Create issue ticket

考えれる107県の原因 重度脳損傷

  • 外傷性脳損傷

    重度損傷 重度損傷はほとんどの場合で数日間、数週間、あるいはそれ以上に長く続く意識喪失、あるいは昏睡状態を生じます。昏睡状態にある人は眠っているように見えますが、目覚めさせられることはできません。その上、刺激に対して意味のある反応もありません。[e-net.or.jp] この疾患は、外傷性損傷のうちでも、中等度外傷性損傷moderate traumatic brain injury(moderate TBI)や重度外傷性損傷severe traumatic brain injury(severe TBI)と比較すると軽症とされるが、受傷直後の意識喪失LOC、外傷後健忘PTA、グラスゴー昏睡尺度GCS[kanehara-shuppan.co.jp] しかし、重度の意識障害が生じなくても、損傷を負ったため、上下肢などの麻痺、視力・聴力障害、頭痛・めまい等の重篤な身体性症状を発症したり、また、記憶力・判断力などの認知障害や感情易変・攻撃性・自発性の低下などの人格変化などの高次機能障害が生じることもあります。[kotsujiko-law.net]

  • 脳卒中

    両者は現象としては異なるが、結果として細胞が損傷される点では共通し、半身麻痺、言語障害、意識障害などが生じることがある。重度の場合は発作により突然倒れるが、それ以前にろれつがまわらなくなるなどの初期症状が見られる場合がある。脳動脈瘤が破れるクモ膜下出血も脳卒中に含まれる。 「卒中」の語源は「卒然として中(あた)る」から。[ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    ⑨なぜこんなに転帰が不良なのか 急性硬膜下血腫の発現自体が受傷時に重度損傷を受けたことの証であるといえるかと思います。重度損傷が転帰不良に関連するのは当然のことです。また急性硬膜下血腫の増大に伴いが急激に強く圧迫されるため、たとえ受傷当初は重度損傷はなくてもごく短時間で脳(脳幹)の機能不全をきたしてしまいます。[square.umin.ac.jp]

  • 脳震盪

    脳幹症状があれば更に重症となる ・軽度びまん性軸索損傷 ・中等度びまん性軸索損傷重度びまん性軸索損傷 早期発見のポイント 外傷性損傷は脳に傷を受けたときに意識障害を生じるので、この評価を「Glasgow Coma Scale(GCS)」という測定表を用いて行います。[saiseikai.or.jp]

  • 硬膜下血腫

    ⑨なぜこんなに転帰が不良なのか 急性硬膜下血腫の発現自体が受傷時に重度損傷を受けたことの証であるといえるかと思います。重度損傷が転帰不良に関連するのは当然のことです。また急性硬膜下血腫の増大に伴いが急激に強く圧迫されるため、たとえ受傷当初は重度損傷はなくてもごく短時間で脳(脳幹)の機能不全をきたしてしまいます。[square.umin.ac.jp]

  • 血管運動の不安定性

    急性硬膜下血腫 表の静脈の損傷あるいは、挫傷が原因で硬膜の下に血の塊が貯まることです。受傷直後から頭痛や意識障害など重度の神経障害を来すことがあり、手術が必要となることがあります。[aichi-med-u.ac.jp] 通常は保存的加療を行いますが、中にはを覆う膜(硬膜)の損傷や陥没が重度の場合などでは手術を要することがあります。 振盪 外力により脳が揺さぶられることによっておこる一時的な脳の障害です。一過性の記憶障害や嘔吐、頭痛など様々な症状を来しますが、後遺症を残すことなく回復することがほとんどです。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 脳内血腫

    ⑨なぜこんなに転帰が不良なのか 急性硬膜下血腫の発現自体が受傷時に重度損傷を受けたことの証であるといえるかと思います。重度損傷が転帰不良に関連するのは当然のことです。また急性硬膜下血腫の増大に伴いが急激に強く圧迫されるため、たとえ受傷当初は重度損傷はなくてもごく短時間で脳(脳幹)の機能不全をきたしてしまいます。[square.umin.ac.jp] 脳幹症状があれば更に重症となる ・軽度びまん性軸索損傷 ・中等度びまん性軸索損傷重度びまん性軸索損傷 早期発見のポイント 外傷性損傷は脳に傷を受けたときに意識障害を生じるので、この評価を「Glasgow Coma Scale(GCS)」という測定表を用いて行います。[saiseikai.or.jp] 損傷が軽度であれば,損傷と伴わない場合と同様に治療を行います.[square.umin.ac.jp]

  • 棘突起骨折

    右上下肢運動障害、知覚障害、排尿困難、記銘力低下、5級2号、幻聴、幻覚、被害妄想、重度の記銘力障害 挫傷、肺挫傷 下肢不全対麻痺、自排尿不能、3級3号、腸骨骨採取 第一腰椎破裂骨折、馬尾損傷、膀胱直腸障害、両肺損傷、右血気胸 頭蓋内に外傷性の病変 多発脳挫傷、左下腿粉砕骨折、脳挫傷後遺症、頭部外傷後遺症、左脛骨骨折、右橈骨骨折 意識障害[jico-pro.com] 第2級 』 に認定される症状 引用元: 交通事故オンライン 伊佐行政書士事務所 認定された後遺障害 傷病名 けいれん発作、性格変化、意欲低下 頭部打撲、頭蓋骨骨折、外傷性てんかん、外傷性くも膜下出血、脳挫傷等 左片麻痺、歩行障害 頭部外傷、脳挫傷、脳内出血、頭部挫傷 記憶障害などの高次脳機能障害 頭部外傷、外傷性クモ膜下出血、びまん性軸索損傷[jico-pro.com]

  • 低酸素症

    の酸素濃度が時間異常低い状態が続いた場合の展望は低いものです。そのため、重度な頭部損傷を受けた患者は、損傷を受けた直後はに十分な酸素が届いているか確認するため、病院でモニタリングされます。 予防 特定の健康状態に注意を払うことで脳低酸素症を防ぐことができます。[msn.com]

  • 重度外傷

    この疾患は、外傷性損傷のうちでも、中等度外傷性損傷moderate traumatic brain injury(moderate TBI)や重度外傷性損傷severe traumatic brain injury(severe TBI)と比較すると軽症とされるが、受傷直後の意識喪失LOC、外傷後健忘PTA、グラスゴー昏睡尺度GCS[kanehara-shuppan.co.jp] そして、軽度外傷性損傷mild traumatic brain injury(mild TBI)は外傷性脳損傷の70%から90%を占める頻度の高い脳疾患であり、その10%から20%、報告によっては30%が慢性化する疾患である。[kanehara-shuppan.co.jp] 等の評価から軽度と呼ばれているだけであり、実際の臨床経過は必ずしも軽度ではなく、中等度、重度と呼ばれるに値する例がみられる。[kanehara-shuppan.co.jp]

さらなる症状