Create issue ticket

考えれる20県の原因 金属ヒューム熱

  • 金属ヒューム熱

    金属ヒューム(きんぞくヒュームねつ、Metal fume fever)とは、金属ヒュームと呼ばれる金属蒸気の凝集物を吸入することにより発生する症状であり、いわゆる職業性疾病に分類される。酸化亜鉛ヒューム、酸化銅ヒュームによるものが多い。 一般的な症状としては、咳・胸部圧迫感・口渇・知覚異常・発熱などがある。[ja.wikipedia.org] 電気トーチによる真鍮パイプの切断作業者に金属ヒュームを引き起こし、症状は発熱、呼吸困難、悪寒、頭痛、吐き気であった(HSDB(2003))。[nite.go.jp] 中毒症状・毒性 職業上曝露による急性中毒では、生成直後の亜鉛ヒュームを吸入することで起きる金属ヒュームがもっとも重要である。メッキされた鉄鋼の溶接に従事し、金属製煙霧にさらされてから3 10時間以内に風邪に似た症状(頭痛・寒気・倦怠感・疲労感・筋肉痛・発熱・発刊・咳) が現れる。通常24 48時間で回復する。[haccp.shokusan.or.jp]

  • 慢性鉛腎症

    Trevor (1992), Roman Aqueducts & Water Supply , London: Duckworth, ISBN 0-7156-2194-7 関連項目 [ 編集 ] 鉛中毒予防規則 鉛 無鉛化 RoHS 白粉 散弾銃 水道管 酢酸鉛(II) 金属ヒューム はんだ付け 鉛作業主任者 スヴェンスクフーセットの悲劇[ja.wikipedia.org]

  • 塩化亜鉛中毒

    暴露による急性中毒には、メッキ工場等に従事する人が罹患する「金属ヒューム」がある。亜鉛ヒュームの吸引により、数時間内に風邪に似た症状を示す。 慢性中毒では、過剰な亜鉛により腸管からの銅吸収阻害で銅欠乏を生じる。銅欠乏に伴う鉄芽球性貧血が生じることが知られる。[wdic.org] Trevor (1992), Roman Aqueducts & Water Supply, London: Duckworth, ISBN 0-7156-2194-7 関連項目 [ 編集 ] 鉛中毒予防規則 鉛 無鉛化 RoHS 白粉 散弾銃 水道管 酢酸鉛(II) 金属ヒューム はんだ付け 鉛作業主任者 スヴェンスクフーセットの悲劇[ja.wikipedia.org] 中毒症状・毒性 職業上曝露による急性中毒では、生成直後の亜鉛ヒュームを吸入することで起きる金属ヒュームがもっとも重要である。メッキされた鉄鋼の溶接に従事し、金属製煙霧にさらされてから3 10時間以内に風邪に似た症状(頭痛・寒気・倦怠感・疲労感・筋肉痛・発熱・発刊・咳) が現れる。通常24 48時間で回復する。[haccp.shokusan.or.jp]

  • 亜鉛欠乏症

    酸化亜鉛蒸気の吸入後には、金属ヒュームの発生が報告されている。特に、酸化亜鉛吸入の8時間以内に多汗症、衰弱、および動悸などが起こり、吸入しなくなった後12 24時間持続するかもしれない (5,6) 。 長期間の亜鉛摂取過剰の主な結果は、銅欠乏症である。[lpi.oregonstate.edu]

  • 混合性酸化的リン酸化欠乏症 8型

    中毒症状・毒性 職業上曝露による急性中毒では、生成直後の亜鉛ヒュームを吸入することで起きる金属ヒュームがもっとも重要である。メッキされた鉄鋼の溶接に従事し、金属製煙霧にさらされてから3 10時間以内に風邪に似た症状(頭痛・寒気・倦怠感・疲労感・筋肉痛・発熱・発刊・咳) が現れる。通常24 48時間で回復する。[haccp.shokusan.or.jp]

  • 高カルシウム食

    […] ii) 吸入中毒 産業現場では,金属亜鉛の溶融,黄銅または青銅の鋳造・加工・ろう付け,亜鉛めっき鋼材の溶断・溶接などの作業に際して発生する酸化亜鉛のヒュームの吸入によって発熱症状を招くことがあり,これを亜鉛,真鍮熱,鋳熱,金属熱などと呼んでいます。[jlzda.gr.jp]

  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    金属ヒューム アーク溶接,フッ素樹脂からの吸入数時間後にインフルエンザ様の症状を呈する.数日で自然軽快する. 抗原曝露と小葉中心性の陰影を見たら急性過敏性肺炎を疑う. 間質性肺炎で,上肺優位・小葉中心性の陰影は慢性型過敏性肺炎(潜在性発症型)を疑う.[respiresi.exblog.jp]

  • 肝臓の受動性うっ血

    中毒症状・毒性 職業上曝露による急性中毒では、生成直後の亜鉛ヒュームを吸入することで起きる金属ヒュームがもっとも重要である。メッキされた鉄鋼の溶接に従事し、金属製煙霧にさらされてから3 10時間以内に風邪に似た症状(頭痛・寒気・倦怠感・疲労感・筋肉痛・発熱・発刊・咳) が現れる。通常24 48時間で回復する。[haccp.shokusan.or.jp]

  • 有毒性多発神経障害

    中毒症状・毒性 職業上曝露による急性中毒では、生成直後の亜鉛ヒュームを吸入することで起きる金属ヒュームがもっとも重要である。メッキされた鉄鋼の溶接に従事し、金属製煙霧にさらされてから3 10時間以内に風邪に似た症状(頭痛・寒気・倦怠感・疲労感・筋肉痛・発熱・発刊・咳) が現れる。通常24 48時間で回復する。[haccp.shokusan.or.jp]

  • 職業性痙攣

    中毒症状・毒性 職業上曝露による急性中毒では、生成直後の亜鉛ヒュームを吸入することで起きる金属ヒュームがもっとも重要である。メッキされた鉄鋼の溶接に従事し、金属製煙霧にさらされてから3 10時間以内に風邪に似た症状(頭痛・寒気・倦怠感・疲労感・筋肉痛・発熱・発刊・咳) が現れる。通常24 48時間で回復する。[haccp.shokusan.or.jp] なお、弗素樹脂の分解生成物では、亜鉛等の金属ヒュームによる金属に類似した悪寒、発熱等の症状がみられるが、これらの症状は、一般に喉頭の炎症等の気道粘膜の炎症とともに現われるので、本規定に該当する疾病として取り扱われるべきものである。[joshrc.org]

さらなる症状