Create issue ticket

考えれる7県の原因 鎖球菌感染後糸球体腎炎

  • レンサ球菌感染

    A群溶血性レンサ(連鎖)球菌をご存じですか?たまにメディアで取りあげられているのでご存じの方もいらっしゃると思います。今回は、この菌が原因となって引き起こされる感染症のお話をさせて頂きます。 溶血性レンサ球菌は、顕微鏡で観察した時に、丸い菌が連なって見える事が多く、血液を加えた培地で培養すると溶血を起こす事から名付けられています。また、細菌壁を構成する多糖体の抗原性の違いによってA V群(I,Jは除く)に分類されており、A群溶血性レンサ球菌はA群に属しています。[…][lab.toho-u.ac.jp]

  • 慢性扁桃炎

    急性扁桃炎の反復、扁桃周囲膿瘍、慢性副鼻腔炎などが原因となります。 症状はのどの違和感が主体で、時に咳、微熱を起こします。疲労しやすかったり、口臭の原因もなる病気です。 扁桃の肥大が高度になると呼吸困難感やいびきの原因となることもあります。 合併症として腎炎、心筋炎、皮膚炎などの他の臓器に影響を及ぼすこと(病巣感染症)もありますので、気になる症状があったら耳鼻科医に相談しましょう。 治療は症状が軽いと、薬物治療で保存的に治療します。保存的に治療しても症状が続く時は手術で扁桃を摘出したほうが良い場合もあります。[soja-ent.com]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性カタル性扁桃炎

    いつの間にか口の中にできている、 いたーい口内炎 。 食事も思うように摂れないこともあり、本当につらい ですよね。 「ああ、また疲れているのが原因かな?」なんて思う方も多いかもしれませんが、 じつは口内炎の原因はさまざま 。 場合によっては、 ただの口内炎ではなく、重大な疾患の症状としてあらわれていることも あるため注意が必要です。 今回は、 さまざまな口内炎の症状や原因、予防のためのケアなどについて解説 します。 口内炎とは? 口内炎とは、口の粘膜やその周辺に引き起こされる炎症の総称 です。 歯茎の歯肉炎、舌の舌炎、唇の口唇炎、口角の口角炎など をまとめて口内炎と呼んでいます。[…][adachi-ent.com]

  • とびひ

    とびひってなに? 医学用語では伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と呼ばれ、虫刺されの掻(か)き傷やすり傷などに細菌が感染し、増えることにより発症します。離れた部位にも火事が「飛び火」するように同じ病変が拡がっていくため、とびひと呼ばれます。子供では、水ぶくれができるとびひが多く見られますが、厚いかさぶたのできるとびひもあります。 緊急度は? 拡がってきた場合は早めに皮膚科又は小児科を受診しましょう。 かかりやすい月齢/年齢は? 6歳以下の子供に多く見られます。 かかりやすい季節は? 夏季に多く見られます。 水ぶくれが特徴のとびひ[…][guide.metro.tokyo.jp]

  • β型連鎖球菌

    目に見えないバクテリア(写真はイメージです) 最近、世間を騒がせているのが「人食いバクテリア」というもの。 もちろんこれは俗称で、正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」といいます。 発症すると急速に症状が悪化して手足が壊死、ひどい時には死に至る恐ろしい病気です。 その致死率は3割といわれています。 今年8月、この病気に感染した患者の数が過去最多になったと国立感染症研究所が発表しました。 症状の詳細や感染ルートなど、この病気について気になる点を調べてみました。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは?[…][tenki.jp]

さらなる症状