Create issue ticket

考えれる197県の原因 門脈線維症

  • 肝硬変

    症状 下腿浮腫、腹壁怒張などの側副血行路の発達に伴う症状や、圧亢に伴う食道胃静脈瘤、脾機能亢進、腹水などの症状が起きる。また、肝線維化が進行し肝硬変、肝不全にいたる症例もある。 5. 合併症 肝機能障害、圧亢進を合併することが多い。長期経過例では肝細胞癌の合併が認められる。 6.[nanbyou.or.jp] 今月の主題 肝硬変update より良き診療のために 福井 博 (奈良県立医科大学第3内科) 肝硬変は長期にわたる肝細胞の壊死,脱落に対して著明な線維化と再生結節形成をきたす慢性肝疾患の最終像です.原因にかかわらず,肝構築の改変は圧亢進を惹起し,肝細胞量の減少は肝機能不全をもたらします.肝再生は本来,壊死,炎症に対する修復反応ですが,[igaku-shoin.co.jp]

  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    原発性硬化性胆管炎 原発性胆汁性肝硬変 自己免疫性肝炎 重症急性膵炎 特発性圧亢進 嚢胞性線維症 バット・キアリ症候群 慢性膵炎 皮膚・結合組織疾患 皮膚・結合組織疾患 強皮症 結節性硬化症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 混合性結合組織病 色素性乾皮症 神経線維腫症 スティーヴンス・ジョンソン症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症 中毒性表皮壊死症[resja.or.jp] 29 結節性動脈周囲炎 62 進行性骨化性線維形成異常 95 特発性圧亢進症 128 リソソーム病 30 血栓性血小板減少性紫斑病 63 進行性多巣性白質脳症 96 特発性両側性感音難聴 129 リンパ管筋腫症 31 原発性アルドステロン症 64 スティーヴンス・ジョンソン症候群 97 突発性難聴 130 レフェトフ症候群 32 原発性硬化性胆管炎[m-takken.jp] 特発性大腿骨頭壊死 特発性圧亢進 特発性両側性感音難聴 突発性難聴 難治性ネフローゼ症候群 膿疱性乾癬 嚢胞性線維症 パーキンソン病 バージャー病 肺動脈性肺高血圧症 肺胞低換気症候群 バッド・キアリ症候群 ハンチントン病 汎発性特発性骨増殖症 肥大型心筋症 ビタミンD依存症二型 皮膚筋炎 びまん性汎細気管支炎 肥満低換気症候群 表皮水疱症[city.shijonawate.lg.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    出身大学 順天堂大学卒(2016年) 認定医・専門医など がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 診療実績 研究 薬物性消化管粘膜障害に関する研究 機能性胃腸症に関する研究 ピロリ菌に対する除菌療法に関する研究 内視鏡の拡大診断に関する研究 B型、C型慢性肝炎における発癌予測に関する研究 肝硬変の予後因子や肝移植適応に関する研究 圧亢進治療[hosp-shizuoka.juntendo.ac.jp] に関する臨床研究 胆膵内視鏡治療に関する臨床研究 治験 許可番号 288 対象疾患 線維性架橋形成を伴う非アルコール性脂肪肝炎 治験薬名称 Selonsertib 薬の種類 経口剤 責任医師 玄田 拓哉 募集状況 募集終了 参加期間 ― 許可番号 289 対象疾患 非アルコール性脂肪肝炎による代償性肝硬変 治験薬名称 Selonsertib[hosp-shizuoka.juntendo.ac.jp]

  • 門脈性肝硬変

    門脈圧亢進症の最も一般的な原因 機序または部位 原因 肝前性 閉塞 門脈または脾静脈血栓症 門脈流量の増加(まれ) 動静脈瘻 原発性の血液疾患による大きな脾腫 肝内性 類洞前性 特発性圧亢進 周辺が侵されるその他の疾患(例,原発性胆汁性肝硬変,サルコイドーシス,先天性肝線維) 住血吸虫症 類洞性 肝硬変(全ての病因) 類洞後性[msdmanuals.com] 末梢枝のつぶれを伴う肝線維を特徴とする。うっ血、寄生虫などの所見なし。 l 疑い例: Ⅱの2つ以上があり、Ⅲの1, 2, 4 8の検査のいずれかにより肝硬変の疑いが少なく、かつ血液疾患を除外した場合。[kanazawa-med.ac.jp] 2)肝臓の組織所見:肝内末梢枝の潰れ・狭小化や肝内門枝の硬化、および異常血行路を呈する例が多い。域の緻密な線維化を認め、しばしば円形の線維性拡大を呈する。肝細胞の過形成像がみられ、時に結節状過形成を呈する。ただし、周囲に線維化はなく、肝硬変の再生結節とは異なる。 3)脾臓の肉眼所見:著しい腫大を認める。[nanbyou.or.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    原発性硬化性胆管炎 原発性胆汁性肝硬変 自己免疫性肝炎 重症急性膵炎 特発性圧亢進 嚢胞性線維症 バット・キアリ症候群 慢性膵炎 皮膚・結合組織疾患 皮膚・結合組織疾患 強皮症 結節性硬化症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 混合性結合組織病 色素性乾皮症 神経線維腫症 スティーヴンス・ジョンソン症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症 中毒性表皮壊死症[resja.or.jp] 29 結節性動脈周囲炎 62 進行性骨化性線維形成異常 95 特発性圧亢進症 128 リソソーム病 30 血栓性血小板減少性紫斑病 63 進行性多巣性白質脳症 96 特発性両側性感音難聴 129 リンパ管筋腫症 31 原発性アルドステロン症 64 スティーヴンス・ジョンソン症候群 97 突発性難聴 130 レフェトフ症候群 32 原発性硬化性胆管炎[m-takken.jp] 特発性大腿骨頭壊死 特発性圧亢進 特発性両側性感音難聴 突発性難聴 難治性ネフローゼ症候群 膿疱性乾癬 嚢胞性線維症 パーキンソン病 バージャー病 肺動脈性肺高血圧症 肺胞低換気症候群 バッド・キアリ症候群 ハンチントン病 汎発性特発性骨増殖症 肥大型心筋症 ビタミンD依存症二型 皮膚筋炎 びまん性汎細気管支炎 肥満低換気症候群 表皮水疱症[city.shijonawate.lg.jp]

  • アルコール性肝疾患

    正常肝 脂肪肝(脂肪で黄色く膨らんでいる) 2.アルコール性肝線維 :①中心静脈周囲性の線維化②肝細胞周囲性の遷移か域から星ぼう状に延びる線維化のいずれかないし全てで、炎症性細胞浸潤や肝細胞壊死は軽度にとどまる。[kurihama-med.jp] 図4 アルコール性肝炎の組織像(中心静脈周囲や肝細胞周囲の線維化) アルコール性線維 多くは、自覚症状を認めません。 アルコール性線維の組織所見の特徴は、(1)域星芒状線維化、(2)肝細胞周囲線維化(Pericellular fibrosis)、(3)中心静脈周囲線維化(Perivenullar fibrosis)などです。[kanen.ncgm.go.jp] 約40%の患者には、炎症と実質炎症および肝細胞傷害の所見が認められ、これらは非アルコール性脂肪肝炎〔NASH〕の特徴である。進行性線維を発症する患者サブセットでは肝硬変に進行することもある。肝細胞がんと心血管合併症は、NAFLとNASHのいずれにも見られる生命を脅かす併存疾患である。[natureasia.com]

  • 上腹壁ヘルニア

    3)左季肋部 脾腫をまず念頭に置き、特発性圧亢進(いわゆるBanti症候群)、骨髄線維症、慢性骨髄性白血病などの疾患の可能性を考慮する。 4)側腹部 水腎症、嚢胞性腎疾患、Grawitz腫瘍などの腫大した腎で膨隆するが、特に多発性嚢胞腎では両側の腎腫大を呈することが多い。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 麻痺性イレウス

    3)左季肋部 脾腫をまず念頭に置き、特発性圧亢進(いわゆるBanti症候群)、骨髄線維症、慢性骨髄性白血病などの疾患の可能性を考慮する。 4)側腹部 水腎症、嚢胞性腎疾患、Grawitz腫瘍などの腫大した腎で膨隆するが、特に多発性嚢胞腎では両側の腎腫大を呈することが多い。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 上行性胆管炎

    軽度のものが肝微小血管異形成、中等度が非肝硬変性圧亢進(多発性のPSS形成)、重度で肝線維の病態を示す。しかし微小血管異形成の症例が、その後多発性PSSを形成するか(進行するか)は不明である。 診断:食後胆汁酸は軽度 中等度上昇。ときに高アンモニア血症。確定診断は肝生検と先天性PSSの除外。[tabaru.9syu.net] この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 手術後長い期間にわたって気をつけなければならない主な合併症として,肝臓の中の胆管に細菌感染が生じることによる胆管炎と肝臓に線維が溜まって硬くなり血液の流れが滞って生じる圧 亢進 があります.門脈圧亢進症には肝臓を迂回した血液が食道の壁内を通るため生じる食道静脈瘤と脾臓が腫れて血液の成分,[nanbyou.or.jp] 以後DPの一部に管腔構造が形成され、域結合組織内へ移動 (remolding)し、胆管が完成する(生後 1か月)。この remoldingの異常により、胆道閉鎖、先天性肝線維症、Caroli病等が発生すると推定されている。[jspghan.org]

  • 大結節性肝硬変

    症状 下腿浮腫、腹壁怒張などの側副血行路の発達に伴う症状や、圧亢に伴う食道胃静脈瘤、脾機能亢進、腹水などの症状が起きる。また、肝線維化が進行し肝硬変、肝不全にいたる症例もある。 5. 合併症 肝機能障害、圧亢進を合併することが多い。長期経過例では肝細胞癌の合併が認められる。 6.[nanbyou.or.jp] 図4 アルコール性肝炎の組織像(中心静脈周囲や肝細胞周囲の線維化) アルコール性線維 多くは、自覚症状を認めません。 アルコール性線維の組織所見の特徴は、(1)域星芒状線維化、(2)肝細胞周囲線維化(Pericellular fibrosis)、(3)中心静脈周囲線維化(Perivenullar fibrosis)などです。[kanen.ncgm.go.jp] 胆汁うっ滞性変化は不可逆性の胆管破壊・胆管消失が進行した結果として生じ,非定型的細胆管増生,銅顆粒やオルセイン陽性顆粒の沈着,胆汁栓,肝細胞の風船状の腫大(cholate stasis),マロリー体,網状変性が発生し,胆汁性肝線維および胆汁性肝硬変へと進展する.また,域周辺部zone 1 の肝細胞の小型化(small cell dysplasia[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

さらなる症状