Create issue ticket

考えれる20県の原因 門脈路線維症

  • 肝硬変

    症状 下腿浮腫、腹壁怒張などの側副血行の発達に伴う症状や、圧亢に伴う食道胃静脈瘤、脾機能亢進、腹水などの症状が起きる。また、肝線維化が進行し肝硬変、肝不全にいたる症例もある。 5. 合併症 肝機能障害、門脈圧亢進症を合併することが多い。長期経過例では肝細胞癌の合併が認められる。 6.[nanbyou.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    2)肝臓の組織所見:肝内末梢枝の潰れ・狭小化や肝内門枝の硬化、および異常血行を呈する例が多い。域の緻密な線維化を認め、しばしば円形の線維性拡大を呈する。肝細胞の過形成像がみられ、時に結節状過形成を呈する。ただし、周囲に線維化はなく、肝硬変の再生結節とは異なる。 3)脾臓の肉眼所見:著しい腫大を認める。[nanbyou.or.jp] 肉芽腫性疾患、先天性肝線維などを証明し得ない疾患をいう。[kanazawa-med.ac.jp] Ⅱ.主要症状 脾腫 圧亢進症状として側副血行形成 (吐血・腹壁下静脈怒張など) 貧血 Ⅲ.診断上参考になる検査所見 1. 血液検査 : 一つ以上の有形成分の減少(骨髄像で幼若細胞の相対的増加を伴うことが多い)。 2. 肝機能検査 : 正常ないし軽度異常。 3. X線検査・内視鏡検査: しばしば上部消化管に静脈瘤を認める。 4.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 大結節性肝硬変

    症状 下腿浮腫、腹壁怒張などの側副血行の発達に伴う症状や、圧亢に伴う食道胃静脈瘤、脾機能亢進、腹水などの症状が起きる。また、肝線維化が進行し肝硬変、肝不全にいたる症例もある。 5. 合併症 肝機能障害、門脈圧亢進症を合併することが多い。長期経過例では肝細胞癌の合併が認められる。 6.[nanbyou.or.jp] 概念 脾腫、貧血、門脈圧亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変、 肝外門脈・肝静脈閉塞、血液疾患、寄生虫症、肉芽腫性肝疾患、 先天性肝線維などを証明しえない疾患をいう。 II. 主要症状 1. 脾腫 2. 圧亢進症状としての副血行形成(吐血・腹壁皮下静脈怒張など) 3. 貧血 III. 診断上参考になる検査所見 1.[ibaraisikai.or.jp]

  • 上腸間膜静脈血栓症

    肉芽腫性疾患、先天性肝線維などを証明し得ない疾患をいう。[kanazawa-med.ac.jp] Ⅱ.主要症状 脾腫 圧亢進症状として側副血行形成 (吐血・腹壁下静脈怒張など) 貧血 Ⅲ.診断上参考になる検査所見 1. 血液検査 : 一つ以上の有形成分の減少(骨髄像で幼若細胞の相対的増加を伴うことが多い)。 2. 肝機能検査 : 正常ないし軽度異常。 3. X線検査・内視鏡検査: しばしば上部消化管に静脈瘤を認める。 4.[kanazawa-med.ac.jp] 門脈と下大静脈との吻合 Eck症候群 ² 食道離断術 ² 肝移植 特発性門脈圧亢進症 (Idiopathic portal hypertension:IPH) IPH診断の手引き(厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班報告書1993) Ⅰ.概念 :脾腫、貧血、門脈圧亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変肝外門脈・肝静脈閉塞、血液疾患、寄生虫[kanazawa-med.ac.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    概念 脾腫、貧血、門脈圧亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変、 肝外門脈・肝静脈閉塞、血液疾患、寄生虫症、肉芽腫性肝疾患、 先天性肝線維などを証明しえない疾患をいう。 II. 主要症状 1. 脾腫 2. 圧亢進症状としての副血行形成(吐血・腹壁皮下静脈怒張など) 3. 貧血 III. 診断上参考になる検査所見 1.[ibaraisikai.or.jp]

  • 薬物性中毒性肝炎

    概念 脾腫、貧血、門脈圧亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変、 肝外門脈・肝静脈閉塞、血液疾患、寄生虫症、肉芽腫性肝疾患、 先天性肝線維などを証明しえない疾患をいう。 II. 主要症状 1. 脾腫 2. 圧亢進症状としての副血行形成(吐血・腹壁皮下静脈怒張など) 3. 貧血 III. 診断上参考になる検査所見 1.[ibaraisikai.or.jp]

  • 肝脾腫

    肉芽腫性疾患、先天性肝線維などを証明し得ない疾患をいう。[kanazawa-med.ac.jp] Ⅱ.主要症状 脾腫 圧亢進症状として側副血行形成 (吐血・腹壁下静脈怒張など) 貧血 Ⅲ.診断上参考になる検査所見 1. 血液検査 : 一つ以上の有形成分の減少(骨髄像で幼若細胞の相対的増加を伴うことが多い)。 2. 肝機能検査 : 正常ないし軽度異常。 3. X線検査・内視鏡検査: しばしば上部消化管に静脈瘤を認める。 4.[kanazawa-med.ac.jp] 門脈と下大静脈との吻合 Eck症候群 ² 食道離断術 ² 肝移植 特発性門脈圧亢進症 (Idiopathic portal hypertension:IPH) IPH診断の手引き(厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班報告書1993) Ⅰ.概念 :脾腫、貧血、門脈圧亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変肝外門脈・肝静脈閉塞、血液疾患、寄生虫[kanazawa-med.ac.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    概念 脾腫、貧血、門脈圧亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変、 肝外門脈・肝静脈閉塞、血液疾患、寄生虫症、肉芽腫性肝疾患、 先天性肝線維などを証明しえない疾患をいう。 II. 主要症状 1. 脾腫 2. 圧亢進症状としての副血行形成(吐血・腹壁皮下静脈怒張など) 3. 貧血 III. 診断上参考になる検査所見 1.[ibaraisikai.or.jp]

  • Aagenaes症候群

    Aagenaes症候群が原因幼児期における足と再発胆汁うっ滞のリンパ浮腫の原因となるリンパ管の先天性形 ルイヴィトン マルチカラー 財布 リボン 成不全、および肝硬変およ ルイヴィトン マルチカラー 財布 リボン び線維を有する巨細胞性肝炎に進展の遅さにある。[serimtec.com]

  • 門脈圧亢進症

    2)肝臓の組織所見:肝内末梢枝の潰れ・狭小化や肝内門枝の硬化、および異常血行を呈する例が多い。域の緻密な線維化を認め、しばしば円形の線維性拡大を呈する。肝細胞の過形成像がみられ、時に結節状過形成を呈する。ただし、周囲に線維化はなく、肝硬変の再生結節とは異なる。 3)脾臓の肉眼所見:著しい腫大を認める。[nanbyou.or.jp] 肉芽腫性疾患、先天性肝線維などを証明し得ない疾患をいう。[kanazawa-med.ac.jp] Ⅱ.主要症状 脾腫 圧亢進症状として側副血行形成 (吐血・腹壁下静脈怒張など) 貧血 Ⅲ.診断上参考になる検査所見 1. 血液検査 : 一つ以上の有形成分の減少(骨髄像で幼若細胞の相対的増加を伴うことが多い)。 2. 肝機能検査 : 正常ないし軽度異常。 3. X線検査・内視鏡検査: しばしば上部消化管に静脈瘤を認める。 4.[kanazawa-med.ac.jp]

さらなる症状