Create issue ticket

考えれる159県の原因 間擦疹

  • 皮膚カンジダ症

    皮膚カンジダ症 も様々な種類に分けられますが小児に多いのはカンジダ性のためここではこれについて解説します。 発汗による多湿や不潔が誘因となって、皮膚と皮膚が擦れ合う部位(部;陰股部、臀部、頚部、腋窩、乳房下部など)に境界明瞭な紅斑を形成します。辺縁には鱗屑や小膿疱を伴います。[jimbocho-hifu.com] 症、、乳児寄生菌性紅斑、爪囲炎、外陰カンジダ症、皮膚カンジダ症 癜風 アムリード (摩耶堂製薬) アムリードクリーム1% (後発品) 下記の皮膚真菌症の治療 白癬 体部白癬(斑状小水疱性白癬、頑癬)、股部白癬(頑癬)、足部白癬(汗疱状白癬) カンジダ症 指びらん症、、乳児寄生菌性紅斑、爪囲炎、外陰カンジダ症、皮膚カンジダ症 癜風[kegg.jp] ・カンジダ性 (かんさつしん)とは、皮膚がこすれ合う部分にできる発疹のことで、脇の下や、赤ちゃんのオムツの位置によく見られます。オムツ位置にできた場合、カンジダとは関係なく起こるオムツ皮膚炎(オムツかぶれ)と間違えやすいのですが、対処法・治療法が異なります。[news.goo.ne.jp]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 病的肥満

    腸内細菌叢の研究も合わせると、肥満や糖代謝などについての新しいウェーブの研究が世界で進んでいるように感じる。「メタボ」についての私の師匠・元大阪大学医学部病院長の松澤先生から、良い肥満と悪い肥満があると教えられて来た(ちなみに松澤先生は間違いなく良い肥満らしい)。最初は松澤先生の自己正当化だろうなどと笑って聞いていたが、現役を退いてからこの分野の論文を読んでいると、ほとんどの研究がこの問題に集中しているのがわかる。しかしいい肥満と悪い肥満がなぜ分かれるのか?脂肪細胞は常に悪か?などまだ本当の理解が出来ていない点は多い。事実脂肪細胞は悪ではないことを示す論文を6月21日このホームページで紹[…][aasj.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間擦疹

    こうした因子が存在する場合も、カンジダ性を発症しやすくなります。 そのほか、肥満時には皮膚と皮膚のこすれあう面積が増加します。お腹周りやお尻などの皮膚がこすれあいやすくなり、汗の影響も受けつつカンジダ性を誘発しやすくなります。 症状 カンジダ性では、皮膚と皮膚がこすれあう部位が赤くただれてしまいます。[medicalnote.jp] 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 かんさつしん 性湿疹ともいい、おもに乳幼児や肥満者にみられ、糖尿病患者にも生ずる。[kotobank.jp] 由於有不少是有繼發感染的,所以做個皮膚真菌檢查有時也是需要的。不過,皮膚作為全身的一部分,看到尤其是尿布,不單要考慮皮膚科的問題,還要考慮有沒有全身的疾病,比如糖尿病、失智症(舊稱老人癡呆)、被虐等等,不要放過比皮膚病更大的問題。 的預防最重要是要消除引起的原因。[education.cloudmacau.com]

  • 発汗増加
  • 癤腫症

    144 ないはんにゅうとうしゅ 内反乳頭腫 inverted papilloma 1-12-145 ひないかくかじょうひしゅ 皮内角化上皮腫 intracutaneous cornifying epithelioma 漏斗部角化棘細胞腫/infundibular keratinizing acanthoma 1-12-017 かんさつしん [ttjsvs.org] 章結節性硬化症(TSC) 毛髪疾患 第85章 円形脱毛症 第86章 成長期脱毛症候群 第87章 休止期毛脱毛症 第88章 牽引性脱毛症 第89章 トリコチロマニア(抜毛癖) 新生児/ 乳児の皮膚疾患 第90章 先天性皮膚欠損症 第91章 おむつ皮膚炎 第92章 好酸球性膿疱性毛包炎 第93章 中毒性紅斑 第94章 小児肢端膿疱症 第95章 [molcom.jp]

  • 膣カンジダ症

    ・カンジダ性 (かんさつしん)とは、皮膚がこすれ合う部分にできる発疹のことで、脇の下や、赤ちゃんのオムツの位置によく見られます。オムツ位置にできた場合、カンジダとは関係なく起こるオムツ皮膚炎(オムツかぶれ)と間違えやすいのですが、対処法・治療法が異なります。[news.goo.ne.jp] 赤ちゃんがカンジダに感染すると、口の中に白い膜状のもの(偽膜)ができる「鵞口瘡(がこうそう)」になったり、脇の下やオムツの位置などに発疹のできる「カンジダ性(かんさつしん)」などを発症することがあります。まれですが、早産や低出生体重児ではカンジダが全身に波及する深在性カンジダ症を発症することがあります。[woman.mynavi.jp]

  • フザリウム感染症

    MDアンダーソン OncoLog 2013年5月号(Volume 58 / Number 5) Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。 最新号URL 血液悪性腫瘍患者における侵襲性真菌感染症の診断と治療 侵襲性真菌感染症は血液悪性腫瘍患者の重要な合併症であり、死亡の原因として重要なものである。日和見真菌感染症の管理は格段の進歩をとげているが、その診断と治療は今日もなお問題点を残している。[…][cancerit.jp]

  • 外陰炎

    通常の皮膚・粘膜にみられるかぶれ,,毛囊炎,癤(せつ)などの炎症性疾患と,性器に特有な炎症とがある。後者には,性行為と関連する感染症(これを 性行為感染症 という)すなわち性病,性器ヘルペス症,トリコモナス症や真菌(カンジダ)症, バルトリン腺炎 などがある。年齢によって好発疾患が異なる。[kotobank.jp]

さらなる症状