Create issue ticket

考えれる522県の原因 門脈圧亢進症

  • 慢性アルコール依存症

    さらに、飲酒はほぼすべての消化管に悪影響を及ぼすため、胃食道逆流、マロリーワイス症候群(激しい嘔吐を繰り返し食道と胃の境目付近が裂けて出血する)、急性胃粘膜病変、亢進性胃炎、下痢、栄養などの吸収障害、痔核の原因にもなるのです。[alcoholic-navi.jp]

  • 門脈性肝硬変

    概要 亢進とは、肝臓に流入する血管のひとつである内の圧力が異常に上昇している状態を指します。亢進は、肝硬変に伴って発症することが多いです。亢進では、を介して心臓へとうまく血液を送ることができず、別の経路を迂回するようになります。[medicalnote.jp] […] l 手術療法 ² 減圧術 :と下大静脈との吻合 Eck症候群 ² 食道離断術 ² 肝移植 特発性亢進 (Idiopathic portal hypertension:IPH) IPH診断の手引き(厚生省特定疾患血行異常調査研究班報告書1993) Ⅰ.概念 :脾腫、貧血、亢進を示し、しかも原因となるべき肝硬変肝外門[kanazawa-med.ac.jp] 亢進 1.亢進とは 亢進とは、様々な原因によってが異常に上昇して(200mmH2O以上)、いろいろな症状が出る病態です。流れの悪くなる部位によって、肝前性、肝内性、肝後性閉塞の3種類に分けられます(表)。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    出身大学 近畿大学卒(2006年) 認定医・専門医など 日本内科学会認定内科医 日本内科学会認定総合内科専門医 日本肝臓学会肝臓専門医・東部会評議員 日本消化器病学会専門医・東海支部評議員 日本消化器内視鏡学会専門医 日本消化管学会胃腸科専門医 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 専門分野 ウイルス性肝炎の治療 肝がんの診断と治療 亢進[hosp-shizuoka.juntendo.ac.jp] 出身大学 順天堂大学卒(2016年) 認定医・専門医など がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 診療実績 研究 薬物性消化管粘膜障害に関する研究 機能性胃腸症に関する研究 ピロリ菌に対する除菌療法に関する研究 内視鏡の拡大診断に関する研究 B型、C型慢性肝炎における発癌予測に関する研究 肝硬変の予後因子や肝移植適応に関する研究 亢進治療[hosp-shizuoka.juntendo.ac.jp]

  • 大腸炎

    黄疸、肝炎、肝硬変、亢進、肝細胞癌、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、NASH、脂肪肝、バンチ症候群、バッド・キアリ症候群、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害。 胆石症、胆管細胞癌、胆嚢炎、胆管炎、原発性硬化性胆管炎。 膵炎、膵臓癌。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。[ja.wikipedia.org] 大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫、腸炎、大腸憩室、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    が閉塞すると、の血圧が上昇します(亢進亢進 )。亢進が起きると、胃、食道、直腸の静脈など、につながる静脈の血圧が上昇します。 瘢痕化が進行するとともに、肝臓は縮んで小さくなります。[msdmanuals.com] 最も多い合併症は亢進。ほかに、肺高血圧や血液疾患など。 亢進により食道、胃、直腸静脈瘤からの消化管出血や亢進性胃腹水、急性腎障害などの症状が現れる。 心血管系合併症により、血管拡張、肺内右左短絡、低酸素症(肝肺症候群)。 肺高血圧症 血液疾患により、貧血、脾機能亢進症、慢性消化管出血、葉酸欠乏症。[ja.wikipedia.org] 症状 下腿浮腫、腹壁怒張などの側副血行路の発達に伴う症状や、亢に伴う食道胃静脈瘤、脾機能亢進、腹水などの症状が起きる。また、肝線維化が進行し肝硬変、肝不全にいたる症例もある。 5. 合併症 肝機能障害、亢進を合併することが多い。長期経過例では肝細胞癌の合併が認められる。 6.[nanbyou.or.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    35 天疱瘡 90 網膜色素変性 36 表皮水疱 91 バッド・キアリ症候群 37 膿疱性乾癬(汎発型) 92 特発性亢進 38 スティーヴンス・ジョンソン症候群 93 原発性胆汁性肝硬変 39 中毒性表皮壊死症 94 原発性硬化性胆管炎 40 高安動脈炎 95 自己免疫性肝炎 41 巨細胞性動脈炎 96 クローン病 42 結節性多発動脈炎[city.okinawa.okinawa.jp] クローン病 劇肝炎 原発性硬化性胆管炎 原発性胆汁性肝硬変 自己免疫性肝炎 重症急性膵炎 特発性亢進 嚢胞性線維症 バット・キアリ症候群 慢性膵炎 皮膚・結合組織疾患 皮膚・結合組織疾患 強皮症 結節性硬化症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 混合性結合組織病 色素性乾皮症 神経線維腫症 スティーヴンス・ジョンソン症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症[resja.or.jp] 特発性間質性肺炎 特発性血小板減少性紫斑病 特発性血栓 特発性大腿骨頭壊死 特発性亢進 特発性両側性感音難聴 突発性難聴 難治性ネフローゼ症候群 膿疱性乾癬 嚢胞性線維症 パーキンソン病 バージャー病 肺動脈性肺高血圧症 肺胞低換気症候群 バッド・キアリ症候群 ハンチントン病 汎発性特発性骨増殖症 肥大型心筋症 ビタミンD依存症二型[city.shijonawate.lg.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    PBCは、その進行の度合いによって、「緩徐進行型」「亢進先行型」「黄疸肝不全型」の3つのタイプに分けられます。緩徐進行型というのは、長い期間無症候性のまま徐々に進行するタイプのもので、PBCの患者さんの約7 8割がこのタイプにあたります。[medicalnote.jp] 黄疸(体が黄色くなること)を呈することなく食道静脈瘤(食道のコブ)が比較的早期に出現する「亢進型」と、早期に黄疸を呈し、肝不全に至る「黄疸肝不全型」があり、亢進型は自己抗体である抗セントロメア抗体の陽性率が高いとの報告があります。 ウルソデオキシコール酸(ウルソ)を投与します。[kariya-yamakawa.com] 2 尿路感染は病態に影響しますか? 3 亢進はどうやって分かりますか? 4 自覚症状はなくても食道静脈瘤があると病気の進行度は違いますか? 5 静脈瘤破裂の予測は出来ますか? 6 脾臓は腫れるものですか? 大きくなったら摘出すべきですか? 7 間質性肺炎はPBC の合併症ですか? 8 PBC と肝がんの発生は関連がありますか?[minds.jcqhc.or.jp]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    質問したキッカケ 循環器疾患を中心とした患者様を受け入れている病棟で働いています。心不全の患者様が多いのですが、右心不全と左心不全、それぞれの観察のポイントや看護のポイントがわからなくなることがあります。新人のため、慢性心不全の患者様を担当することが多いのですが、患者様が急変されることもあり、どうしてよいかわからなくて困っています。 質問したいこと うっ血性心不全の患者様について、右心不全・左心不全とそれぞれどのような点に気をつけて観察・看護すればよいですか? ---------------------------------------- 関連記事[…][kango-oshigoto.jp]

  • 門脈血栓症

    亢進取扱い規約 (改訂第3版) おもな内容 総 説 系//側副血行路/亢進による臨床症状/亢進患者の治療 病因・病態 亢進の病因/亢進の病態 診 断 亢進をきたす基礎疾患/病歴・現症/一般検査所見/超音波検査/ コンピュ-タ-断層撮影検査[CT]/磁気共鳴画像検査[MRI]/ シンチグラフィ[jsph.gr.jp] 亢進 1.亢進とは 亢進とは、様々な原因によってが異常に上昇して(200mmH2O以上)、いろいろな症状が出る病態です。流れの悪くなる部位によって、肝前性、肝内性、肝後性閉塞の3種類に分けられます(表)。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] 病 理 肝硬変[LC]/特発性亢進[IPH]/肝外門閉塞[EHO]/バッド・キアリ症候[BCS]/ 日本住血吸虫/その他/食道・胃静脈瘤/付.亢進性胃症[PHGE] 付:血行異常の診断と治療のガイドライン(2007年) 血行異常の診断のガイドライン/重症度分類/血行異常の治療ガイドライン々 亢進診療[jsph.gr.jp]

  • 特発性肝硬変

    肝硬変に伴う食道静脈瘤 亢進拡張 特発性亢進 クリュヴリエ・バウムガルテン症候群 亢進 亢進性胃 亢進性胃腸 亢進性腸症[scuel.me] PBCは、その進行の度合いによって、「緩徐進行型」「亢進先行型」「黄疸肝不全型」の3つのタイプに分けられます。緩徐進行型というのは、長い期間無症候性のまま徐々に進行するタイプのもので、PBCの患者さんの約7 8割がこのタイプにあたります。[medicalnote.jp] 原因、症状について 食道静脈瘤の原因の大部分は肝硬変ですが,アルコール性肝炎や特発性亢進,日本住血吸虫などが原因となることもあります。 肝硬変に伴い,肝臓に血液を送り込むという血管のが高まると亢進という状態になります。[iwamoto-clinic.jp]

さらなる症状