Create issue ticket

考えれる19県の原因 長い、過伸展の指

  • 脳-顔-胸部形成異常

    専門分野・得意とする手技 形成外科、頭蓋顔面骨外科、美容外科、顔面輪郭形成術 略歴 千葉大学医学部卒 昭和大学附属病院 形成外科 昭和大学形成外科 講師 フランス政府給費留学 パリ大学サンルイ病院 昭和大学形成外科 助教授 昭和大学形成外科 教授 千葉大学形成外科 教授 川崎幸病院 形成外科部長/形成外科・美容外科センター長 認定資格等 日本形成外科学会専門医 日本美容外科学会専門医 日本頭蓋顎顔面外科学会専門医 日本創傷外科学会専門医 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医 第二川崎幸クリニック 形成外科・美容外科センターページは こちら 「形成外科」とは?[…][saiwaihp.jp]

  • 脊柱側弯症

    主要臨床症状 1.伸展を伴う長い、側弯、胸部変形等を含む身体所見 2.水晶体亜脱臼・水晶体偏位等を含む特徴的眼科所見 3.大動脈基部病変(20歳以上では大動脈基部径(バルサルバ洞径)の拡大がZスコア 2.0、20歳未満ではZスコア 3.0)(※術後症例の基部病変については術前の状態を遡って診断することが可能) 重症度分類 1.小児例(18[nanbyou.or.jp]

  • マルファン症候群

    1)骨格系症状 長い四肢、くも状趾、関節の伸展、漏斗胸、鳩胸、straightback(背柱が真直)、脊椎側弯、脊椎後弯、長頭頭蓋、手首徴候(1側の手掌で他側の手首を握ると拇指と第5指が重なり合う)、拇指徴候(拇指を中に入れて拳を作ると、尺側から拇指がはみ出る)、上腕より前腕が長い、大腿より下腿が長い、痩身長躯、上半身より下半身が長い。[jhf.or.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    1、革靴やスキーやスノーボードなどで合わない靴 2、ハイヒールの使用や仕事やスポーツなどで伸展させるような姿勢を長く続けたことにより神経が圧迫されるために起ったりします。 3、旅行などで長い距離歩いた 4、ほとんどの人で外側に体重がかかるような立ち方、歩き方、これは常に第3趾と第4趾に荷重がかかっている状態です。[yamamotoclinic.jp]

  • 異常感覚性大腿痛

    1、革靴やスキーやスノーボードなどで合わない靴 2、ハイヒールの使用や仕事やスポーツなどで伸展させるような姿勢を長く続けたことにより神経が圧迫されるために起ったりします。 3、旅行などで長い距離歩いた 4、ほとんどの人で外側に体重がかかるような立ち方、歩き方、これは常に第3趾と第4趾に荷重がかかっている状態です。[yamamotoclinic.jp]

  • 急性大動脈弁逆流

    主要臨床症状 1.伸展を伴う長い、側弯、胸部変形等を含む身体所見 2.水晶体亜脱臼・水晶体偏位等を含む特徴的眼科所見 3.大動脈基部病変(20歳以上では大動脈基部径(バルサルバ洞径)の拡大がZスコア 2.0、20歳未満ではZスコア 3.0)(※術後症例の基部病変については術前の状態を遡って診断することが可能) 重症度分類 1.小児例(18[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体優性難聴 11

    関節の伸展。若年性の関節炎。長く節が太い。 ・ 眼の障害:強度の近視。若年性に白内障を発症する。網脈絡膜委縮が強く網膜剥離を伴いやすい。緑内障の合併もあります。 ・ 耳の障害:中耳炎などの感染症が多く聴覚障害の進行がみられます。[japo-web.jp]

  • 偏位水晶体

    主要臨床症状 1.伸展を伴う長い、側弯、胸部変形等を含む身体所見 2.水晶体亜脱臼・水晶体偏位等を含む特徴的眼科所見 3.大動脈基部病変(20歳以上では大動脈基部径(バルサルバ洞径)の拡大がZスコア 2.0、20歳未満ではZスコア 3.0)(※術後症例の基部病変については術前の状態を遡って診断することが可能) 重症度分類 1.小児例(18[nanbyou.or.jp]

  • 良性外転神経麻痺

    1、革靴やスキーやスノーボードなどで合わない靴 2、ハイヒールの使用や仕事やスポーツなどで伸展させるような姿勢を長く続けたことにより神経が圧迫されるために起ったりします。 3、旅行などで長い距離歩いた 4、ほとんどの人で外側に体重がかかるような立ち方、歩き方、これは常に第3趾と第4趾に荷重がかかっている状態です。[yamamotoclinic.jp]

  • 橈骨神経管症候群

    1、革靴やスキーやスノーボードなどで合わない靴 2、ハイヒールの使用や仕事やスポーツなどで伸展させるような姿勢を長く続けたことにより神経が圧迫されるために起ったりします。 3、旅行などで長い距離歩いた 4、ほとんどの人で外側に体重がかかるような立ち方、歩き方、これは常に第3趾と第4趾に荷重がかかっている状態です。[yamamotoclinic.jp]

さらなる症状