Create issue ticket

考えれる61県の原因 長い指骨

  • 血管運動の不安定性

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 変形治癒骨折

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 腰椎の圧迫骨折

    ほかにも、手首、肩など、長いの端のは海綿ですから、弱くなりやすい( 図3 )。長い、すなわち太ももや腕の骨、手足のの真ん中は、骨が弱くなりにくいパイプ状の構造をしているので、めったなことでは折れません。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp] そこを通る尺神経が、このトンネルが狭くなったせいで長く圧迫されると、手の小指(第5手)と薬指(第4手指)の小指側(尺側)半分がしびれるようになります。これを「肘部管症候群」といいます。また、この神経は、親指を使って物をはさむ動作を行う筋肉の支配も行っています。[yamamotoclinic.jp]

  • 前頭骨骨髄炎

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 中足骨骨折

    また後方では、舟状の前面と関節しています。 中足(ちゅうそくこつ) 足の甲に位置する足の延長のように長いです。 母趾(親指)側から第1中足骨・第2中足骨といい、第5中足骨までの5個で構成されています。 趾骨(しこつ) 足指の骨。母趾は2個の骨からなり末梢(指先)側を末節骨、中枢(指の付け根)側を基節骨といいます。[yoshimine.com]

  • 足部骨髄炎

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 異常感覚性大腿痛

    そこを通る尺神経が、このトンネルが狭くなったせいで長く圧迫されると、手の小指(第5手)と薬指(第4手指)の小指側(尺側)半分がしびれるようになります。これを「肘部管症候群」といいます。また、この神経は、親指を使って物をはさむ動作を行う筋肉の支配も行っています。[yamamotoclinic.jp]

  • 橈骨頭骨折

    最新の医学技術を駆使しても欠損しているを作ることはできませんが、創外固定という装置を使うことで、を延長し長くして、ものを掴みやすくする手術を行うことも可能になってきています。外観の異常が特に目立たなくても、生まれつき指が曲がったまま伸びなかったり、動きの制限がある場合も、手術による改善が期待できることがあります。[ncchd.go.jp]

さらなる症状