Create issue ticket

考えれる28県の原因 重炭酸塩増加

  • アシドーシス

    質問1の解答と解説: 主な病態は,Ht値の増加,白血球数の増数,高蛋白血症,高血糖,高窒素血症,高リン血症,低ナトリウム及び低クロール血症,浸透圧増加,HCO 3 -低下とSIG低下の酸塩基平衡異常であり,重度の血液濃縮と腎不全,代謝性アシドーシス,腸管内における有機酸(乳酸)の産生が推察されます.代謝性アシドーシスは,便中への炭酸損失[nichiju.lin.gr.jp] と腸管内における乳酸などの有機酸の産生増加,血液量の減少による組織中の乳酸蓄積と腎臓からの酸排泄低下に起因します.[nichiju.lin.gr.jp]

  • つわり

    【妊娠日記⑥】妊娠11 16週目 妊娠2か月目の真っただ中、6週目あたりから始まったつわり。 15 16週目まで、約2か月ほどつわりの症状に悩まされていましたが、 週を重ねるごとに体調が変化 していったのが印象的でした。 前にも書きましたが、「つわり」とひとことで言っても、常に同じ状態が続いているわけではないんですよね。 日によってつらさが違ったり、悩みそのものが異なったり。 今回は、つわりの後半時期についてつづろうと思います。 動悸やめまいがするように 私たちが住んでいるのは、マンションの4階。 エレベーターがないので、階段を上り下りする必要があります。[…][medium.com]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 幽門閉塞

    病名 肥厚性幽門狭窄症【子ども】(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう) 部位 胃 主な症状 噴水状吐乳、体重減少 診療科 症状の解説 肥厚性幽門狭窄症は生後2 3週ごろから哺乳後にミルクを吐くことから発見される病気です。男児に多くみられます。吐乳の程度がひどくなると、哺乳毎になり体重が減ってきます。また便の量も減り便秘になってきます。飲んでも吐くのですぐにおなかが減り、こどもは泣きますが、ミルクを与えてもまた吐いてしまいます。その吐き方が勢いよく1mくらい飛ぶようになるので噴水状吐乳という表現をします。 主な原因[…][kmu.ac.jp]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症(ていカリウムけっしょう)は、なんらかの原因で血清中のカリウム濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血清カリウム濃度が3.5mEq/Lを下回ることである。また、なんらかの疾病の症候のひとつ。 血清カリウムは3.7〜4.7mEq/lと狭い範囲に調節されていて、平均的な70kgの成人は約3500mEqのカリウムを有し、カリウムの約98%は細胞内液として、2%程度が細胞外に存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺結核

    肺結核の話 呼吸器科科長 座安 清 肺結核と聞いても今の若い人にとってはなじみがない病気と考えられます。高齢者にとってはかつて肺病と言われて恐れられた病気です。宮城県の結核罹患率は結核の統計2007によると全国で2番目に低く、東北全体も東京や大阪に比べてはるかに低い結核罹患率であります。しかし米国と比較するとまだ3倍も高い状態です。また高齢者の結核の割合は年々増加しており、結核に対して免疫がない若年者に感染するという事態が今後増加すると考えられます。[…][minamitohoku.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    QLifePro 医療ニュース 医療 ギラン・バレー症候群に対する医師主導治験結果発表、新規治療の可能性示唆—千葉大ら 2018年04月25日 PM12:45 重症患者の治療が困難なギラン・バレー症候群 日本医療研究開発機構( AMED )は4月23日、千葉大学病院が重症のギラン・バレー症候群の患者に対し、ヘモグロビン尿症等の治療薬として市販されているエクリズマブを投与する臨床試験を行い、その結果を発表した。この研究は、同大大学院医学研究院・神経内科学の桑原聡教授、近畿大学内科学講座・神経内科部門の楠進教授らの研究グループによるもの。研究成果は、国際医学雑誌「The Lancet[…][qlifepro.com]

  • ウイルス性肺炎
  • 呼吸性アシドーシス

    呼吸性アシドーシス[…][jaam.jp]

さらなる症状