Create issue ticket

考えれる79県の原因 開放音

  • 僧帽弁狭窄症

    症状は心不全と同じであり,徴候には開放や拡張期雑音などがある。診断は身体診察および心エコー検査による。予後は良好である。内科的治療には,利尿薬, β 遮断薬,心拍数低下作用のあるカルシウム拮抗薬,抗凝固薬などがある。より重症例に効果的な治療は,バルーン交連切開術,外科的交連切開術,または弁置換術である。[msdmanuals.com] また、聴診ではⅠの亢進が特徴的であり、心雑音としては拡張期のランブル(開放に続く低音)を心尖部を中心に聴取する。診断には、心臓超音波法が有用である。心房細動の合併例では心房内に血栓を形成することがあるが、これには経食道超音波法を用いることによって、より高い検出が可能である。観血的検査法として心臓カテーテル法がある。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 耳管開放症

    自声強聴は,開放 している耳管を通ってが咽頭から中耳に到達することにより生じる症状であり,この点は耳管開 放症の症状としてとても理解しやすいです。しかし,自声強聴も耳管開放症以外の疾患で出現する ことが少なくないので注意を要します。[takemura-jibika.jp] 2004年3月7日作成 2005年1月13日更新 (掲示板は随時) 耳とのどをつないでいる管を耳管といい、通常は閉じていますが、耳管が開いた状態のままになってしまう病気を耳管開放症といいます。 主な症状として、自分の声や呼吸が耳や頭に響いてしまう(自声強聴)、めまい・耳鳴り、耳の閉塞感、聴力低下などがあります。[jikankaiho.web.fc2.com] (1)3 主徴 (2)体位による症状の変化 (3)他覚的所見をとらえる 耳管開放症の3 主徴は,耳閉感,自声強聴,自己呼吸聴取と言われ,これらがあると耳管開放症を疑うことになります。しかし、症状だけでは診断することはできません。理由は以下のとおりです。[takemura-jibika.jp]

  • III音ギャロップ

    、僧帽弁開放_001 拡張中期雑音(拡張期ランブル・左室充満)、僧帽弁開放_001 拡張中期雑音(拡張期ランブル・左室充満)、僧帽弁開放(OS)、Ⅰ亢進/ 僧帽弁狭窄/ 狭窄により僧帽弁の開放が遅れ、拡張期(ⅡとⅠの間:僧帽弁開放時期)に僧帽弁開放(OS)を聴取/ それに引き続き拡張中期ランブル(左室充満)を聴取/ 左側臥位[3sportal.telemedica.co.jp] 収縮期駆出音 収縮早期に駆出された血液が大動脈や肺動脈を拡張させて生ずる高調なです。 大動脈駆出-AS,AR,上行大動脈瘤,高血圧 肺動脈駆出-PS,肺高血圧 房室弁開放 僧帽弁開放と三尖弁開放がありますが,前者が臨床的に重要で,MSで認めます。 ・OSCEでは まず患者さんへの配慮が問われます。[igaku-shoin.co.jp] 第II 2.IIIについて 3.IVについて 4.その他のギャロップリズム 5.半月弁駆出 6.房室弁開放 7.クリック音 B.心雑音について 1.心雑音をきく前に 2.収縮期雑音と拡張期雑音 3.ブランコ雑音 4.連続性雑音 5.心膜摩擦音 各論 各種心疾患の聴診所見 A.弁膜症 1.僧帽弁閉鎖不全 2.僧帽弁狭窄 3.大動脈弁閉鎖不全[chugaiigaku.jp]

  • 本態性高血圧症

    【解答群】 (1) 速 脈 (2) 奇 脈 (3) Ⅱ分裂 (4) 僧帽弁開放 (5) Austin Flint雑音 【解答選択】 a (1)、(2) b (1)、(5) c (2)、(3) d (3)、(4) e (4)、(5) 参照問題 B 56歳の男性。[e-resident.jp]

  • 骨折

    完全骨折 (折れた場合) と不全骨折 ( ひび の場合) , 単純骨折 または 閉鎖骨折 ( 皮膚 が破れていない場合) と 複雑骨折 または 開放骨折 (皮膚が破れ,骨折部が体外と連絡している場合) などに分ける。症状は, 局所 の 疼痛 ,変形, 腫脹 ,骨折端の触れ合うがすることなどで,ショックなどの全身症状を伴うことが多い。[kotobank.jp]

  • 無気肺

    2時間後に低換気で、気道内圧上昇アラーム( )、両肺特に右肺より粗い断続性ラ聴診、吸引も少量、開放吸引実施し中等量。体位は左側臥位にて30分ごと吸引療法実施。5時間後に鎮静剤off、開眼、うなずき( )、BP170台、自発呼吸あり呼吸回数増える。[ci.nii.ac.jp]

  • 動揺性高血圧

    【解答群】 (1) 速 脈 (2) 奇 脈 (3) Ⅱ分裂 (4) 僧帽弁開放 (5) Austin Flint雑音 【解答選択】 a (1)、(2) b (1)、(5) c (2)、(3) d (3)、(4) e (4)、(5) 参照問題 B 56歳の男性。[e-resident.jp]

  • 慢性喉頭炎

     等 【内耳】 メニエール病、急性低音障害型感難聴、突発性難聴、外リンパ瘻、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎 等 【顔面神経麻痺】 特発性顔面神経麻痺(Bell麻痺)、ハント症候群(耳性帯状疱疹) 鼻・副鼻腔 症状:鼻汁、後鼻漏(鼻水がのどにまわる)、鼻づまり、くしゃみ、においが分からない、頬が腫れている。[hoshipital.jp] 、耳痛、めまい、顔面麻痺 等 【外耳】 先天性耳瘻孔、耳介腫瘍、耳介軟骨膜炎、耳介血腫、外耳道腫瘍、外耳道炎、外耳道真菌症、外耳道湿疹、外耳道真珠腫、耳垢栓塞、外耳道異物、外耳道骨腫 等 【中耳】 急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性穿孔性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症、癒着性中耳炎、コレステリン肉芽腫、外傷性鼓膜穿孔、耳小骨離断、耳管狭窄・開放[hoshipital.jp]

  • 偏向発作

    症状は心不全と同じであり,徴候には開放や拡張期雑音などがある。診断は身体診察および心エコー検査による。予後は良好である。内科的治療には,利尿薬, β 遮断薬,心拍数低下作用のあるカルシウム拮抗薬,抗凝固薬などがある。より重症例に効果的な治療は,バルーン交連切開術,外科的交連切開術,または弁置換術である。[msdmanuals.com]

  • 慢性外耳炎

    耳管開放症 耳管が逆に閉じなくなり、開いたままであると、鼻から空気やが中耳にもれる状態です。耳閉感や自分の声が大きく聞こえたり(自声強調)、自分の呼吸音が聞こえたりします。鼻炎、ストレス、自律神経失調症、体重減少などで起こることがあります。 内耳炎 内耳に炎症または感染が起こる病気です。[kinoshita-ent.jp] 外耳道に詰まっているものがないのに、詰まった感じがするのは、中耳(鼓膜と頭蓋骨の間の空間)が原因のものは、耳管狭窄症、滲出性中耳炎、耳管開放症、など。 内耳(耳の頭蓋骨の中に埋もれている部分)では、 低音障害型感難聴 、メニエール病、 突発性難聴 など。[tsujimoto-jibika.com]

さらなる症状