Create issue ticket

考えれる176県の原因 閉鎖神経麻痺

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

  • 打撲傷

    靱帯ストレイン 靱帯損傷 靱帯捻挫 靱帯裂傷 ストレイン 後方脱臼 前方脱臼 T143 部位不明の脱臼, 捻挫及びストレイン 圧迫神経炎 外傷性一過性麻痺 外傷性脊髄出血 広汎性神経損傷 広範性軸索損傷 神経根ひきぬき損傷 神経切断 神経叢損傷 神経叢不全損傷 神経損傷 神経断裂 中枢神経系損傷 皮神経挫傷 末梢神経損傷 T144 部位不明[kegg.jp] 重複骨折 脱臼骨折 単純骨折 転位性骨折 特発性骨折 破裂骨折 剥離骨折 不全骨折 複雑骨折 閉鎖性骨折 裂離骨折 離開骨折 若木骨折 線状骨折 粉砕骨折 横骨折 縦骨折 種子骨開放骨折 開放性陥没骨折 らせん骨折 関節内骨折 不顕性骨折 T142 部位不明の骨折 亜脱臼 開放性脱臼 完全脱臼 脱臼 単純脱臼 特発性関節脱臼 捻挫 複雑脱臼 閉鎖性脱臼[kegg.jp]

  • 良性移動性舌炎

    診療科長より 対象疾患について 耳疾患:小児難聴,突発性難聴,急性低音障害型感音難聴,メニエール病,良性発作性頭位眩暈症,前庭神経炎,顔面神経麻痺,真珠腫を含む慢性中耳炎,耳硬化症,耳小骨形態異常,外耳道閉鎖など。 鼻疾患:アレルギー性鼻炎,好酸球性副鼻腔炎,慢性副鼻腔炎,鼻中隔彎曲症,嗅覚障害,鼻・副鼻腔腫瘍,副鼻腔嚢胞など。[okayama-u.ac.jp]

  • ニューロパチー

    骨および筋膜によって構成された閉鎖空間をコンパートメントという。コンパートメントの圧上昇によって阻血性神経麻痺、さらに横紋筋融解や壊死が進行する。その後クラッシュ症候群となる。この一連の症候群をコンパートメント症候群という。 母指対立運動や短母指外転筋(APB 母指を垂直にたてる)の筋力低下や母指球筋の萎縮の結果の猿手が有名である。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    コンパートメントの圧上昇によって阻血性神経麻痺、さらに横紋筋融解や壊死が進行する。その後クラッシュ症候群となる。この一連の症候群をコンパートメント症候群という。 正中神経麻痺 [ 編集 ] 母指対立運動や短母指外転筋(APB 母指を垂直にたてる)の筋力低下や母指球筋の萎縮の結果の猿手が有名である。[ja.wikipedia.org] 総腓骨頭 感覚障害、足関節背屈障害、垂れ足、鶏歩 手術や病気での長期臥床、泥酔、ギプスや下肢装具による圧迫 足根管症候群 Taral tunnel syndrome 後脛骨神経、足根管 足底の疼痛、しびれ感、灼熱感、筋力低下の訴えは少ない 足関節の外傷、ガングリオン、妊娠 コンパートメント症候群 [ 編集 ] 骨および筋膜によって構成された閉鎖空間[ja.wikipedia.org]

  • 外傷性脳損傷

    それとは対照的に、閉鎖性頭部損傷によって、部分的麻痺または完全麻痺、認知・行動・記憶の障害、遷延性植物状態、死亡など、広範囲な損傷や大規模な神経障害を招くことがあります。 損傷した脳組織は、短時間で回復することもあります。しかし、脳組織が死んだり破壊されたときに新たな細胞が生まれる、という証拠は見つかっていません。[christopherreeve.org]

  • 腹膜炎

    5/7にご紹介した閉鎖神経麻痺の牛は、無事に自力で立てるようになって搾乳もできている。 起立不能 閉鎖神経麻痺 神経麻痺で 力めないのだろう、 排尿と排便がスムーズにいかない。 そして、配合飼料と乾草はよく食べるのに、何故かコンプリートだけを全く食べない。 立てなかった時はちゃんと食べていたくせに だ。[nosai-ngs.or.jp]

  • 慢性喉頭炎

    が出しづらい、子供がいびきをかいている ※(※成人は内科へ) 、飲み込むときにむせる・時間がかかる  かお 顔が曲がっている、目をつぶれない、口からものがこぼれる、顔が腫れてきた  くび くびにしこりがある、くびが腫れている  めまい めまいがする、ふらつきがある 当診療科の対象疾患  耳疾患 外傷性鼓膜穿孔、外傷性耳小骨離断、外傷性顔面神経麻痺[hospital.asahi.chiba.jp] 、耳せつ、外耳道炎、外耳掻痒症、耳介軟骨膜炎、反復性多発性軟骨膜炎、耳介血腫、外耳道閉鎖症、耳垢栓塞、外耳道異物、サーファーズイヤー、外耳道骨腫、先天性耳瘻孔、耳介奇形、耳性帯状疱疹(ハント症候群)、外耳道真菌症、鼓膜炎、外耳道真珠腫、閉塞性角化症、悪性外耳道炎、急性中耳炎、急性乳様突起炎、錐体炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症、慢性穿孔性中耳炎[hospital.asahi.chiba.jp]

  • 血管運動の不安定性

    神経損傷の治療: 神経損傷に関しては切創など開放創に伴う断裂などの場合は診断が明らかですが、骨折などに伴う閉鎖性損傷の場合、その損傷程度を的確に判断することは時に困難となります。神経組織に損傷を伴わない一時的な麻痺の場合は自然回復が見込まれますが、断裂した場合は早期に神経を縫合しなければ機能回復は望めません。[research.johas.go.jp]

  • 小耳症

    両側外耳道閉鎖症(大多数が骨部外耳道閉鎖。一部に軟部外耳道閉鎖がある) 3. 伝音難聴 5. 合併症 1. 顔面神経麻痺 2. 小顎症 3. 口蓋裂 4. 頬骨低形成 5. 咀嚼・嚥下障害 6. 主な治療法 1. 手術年齢までに難聴に対して片側、あるいは両側骨導補聴器を使用し、聴覚補償を行う。 2. 両側耳介・外耳道形成を実施する。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状