴的な症状に進みます。間欠跛行が始まって治療を始める人が多いのですが、さらに放っておくと、寝ている時や安静にしている時でも足の痛みが強くなります。[j-athero.org] 1はしびれ・冷汗、2は間欠跛行(かんけつせいはこう)です。間欠跛行とは、歩行により下肢筋肉に虚血(血流不足)痛が生じ、これにより歩行不能に至り休息により疼痛が回復する症状です。運動時は安静時と比較して血流量は7倍になり、血管が50%以上狭窄すると血流量が低下すると報告されています。 3は安静時の下肢の痛みです。[kansaih.johas.go.jp] 間欠跛行 (II度): 下肢血行障害の特徴的症状のひとつです。ある一定の距離を歩くことにより、特定の筋肉に痛みやこわばりが生じ、歩けなくなりますが、しばらく休むと再び歩けるようになります。この様な症状を間欠跛行といいます。安静にしている時は血流が比較的保たれていますが、歩行時の足への血液供給が減少するために生じる症状です。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 足奇形

    両足義足で活動するアーティスト・片山真理さん。両足とも脛骨欠損という主幹を成す太い骨がない病気を持って生まれ、9歳のときに両足を切断しました。以来、その自分だけの身体を介した世界との関わりを、作品にし続けています。[…][fashionsnap.com]

  • 腰部脊柱管狭窄症

    間欠跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。 症状により、馬尾型(ばびがた)、神経根型(しんけいこんがた)、混合型の3型に分類される。[ja.wikipedia.org] 鑑別診断 間欠跛行の鑑別診断では,下肢の慢性動脈閉塞症による血管間欠跛行が重要である.血管性では腰椎の姿勢を問わず下肢の運動負荷で症状が発現し,立位での休息でも症状が軽快する.負荷時の症状は腓腹筋の痙攣性疼痛のことが多い.また血管性では安静時に足背動脈,後脛骨動脈などの拍動が触知できないことが多い.[kotobank.jp] ・足底の異常感覚 混合型 神経根型・馬尾型の症状 ※2 間欠跛行とは?[sassa-hospital.com]

  • 脊柱管狭窄症

    間欠跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。 症状により、馬尾型(ばびがた)、神経根型(しんけいこんがた)、混合型の3型に分類される。[ja.wikipedia.org] ・足底の異常感覚 混合型 神経根型・馬尾型の症状 ※2 間欠跛行とは?[sassa-hospital.com] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 頸部脊柱管狭

    下肢のしびれや間欠跛行が代表的な症状 代表的な症状としては、下肢のしびれ、下肢痛、間欠跛行が挙げられます。[tokushukai.or.jp] 症状 [ 編集 ] 間欠跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠跛行は 閉塞性動脈硬化症 でもみられるため、鑑別が必要。[ja.wikipedia.org] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 脊椎すべり症

    また、脊椎すべり症によって脊柱管の狭窄が起こるため、神経が圧迫され 間欠跛行 という症状が起こることもあります。これは、少し歩くと痛みで歩き続けることができなくなり、座って休むと痛みが和らぎまた歩けるようになるという症状です。進行すると日常生活に支障をきたすため、手術などの治療法を検討したほうがいいでしょう。[saiseikai.or.jp] 症状は 腰痛 ,下肢痛のほか,しばしば 間欠跛行 があり,労働によって悪化する。軽症は安静と 軟性コルセット の装着で治療できるが,症状が強い場合や 重労働 をする人には手術が必要となる。[kotobank.jp] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 腰部脊椎症

    抄録 腰部脊椎症(腰椎症)の病態,症状,手術法の基本についてまとめた.腰部脊椎症は腰椎椎間板の変性に起因する変性疾患であるが,主病変は椎間関節と黄色靭帯の肥厚による中心管と神経根管の狭窄である.中心管狭窄により馬尾圧迫症状である間欠跛行が,神経根管狭窄により神経根症状が引き起こされる.画像診断法としてX線,CT脊髄造影,MRIを使用するが[jstage.jst.go.jp] 下肢のしびれや間欠跛行が代表的な症状 代表的な症状としては、下肢のしびれ、下肢痛、間欠跛行が挙げられます。[tokushukai.or.jp] ・足底の異常感覚 混合型 神経根型・馬尾型の症状 ※2 間欠跛行とは?[sassa-hospital.com]

さらなる症状

類似した症状