Create issue ticket

考えれる289県の原因 野兎病

結果を表示する: 汉语

  • 人獣共通感染症

    肝蛭症、ダニ麻痺症など 細菌性人獣共通感染症 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ症 ― サルモネラ症 ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ ― ライム ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等[ja.wikipedia.org] 鑑別診断は病変の形態によって異なるが,初回感染の結核(結核菌の接種部位に生じうる下疳),スポロトリクム症,炭疽,野兎などが考えられる。病変は自然に治癒し,治療は不要である。[msdmanuals.com] ・病原体が細菌であるもの パスツレラ感染症 、 バルトネラ症(猫ひっかき) 、結核、ペスト、野兎、ライム病、 レプトスピラ症 、サルモネラ症、 ブルセラ病 、エルシニア症、リステリア症 ※細菌は細胞を持ち、他の生物の体内に侵入して細胞の栄養を吸い取ります。また吸い取った代わりに毒素を出して侵入した先の細胞を壊します。[anicom-page.com]

  • 野兎病

    野兎(やとびょう)とは、野兎病菌Francisella tularensisを原因とする人獣共通感染症。ヒトやノウサギ(野兎)、プレーリードッグ、野生齧歯類などに感染する。家畜伝染予防法における届出伝染、感染症法における四類感染症に指定されている。日本では野兎との接触による感染が多く報告されているためこの名前がある。[ja.wikipedia.org] 野兎検査のためのキットや試薬等は、国内では販売されていない。 治療・予防 野兎では抗菌薬を用いた治療が有効で、早期の治療開始が重要である。[niid.go.jp] 野兎 流行地 野兎は、野兎病菌による感染症で、北米からヨーロッパにいたるほぼ北緯30度以北の北半球にひろく分布がみられます。[forth.go.jp]

  • 野兎病髄膜炎

    野兎検査のためのキットや試薬等は、国内では販売されていない。 治療・予防 野兎では抗菌薬を用いた治療が有効で、早期の治療開始が重要である。[niid.go.jp] 野兎 (やとびょう)とは、野兎病菌 Francisella tularensis を原因とする 人獣共通感染症 。 ヒト や ノウサギ (野兎)、 プレーリードッグ 、野生 齧歯類 などに 感染 する。 家畜伝染予防法 における届出伝染、 感染症法 における四類感染症に指定されている。[ja.wikipedia.org] 野兎 ウエストナイルウイルス感染症防疫マニュアル 口蹄疫 口蹄疫Q&A 極東における口蹄疫の発生状況 耐性菌問題 抄録PDFダウンロード シンポジウム 開催報告 シンポジウム 御意見 わが国への侵入/蔓延が危惧される動物由来感染症 野兎 (東京大学大学院 農学生命科学研究科 吉川泰弘) 古くて新しい野兎 野兎(Tularemia,[jsvetsci.jp]

  • レジオネラ髄膜脳炎

    鼻疽、ブルセラ症、ベネズエラウマ脳炎、ヘンドラウイルス感染症、発しんチフス、ボツリヌス症、マラリア、野兎、ライム病、リッサウイルス感染症、リフトバレー熱、類鼻疽、レジオネラ症、レプトスピラ症、ロッキー山紅斑熱 アメーバ赤痢、ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く)、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症、急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除[city.niigata.lg.jp] プロテオバクテリア ベネズエラウマ脳炎 H01547 ベネズエラウマ熱 ssRNAウイルス ヘンドラウイルス感染症 H01538 ヘンドラウイルス感染症 -ssRNAウイルス 発しんチフス H00322 発疹チフス プロテオバクテリア ボツリヌス症 H00339 ボツリヌス中毒症 グラム陽性菌 マラリア H00361 マラリア 原生生物 野兎[genome.jp] 、 鼻疽 、 ブルセラ症 、 ベネズエラウマ脳炎 、 ヘンドラウイルス感染症 、 発しんチフス 、 ボツリヌス症 、 マラリア 、 野兎 、 ライム病 、 リッサウイルス感染症 、 リフトバレー熱 、 類鼻疽 、 レジオネラ症 、 レプトスピラ症 、 ロッキー山紅斑熱 、 五類: アメーバ赤痢 、 ウイルス性肝炎(E型・A型を除く) 、[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp]

  • 歯齦炎

    チフス、つつが虫病 (2)有効であることが推定できるもの よう、せつ、蜂か織炎、丹毒、膿痂疹、膿皮症、毛のう炎、扁頭炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支拡張症の感染時、肺炎、肺化膿症、乳腺炎、膿胸、骨髄炎、猩紅熱、胆のう胆管炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、乳様突起炎、淋疾、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、子宮内感染、軟性下疳、ガス壊疽、ワイル病、野兎[fpmaj-saihyoka.com] 野兎 ヘリコバクター・ピロリ感染 ヘリコバクター・ピロリ感染症 胃潰瘍又は十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染 胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症 鼠咬症 鼠咬症 破傷風 破傷風 破傷風(抗毒素併用) 破傷風(抗毒素併用) ガス壊疽 ガス壊疽 ガス壊疽(抗毒素併用) ガス壊疽(抗毒素併用) リンパ節結核[fpmaj.gr.jp] (1)有効であることが実証されているもの 原発性非定型肺炎、鼠径リンパ肉芽腫、発疹チフス、つつが虫病 (2)有効であることが推定できるもの 丹毒、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、肺炎、肺化膿症、気管支拡張症の感染時、膿胸、骨髄炎、猩紅熱、胆のう胆管炎、中耳炎、副鼻腔炎、淋疾、乳様突起炎、腎盂腎炎、膀胱炎、子宮内感染、ガス壊疽、ワイル病、野兎[fpmaj-saihyoka.com]

  • クロモブラストミコーシス

    製品名 アムビゾーム点滴静注用50mg 一般名 Amphotericin B 薬効分類 抗真菌薬 抗真菌薬(アムホテリシン系) 価格 50mg1瓶:9794円/瓶 製薬会社 製造販売元: 大日本住友製薬株式会社 効能・効果 用法・容量 真菌感染症 アスペルギルス属、カンジダ属、クリプトコッカス属、ムーコル属、アブシジア属、リゾプス属、リゾムーコル属、クラドスポリウム属、クラドヒアロホーラ属、ホンセカエア属、ヒアロホーラ属、エクソフィアラ属、コクシジオイデス属、ヒストプラズマ属及びブラストミセス属による下記感染症 真菌血症、呼吸器真菌症、真菌髄膜炎、播種性真菌症[…][clinicalsup.jp]

  • 眼リンパ節型野兔病

    症状 野兎は、多くは病原体に感染してから1週間以内の潜伏期間を経て発症します。初期には、発熱や筋肉痛、倦怠感などといった感冒様症状が主体であり、野兎に特徴的な症状は必ずしもありません。 野兎病菌が侵入した部位に応じて、関連性の強いリンパ節に強い変化をもたらします。[medicalnote.jp] 野兎検査のためのキットや試薬等は、国内では販売されていない。 治療・予防 野兎では抗菌薬を用いた治療が有効で、早期の治療開始が重要である。[niid.go.jp] 野兎にかかると免疫ができます。 人獣共通感染症[mh.rgr.jp]

  • レプトスピラ性髄膜炎

    H00312 眼野兎 A211 眼リンパ節型野兎野兎 A212 肺野兎 腹部野兎 A213 胃腸野兎 全身性野兎 A217 全身性野兎 野兎 A219 野兎, 詳細不明 皮膚炭疽 A220 皮膚炭疽 H00328 肺炭疽 A221 肺炭疽 胃腸炭疽 A222 胃腸炭疽 炭疽敗血症 A227 炭疽敗血症 炭疽髄膜炎[kegg.jp] ツラレミア ツラレミアリンパ節炎 眼野兎野兎 腹部野兎 全身性野兎 野兎 炭疽 皮膚炭疽 肺炭疽 胃腸炭疽 炭疽敗血症 炭疽髄膜炎 炭疽 ブルセラ症 地中海熱 バング熱 流産熱 ブタ流産菌病 ブルセラ症 ブルセラ症性脊椎炎 マルタ熱 鼻疽および類鼻疽 鼻疽 急性類鼻疽 類鼻疽肺炎 類鼻疽敗血症 亜急性類鼻疽 慢性類鼻疽 類鼻疽[scuel.me] プロテオバクテリア ベネズエラウマ脳炎 H01547 ベネズエラウマ熱 ssRNAウイルス ヘンドラウイルス感染症 H01538 ヘンドラウイルス感染症 -ssRNAウイルス 発しんチフス H00322 発疹チフス プロテオバクテリア ボツリヌス症 H00339 ボツリヌス中毒症 グラム陽性菌 マラリア H00361 マラリア 原生生物 野兎[genome.jp]

  • 上気道感染症

    【 野兎 】 鳥類や哺乳類にも感染がみられる人畜共通感染症で、北緯30度以上の北半球に広く分布し、日本では東北・関東地方が多発地帯とされる。3 7日間の潜伏期の後、悪寒・戦慄、頭痛、筋肉痛などの風邪様症状で発症する。局所の表在リンパ節腫脹と痛み、特に腋下のリンパ節腫脹が多い。4 5日後、いったん解熱した後、再び高熱が持続する。[biseibutu.co.jp]

  • 急性膀胱炎

    慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎[gohongi-clinic.com]

さらなる症状

類似した症状