Create issue ticket

考えれる282県の原因 錐体路徴候

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。「認知症」の部分は訳語において変化はないが、原語がDSM-IVでは Dementia であり、DSM-5では Major[…][ja.wikipedia.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    進行性の 体外徴候(主にジストニア) Ⅱ型:20-50歳代。小脳失調 徴候が前景に立ち、体外路徴候も呈することがある。 Ⅲ型:40-70歳代。小脳失調 末梢神経障害(筋委縮、感覚障害、腱反射低下・消失)を呈する。 Ⅳ型:発症年齢は様々。パーキンソン症状 末梢神経障害を呈する。[ameblo.jp] 徴候…延髄のを通る運動神経線維の経路をといい、その障害で起こる症状を徴候といいます。随意運動の麻痺、筋力低下、痙縮、手先や足先の細かい動きが悪くなるなどの症状がみられます。(南山堂医学大辞典19版「徴候」) ※胸髄…脊髄の中で、12対の胸神経が出る部分を胸髄といいます。[jpma-nanbyou.com] 全般性認知機能障害は大脳皮質徴候の中で最も頻度が高い。構音障害、嚥下障害は進行すると出現するが、四肢の障害に比べ軽度である。眼球運動障害・徴候もみられる。 画像や検査所見にも左右差がみられるのが特徴で、CT/MRIは初期には正常であるが、進行とともに非対称性の大脳萎縮(前頭葉、頭頂葉)が認められる。[nanbyou.or.jp]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    孤発性にはオリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)があり、遺伝性では、運動失調や徴候、ジストニア、眼球運動障害が生じるMachado-Joseph症や、小脳性運動失調のみを示す脊髄小脳失調症6型(SCA6)などが比較的多い。 症状 画像的には、小脳のみが萎縮する純小脳型と、脳幹や大脳の萎縮も加わる複合型がある。[nurseful.jp] その場合、常染色優性遺伝性であることが多いが、常染色劣性遺伝性の場合もある。 (4)その他の症候として、徴候体外路徴候、自律神経症状、末梢神経症状、高次脳機能障害などを示すものがある。 (5)頭部のMRIやX線CTにて、小脳や脳幹の萎縮を認めることが多く、大脳基底核病変を認めることもある。[hoken.kakaku.com]

  • 脳幹梗塞

    身体所見(神経学的所見) [ 編集 ] 上記の巣症状のほか、上位中枢の障害を示唆する 徴候 ( 腱反射 の亢進、 バビンスキー反射 の出現)や 眼球運動 異常などから梗塞部位が推測できる。神経学的所見から脳梗塞(脳卒中)の客観的な重症度を記載する方法として、いくつかのスケールが提唱されている。[ja.wikipedia.org]

  • 不全対麻痺

    痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 障害 によって現れる症状であるので、他の 徴候 も伴っている。 上位運動ニューロン 障害である。[ja.wikipedia.org] 徴候 四肢の痙性、腱反射の亢進、病的反射陽性で、どの病型においても高頻度に認められる。 ⑥感覚障害 表在及び深部知覚障害。AMNでは、脊髄性の感覚障害を示す例が多い。 ⑦自律神経障害 排尿障害、陰萎などを呈する。 ⑧副腎不全症状 無気力、食欲不振、体重減少、色素沈着(皮膚、歯肉)、低血圧などを呈する。[nanbyou.or.jp]

  • 片側不全麻痺

    また徴候の確認なども空き時間を利用して行う。なお、厳密には 低血糖 やその他の原因にて片麻痺が起こることもあり得るが、低血糖の場合は意識障害がある場合がほとんどであるし、その他の疾患に関しても脳血管障害が否定できてからでも遅くはない場合が多い。[ja.wikipedia.org] 神経診断学をすべて行うと非常に専門的となるため、病歴から 脳血管障害 が疑われた場合は痙性運動麻痺、腱反射の亢進、表在反射の消失、病的反射( バビンスキー反射 、チャドック反射)の出現、膝クローヌス(間代)、足クローヌスといった徴候のみ診察し、頭部CTにて出血評価、出血がみられなければ頭部MRI(とくに 拡散強調画像 )といった手順で[ja.wikipedia.org]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    症状 体外症状としてジストニア、コレア・アテトーシスを認める。病状が進行すると四肢の変形を来たし、徴候も明らかとなる。知的機能は退行を示し、最終的には全介助の状態となる。 MRIでeye of the tiger徴候(T2強調画像で鉄沈着による低信号の中に高信号の虎の眼球様状態)がみられ、NBIAを強く疑う根拠となる。 5.[nanbyou.or.jp] 年齢を重ねるにつれ足の指が足の裏側(足底)に曲がる(屈曲)反応になる、もしくは現れなくなるが、成長後もバビンスキー反射がみられると 障害 が疑われる。 障害 (徴候)を示唆するものとして信頼度が高いため、脳と脊髄を結ぶ神経伝導である 路 の障害が疑われる患者に対して行う。[shiga-med.ac.jp] 中枢神経系の表面鉄沈着を示す症状には、感音性難聴、小脳性運動失調症、及び徴候が含まれる。Kumara N,Am J Neuroradiol.31:5,2010を参照されたい。[ipforce.jp]

  • 脳内血腫

    広島地方裁判所平成9年11月19日判決 判例タイムズ994号 224頁 (争点) 患者が死亡に至った機序及び死因 患者の担当医師が偽膜性腸炎に対する適切な治療を行わなかった過失の有無 (事案) 平成3年3月2日(以下、平成3年における月日の表記において年を省略する)午前11時ころ、A(当時64歳の男性)は、親戚の法事の最中に目眩と嘔吐をきたして歩行不能となり、M胃腸内科病院において受診したところ、意識はあるが言語障害があり、高血圧であったため、トランキライザーと降圧剤の投与を受けた後、同日午後1時20分、同病院からY農業協同組合連合会が開設する病院(以下「Y病院」という。)に搬送され、入院した。[…][medsafe.net]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状