Create issue ticket

考えれる2県の原因 重度小顎症

  • 難治性下顎症候群

    小下顎症または小顎症とは下あご(下顎骨)の発達が悪く、上あご(上顎骨)に対して下顎骨が後退した変形です( 図1 )。他の顎変形症と同様に遺伝的な因子も関与しますが、幼小児期の下顎骨の骨折やあごの関節の炎症などによっても起こります。また、生まれつき高度の小下顎症を来す疾患もあります。元来、日本人は下顎が小さい傾向にあるため、下顎の過成長による受け口(下顎前突症)が変形として認められるのに対して、小下顎症は異常として見られることが少ない傾向にあります。[…][jsprs.or.jp]

  • D-2-ヒドロキシグルタル酸性尿がある骨幹端軟骨腫症

    本疾患の主な特徴に加えて、重度型の兆候及び症状として、エネルギーの喪失(傾眠)、嘔吐のエピソード、突出した額又は非常に小さい下)等の顔面の異常、視力異常、脆弱化及び肥大化した心臓(心筋症)、並びに呼吸異常が通常挙げられる。(D)-2-ヒドロキシグルタル酸尿症の軽度型の発現は、一般的に生後6ヶ月〜3歳で生ずる。[biosciencedbc.jp]

さらなる症状