Create issue ticket

考えれる7県の原因 銅とセルロプラスミン減少

  • 亜鉛欠乏症

    血清鉄濃度の減少、血清フェリチン値の低下、血清セルロプラスミン減少によるFerroxidase活性の減少などが報告されている。したがって、と同様に鉄欠乏に関しても注意する必要がある。 亜鉛欠乏症 (植物) 亜鉛欠乏症 MSDマニュアル プロフェッショナル版 亜鉛 海外の情報 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省[ja.wikipedia.org]

  • ウィルソン病

    さらにウィルソン病の約80%のケースで血清中のセルロプラスミンというと結合するタンパク質が減少していることが確認できます。また尿検査も行い、尿中への銅の排出量が多くなっていることを確認します。それでも診断がはっきりしない場合は、ATP7Bの遺伝子検査を行って診断を確定することになります。遺伝子検査も採血によって行うことができます。[medicalnote.jp] 胆汁へのの分泌が減少する。 の過剰の結果として肝臓への蓄積が起こる。 代謝障害により、銅タンパクである セルロプラスミン への銅の取込みが阻害される。 セルロプラスミンの血清中濃度が低下する。 肝線維化を生じ、最終的に肝硬変に至る。 銅が肝臓から出て体内の組織へと拡散する。腎臓および生殖器に損傷を与え、脳は最も深刻な影響を受ける。[ja.wikipedia.org] の尿中排泄 (はいせつ) は増加しており、血漿 (けっしょう) 中の減少しているが、これは、を結合する特殊タンパクであるセルロプラスミンの合成障害による。大部分の患者では、セルロプラスミンの測定によって診断が確定する。 治療にはペニシラミンやトリエンチンといったキレート剤の投与が有効である。[kotobank.jp]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    〇亜鉛: 「ストレスで、血液中の亜鉛濃度が減少し、濃度が増加する。」 「ストレスが強いほど、血液中の亜鉛は減少して肝臓へ向かう。」 〇セルロプラスミン: 「ストレスで血液中に、を輸送するタンパク質である『セルロプラスミン』が 放出される。セルロプラスミンは、1400個のアミノ酸から出来ている巨大なタンパク質です。[draun.net]

  • 角膜血液染色 

    胆汁へのの分泌が減少する。 の過剰の結果として肝臓への蓄積が起こる。 代謝障害により、銅タンパクである セルロプラスミン への銅の取込みが阻害される。 セルロプラスミンの血清中濃度が低下する。 肝線維化を生じ、最終的に肝硬変に至る。 銅が肝臓から出て体内の組織へと拡散する。腎臓および生殖器に損傷を与え、脳は最も深刻な影響を受ける。[ja.wikipedia.org]

  • 低銅血症

    さらにウィルソン病の約80%のケースで血清中のセルロプラスミンというと結合するタンパク質が減少していることが確認できます。また尿検査も行い、尿中への銅の排出量が多くなっていることを確認します。それでも診断がはっきりしない場合は、ATP7Bの遺伝子検査を行って診断を確定することになります。遺伝子検査も採血によって行うことができます。[medicalnote.jp] ・吸収は過剰の亜鉛、鉄摂取により減少する。 ・は血清と赤血球中にほぼ半分ずつ存在している.血清中の約95%の銅がセルロプラスミンと強固に結合し,残りはアルブミンやアミノ酸とゆるく結合している.赤血球中の銅の60%はスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)(フリーラジカルの除去に関与)含まれている.[blog.goo.ne.jp] 診断はおよびセルロプラスミンの血清中濃度の低値に基づくが,これらの検査は常に信頼できるわけではない。 治療は原因に対して行い,銅1.5 3mg/日(通常は硫酸銅として)を経口投与する。 先天性銅欠乏症 (メンケス症候群) 先天性銅欠乏症は,あるX連鎖遺伝子の突然変異を受け継いだ男子乳児に発生する。[msdmanuals.com]

  • 特発性銅関連肝硬変

    さらにウィルソン病の約80%のケースで血清中のセルロプラスミンというと結合するタンパク質が減少していることが確認できます。また尿検査も行い、尿中への銅の排出量が多くなっていることを確認します。それでも診断がはっきりしない場合は、ATP7Bの遺伝子検査を行って診断を確定することになります。遺伝子検査も採血によって行うことができます。[medicalnote.jp]

  • 常染色体劣性含有身体筋疾患 2型

    の尿中排泄 (はいせつ) は増加しており、血漿 (けっしょう) 中の減少しているが、これは、を結合する特殊タンパクであるセルロプラスミンの合成障害による。大部分の患者では、セルロプラスミンの測定によって診断が確定する。 治療にはペニシラミンやトリエンチンといったキレート剤の投与が有効である。[kotobank.jp]

さらなる症状