Create issue ticket

考えれる231県の原因 間欠性跛行

  • 変形性関節症

    はじめに 変形性関節症は、関節を破壊し機能障害をきたします。関節リウマチとは、その病態が異なります。本編では変形性関節症を、構造的また症候的視点から解説し、病理所見、発生頻度、社会経済に及ぼす影響、リスクファクターなどにも言及いたします。また関節軟骨障害を予防する薬などについても解説します。 社会経済的影響 変形性関節症は、重要な社会経済的問題なっております。[…][k-24.jp]

  • 神経根障害

    2 腰部脊柱管狭窄症 間欠跛行 (しばらく歩いていると下肢がしびれて歩けなくなり、休むとまた歩行できるようになる)が特徴的で、進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてり、排尿障害が出現します。[saiseikai.or.jp] 腰部脊柱管狭窄症の神経間欠跛行などに効果が期待できます。 変形腰椎症 椎体、椎間板、椎間関節の加齢変化より腰下肢痛をきたす疾患で、主にX線画像所見を基に診断されます。椎間板の変性によって椎間腔の狭小化、椎体縁の骨硬化や骨棘形成が生じ、椎間関節への負荷の増大から関節症性変化をきたし、変形すべり症となります。[jspc.gr.jp] 安静時には全く症状が無く、歩くと痛みやしびれがでて長く歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす歩行障害を間欠跛行といいます。この間欠跛行は、 腰部脊柱管狭窄 による神経障害や閉塞動脈硬化症による血行障害の特徴的症状です。歩くと下肢が痛い・しびれるといった症状があるときには専門医の受診をお勧めします。[jssr.gr.jp]

  • 脊椎すべり症

    また、脊椎すべり症によって脊柱管の狭窄が起こるため、神経が圧迫され 間欠跛行 という症状が起こることもあります。これは、少し歩くと痛みで歩き続けることができなくなり、座って休むと痛みが和らぎまた歩けるようになるという症状です。進行すると日常生活に支障をきたすため、手術などの治療法を検討したほうがいいでしょう。[saiseikai.or.jp] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp] 背骨の神経の圧迫が強い場合は、間欠跛行(かんけつせいはこう)といって、長距離を歩くと、おしりとふともも、ふくらはぎなどに痛みや痺れが出てきて歩きにくくなる症状が出る場合もあります。しびれが強くなったり、足に力が入りにくくなった場合は早めに専門医を受診することをお勧めします。[iwai.com]

  • 動脈硬化症

    間欠跛行(かんけつせいはこう) 「跛行」とは、足を引きずるという意味です。間欠跛行とは、目的地まで歩いている途中で、足の筋肉のだるさや痛み・こむら返りを自覚しますが、休憩すると10分以内に症状がよくなる症状のことです。少し休むと回復するので病気だと思わない方が多く存在しています。[kusatsu-heartcenter.co.jp] また、下肢(足)の動脈にアテローム動脈硬化症をおこすと、歩いたら足が痛くなるという間欠跛行や足の組織が腐ってしまう状態になります。 心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患とアテローム性動脈硬化症の関係 心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患ともにアテローム性動脈硬化症を中心として起きる病気です。[e-oishasan.net] フォンテインⅡ度 少し歩いただけで足が痛くなって歩けなくなるものの、少し休むと再び歩けるようになる「間欠跛行(かんけつせいはこう)」が代表的な症状です。この症状は閉塞性動脈硬化症だけでなく、整形外科の病気などでも起こるため、ほかの病気と間違えてしまうこともあります。[fureai-g.or.jp]

  • 足奇形

    […] pixivへようこそ この作品 「【奇形注意】プリズンクイーン」 は 「異形」「オリジナル」 等のタグがつけられた作品です。 歌って踊れる奇形少女3人組。曲によって衣装やPVの雰囲気が変わる。みたいな妄想。... 歌って踊れる奇形少女3人組。曲によって衣装やPVの雰囲気が変わる。みたいな妄想。最初のイメージが看守コスだったのでこうなりました。(ペロッ) 無口なバイオレット(桃)、賑やかなスプラッテ(黄)、そこそこ大人なグロリア(青)。 ・バイオレットは生まれつき両手両足が無く、後に特注の義手義足をつけた... 続きを見る 歌って踊れる奇形少女3人組。 曲によって衣装やPVの雰囲気が変わる。[…][pixiv.net]

  • 腰部脊柱管狭窄症

    間欠跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。 症状により、馬尾型(ばびがた)、神経根型(しんけいこんがた)、混合型の3型に分類される。[ja.wikipedia.org] ・足底の異常感覚 混合型 神経根型・馬尾型の症状 ※2 間欠跛行とは?[sassa-hospital.com] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 脊柱管狭窄症

    間欠跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。 症状により、馬尾型(ばびがた)、神経根型(しんけいこんがた)、混合型の3型に分類される。[ja.wikipedia.org] ・足底の異常感覚 混合型 神経根型・馬尾型の症状 ※2 間欠跛行とは?[sassa-hospital.com] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 頸部脊柱管狭

    下肢のしびれや間欠跛行が代表的な症状 代表的な症状としては、下肢のしびれ、下肢痛、間欠跛行が挙げられます。[tokushukai.or.jp] 症状 [ 編集 ] 間欠跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠跛行は 閉塞性動脈硬化症 でもみられるため、鑑別が必要。[ja.wikipedia.org] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 下肢の動脈硬化症

    ここで治療しないと、間欠跛行(かんけつせいはこう)といって「少し歩くと足に痛みや疲労を感じて数分間休む。痛みが止まり、また少し歩くとまた足が痛んで休む」という特徴的な症状に進みます。間欠跛行が始まって治療を始める人が多いのですが、さらに放っておくと、寝ている時や安静にしている時でも足の痛みが強くなります。[j-athero.org] 間欠跛行 (II度): 下肢血行障害の特徴的症状のひとつです。ある一定の距離を歩くことにより、特定の筋肉に痛みやこわばりが生じ、歩けなくなりますが、しばらく休むと再び歩けるようになります。この様な症状を間欠跛行といいます。安静にしている時は血流が比較的保たれていますが、歩行時の足への血液供給が減少するために生じる症状です。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp] Fontaine分類 I度 無症状または冷感、しびれ感 II度 間欠跛行 III度 安静時痛 IV度 潰瘍・壊死 症状による分類とその後の経過 Fontaine分類のI、II度が間欠跛行肢(かんけつせいはこうし)、III、Ⅳ度が重症虚血肢です。[hospital.iuhw.ac.jp]

  • 腰部脊椎症

    下肢のしびれや間欠跛行が代表的な症状 代表的な症状としては、下肢のしびれ、下肢痛、間欠跛行が挙げられます。[tokushukai.or.jp] ・足底の異常感覚 混合型 神経根型・馬尾型の症状 ※2 間欠跛行とは?[sassa-hospital.com] 図1 腰部脊柱管狭窄症の症状 間欠跛行 間欠跛行とは、しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し腰を曲げて座って休んでいると症状が緩和し、また歩けるようになりますが、同様の症状を繰り返す症状です。自転車など腰を曲げている状態では症状が増悪しにくいことも特徴です。[hospital.luke.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状