Create issue ticket

考えれる5県の原因 野兎病菌

結果を表示する: 汉语

  • 野兎病

    症状が重篤化することがあり、特に北米の野兎病菌は毒性が強く、重症化を起こしやすい。野兎病菌は極めて感染力が強い菌で、生物兵器としての使用が懸念されており、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では、もっとも危険とされるカテゴリAに分類されている。[ja.wikipedia.org] 野兎病(やとびょう)とは、野兎病菌Francisella tularensisを原因とする人獣共通感染症。ヒトやノウサギ(野兎)、プレーリードッグ、野生齧歯類などに感染する。家畜伝染病予防法における届出伝染病、感染症法における四類感染症に指定されている。日本では野兎との接触による感染が多く報告されているためこの名前がある。[ja.wikipedia.org] その後、アメリカ公衆衛生局の医官であったフランシス(Francis)は1919年から野兎病菌の詳細な研究を行った。先のアブ熱だけでなく、アメリカ各地で多くの疾患名で呼ばれていたが、1921年にフランシスは"tularemia"(ツラレミア)という名称に統一することを提唱した。[ja.wikipedia.org]

  • 野兎病髄膜炎
  • 疫病

    野兎野兎病菌がダニ、ウマバエなどをベクターとして感染し、腺ペストに類似した症状を呈する。 類鼻疽 傷口あるいは砂埃の吸引を介して感染し、肺ペストに似た初期症状を呈する。[group-midori.co.jp]

  • 結核

    二 クロストリジウム属ボツリヌム(別名ボツリヌス菌) 五 フランシセラ属ツラレンシス種(別名野兎病菌)亜種ツラレンシス及びホルアークティカ 六 ボツリヌス毒素(人工合成毒素であって、その構造式がボツリヌス毒素の構造式と同一であるものを含む。)[elaws.e-gov.go.jp]

  • 炭疽菌

    アメリカは炭疽菌、Q熱、ブルセラ菌、ボツリヌス菌、野兎病菌、ウマ脳炎ウイルスなどの大量生産と兵器化に成功した。 英国や旧ソ連などの科学者からなる国際科学委員会は1952年に、朝鮮戦争でアメリカは日本軍の731部隊のデータをもとに細菌戦を実施したとしている。[ja.wikipedia.org] 炭疽菌、ペスト菌、野兎病菌(ツラレミア)、鼻疽菌、ブルセラ菌、コクシエラ菌(Q熱)、ベネズエラ馬脳炎ウイルス、ボツリヌス菌、ブドウ球菌エンテロトキシンB、天然痘ウイルス、マールブルグウイルス。これらのプログラムは膨大になり、52の極秘施設で5万人を超える人々を用いて実施された。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状