Create issue ticket

考えれる6県の原因 重度上気道閉塞

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    第66病日に再度Tチューブを設置したが、第67,69病日に重度のパンティングと高体温を伴った上気閉塞による呼吸困難が再燃した。声門浮腫も再発していた。両日とも気管内挿管下呼吸管理を必要とした。離脱後、鎮静剤投与と外部冷却を行うも12日間で3回喘鳴あり管理困難となった。 永久気管ろう造設術 第80病日。[sagamigaoka-ac.com]

  • 脊椎骨軟骨症

    閉塞が気管切開を要する程度に重度である稀な場合,上気閉塞を緩和させるため,顔面中央部を隆起させる外科的介入を行う[Elwood et al 2003]. 中耳機能障害 必要に応じて,頻回の中耳感染,持続性中耳分泌液,その結果生じた難聴に対する通常の管理を行うべきである.[grj.umin.jp]

  • 先天性乳び胸症

    喉頭小嚢外反および軟口蓋過長症により上気閉塞(ストライダー)を示したパグの1例 c. 重度の喘鳴症状と頻回のチアノーゼを示したフレンチブルに軟口蓋切除術を実施し著明な改善を得た1例 d. 異常に大きないびきと低酸素血症を認めたキャバリアに軟口蓋切除術を実施し、血液ガス値が正常化した1例 e.[sagamigaoka-ac.com]

  • アカラシア - 小頭症症候群

    一時的気管切開にて外鼻孔狭窄整復術、軟口蓋過長整復術、喉頭小嚢切除術)69例 180925更新 喉頭麻痺に対する片側披裂軟骨側方化術 23例 181225更新 重度上気閉塞性疾患に対する永久気管切開術 66例 180925更新 肺葉切除術 9例 180817更新 広範浸潤に進展した悪性喉頭腫瘍に対する喉頭全摘術 4例 180429[sagamigaoka-ac.com]

  • 肢根型点状軟骨異形成症 3型

    閉塞が気管切開を要する程度に重度である稀な場合,上気閉塞を緩和させるため,顔面中央部を隆起させる外科的介入を行う[Elwood et al 2003]. 中耳機能障害 必要に応じて,頻回の中耳感染,持続性中耳分泌液,その結果生じた難聴に対する通常の管理を行うべきである.[grj.umin.jp]

  • 軟骨無発生症, タイプ 1A

    閉塞が気管切開を要する程度に重度である稀な場合,上気閉塞を緩和させるため,顔面中央部を隆起させる外科的介入を行う[Elwood et al 2003]. 中耳機能障害 必要に応じて,頻回の中耳感染,持続性中耳分泌液,その結果生じた難聴に対する通常の管理を行うべきである.[grj.umin.jp]

さらなる症状