Create issue ticket

考えれる20県の原因 重度痙性四肢麻痺

  • コーツ・プラス症候群

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 幼児の半身麻痺 

    で発症し,運動退行した 5歳女児 K-3.最重度仮死で出生し,呼吸がしばしば停止する四肢麻痺の 1歳男児 L.発作性筋痛・筋脱力 L-1.6歳で発作性脱力発作が初発し,最近年に数回繰り返す15歳男児 L-2.発作性筋痛を連日訴える運動が苦手な12歳女児 L-3.6歳頃より特に運動後に下肢痛を訴える8歳男児 L-4.3歳頃より運動後筋痛と[shindan.co.jp] J-5.部位や程度が変動する弛緩性片麻痺を10カ月より頻回に繰り 返す2歳男児 J-6.15歳頃より右手を使わなくなった,知的障害とてんかんをも つ16歳女性 J-7.生後4カ月に気づかれた右片麻痺と精神運動発達遅滞を呈する 8カ月女児 K.無呼吸 K-1.睡眠時無呼吸に気づかれた発音不明瞭な3歳女児 K-2.2歳で筋緊張低下と夜間中枢無呼吸[shindan.co.jp]

  • 自己免疫性脳炎

    後遺症として高率に知的障害を残し、重症例では四肢麻痺など最重度の運動障害を残す。 5. 合併症 疾患自体の合併症は知られていないが、長期にわたり抗てんかん薬の持続静注を行うことにより呼吸循環抑制、無気肺、血栓症、敗血症等が問題となる。 6.[nanbyou.or.jp]

  • 中枢神経系嚢胞

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 26型

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 白質脳症を伴う常染色体劣性痙攣性運動失調

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 21型

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 32型

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    白質路の障害によりほぼ例外なく小児期早期には筋緊張低下として現れる運動障害が引き起こされ,時間の経過とともにに進展する.運動障害の程度は軽度の麻痺から随意運動が制限される重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼,(時には)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.痙性は側弯や大関節脱臼などの整形外科的合併症[grj.umin.jp] へと進行する.この運動障害は軽度の麻痺から随意運動を制限する重度四肢麻痺まで様々である.さらに,運動機能障害は嚥下,咀嚼および(症例により)呼吸といった生命機能を著しく障害する可能性が高い.疾患により異なる他の所見として錐体外路性運動異常(ジストニアやジスキネジア),失調,けいれん,認知発達の遅延や認知機能変化が挙げられる.[grj.umin.jp] 2014.02.06.日本語訳最終更新日: 2017.03.24 原文 Leukodystrophy Overview 要約 疾患の特徴 白質ジストロフィーは中枢神経系の白質が障害される遺伝性の髄鞘疾患であり,末梢神経系の髄鞘は障害される場合とされない場合がある.白質路の障害はほぼ例外なく運動障害をもたらし,幼児期早期に筋緊張低下として現れ,経過とともに[grj.umin.jp]

さらなる症状