Create issue ticket

考えれる54県の原因 重度の発達遅延

  • 自律神経性ニューロパチー

    発達の進行は、健常者と同様に推移するか軽度の遅延が認められるに過ぎないが、重度の学習障害が発生する可能性がある。一般的に、多動および情緒不安定が認められる。 診断・検査 リン酸ヒスタミンの皮内注射後に軸索性紅斑は認められないが、このことはHSANの全ての型に共通する所見であり、HSAN IVに特異的なものではない。[grj.umin.jp]

  • パトウ症候群

    また、生後1年を迎えることができても、痙攣や癇癪などの発作が出たり、知的障害や運動障害、精神発達遅延が残ります。そうした 重度な障害児を育てるには、専門家のアドバイスが必要 です。 ママやパパだけで現実に対処するのではなく、周囲のサポートを積極的に受けて、我が子にできることをしてあげてくださいね。[hugooo.jp]

  • ヨウ化物中毒

    妊娠女性の場合、この重症度のヨウ素欠乏症は胎児に重大な神経発達障害や発育遅延を生じ、流産や死産を引き起こす可能性がある[ 5 ]。子宮内(生前)における慢性の重度ヨウ素欠乏症は、クレチン病(精神遅滞が特徴)、ろうあ、骨格筋緊張亢進、発育不全、性成熟遅延、その他の身体的・神経学的異常の原因となる[ 5 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • ヨウ素中毒

    妊娠女性の場合、この重症度のヨウ素欠乏症は胎児に重大な神経発達障害や発育遅延を生じ、流産や死産を引き起こす可能性がある[ 5 ]。子宮内(生前)における慢性の重度ヨウ素欠乏症は、クレチン病(精神遅滞が特徴)、ろうあ、骨格筋緊張亢進、発育不全、性成熟遅延、その他の身体的・神経学的異常の原因となる[ 5 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 白質脳症 - 関節炎 - 大腸炎 - 低ガンマグロブリン血症

    データセット情報 人口動態調査 / 人口動態統計 確定数 保管統計表(報告書非掲載表) 死因 データセットに戻る 政府統計名 人口動態調査 調査の概要 人口動態調査は、我が国の人口動態事象を把握する上で重要な統計調査です。同調査は戸籍法及び死産の届出に関する規程により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象として、毎月実施されます。[…][e-stat.go.jp]

  • 自律神経障害

    発達の進行は、健常者と同様に推移するか軽度の遅延が認められるに過ぎないが、重度の学習障害が発生する可能性がある。一般的に、多動および情緒不安定が認められる。 診断・検査 リン酸ヒスタミンの皮内注射後に軸索性紅斑は認められないが、このことはHSANの全ての型に共通する所見であり、HSAN IVに特異的なものではない。[grj.umin.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    症候性のCMD:分子遺伝学 先天性筋ジストロフィーという大きな分類のなかで,症候性先天性筋ジストロフィーは以下の2つの点で特徴的である.(1)臨床症状として,筋以外の多臓器において症状を呈し,また重度の脳奇形,成長発達遅延がみられる(2)生化学的,分子学的観点から,原因遺伝子の欠損によりαジストログリカンやその他の未知の蛋白の翻訳後の修飾に[grj.umin.jp] 筋緊張性ジストロフィー1型(DM1) 骨格筋や平滑筋,目,心筋,内分泌系,また中枢神経系にも症状の出る全身性疾患である.症状は非常に軽微な例から重症例まで多彩である.先天性DM1は重症型の早期発症に分類され,筋緊張低下と出生時の全身性の重度の筋弱力が特徴でしばしば呼吸不全を起こし早期に亡くなることもある.精神発達遅延を一般的に認める.原因遺伝子[grj.umin.jp] Muscle-eye-brain disease (MEB) 新生児期の筋緊張低下,発達遅延,眼部の異常がMEBの特徴である.MEB病で見られる症状は重症で寝たきり(例,座位不可能,定頸不能,重度視力障害)から,やや軽症(数年間は歩行可能,視力障害も軽度)まで幅がある.発語は症状の軽度から中程度の患者で可能である.しかし,語彙は数語と限られる[grj.umin.jp]

  • 小麦不耐性

    セリアック病、その他の自己免疫疾患 「セリアック病」とは、小腸の炎症により、栄養素が吸収できなくなる重度の栄養障害の病です。貧血や骨粗しょう症・発達遅延・精神障害・下痢・頭痛・湿疹・不妊など様々な問題を引き起こします。[miyazawaclinic.net]

  • ビオチニダーゼ欠損症

    精神運動発達重度遅延する[ Garci a-Cazorla et al 2006 , Wang et al 2008 ].[grj.umin.jp]

  • カルニチン欠乏

    カルニチン欠乏症が疑われる臨床症状として、 けいれん 意識障害 重度の倦怠感 脳症 頻回嘔吐 精神・運動発達遅延 呼吸異常―などを挙げている。 こうした症状や低ケトン性低血糖や高アンモニア血症、肝機能異常などが検査で分かった場合、カルニチンの血中濃度などを調べる検査を行うことを推奨。[doctor.mynavi.jp] 疑われる臨床症状としては、意識障害、けいれん、筋緊張低下・筋力低下・重度のこむら返り・重度の倦怠感、横紋筋融解症、脳症、空腹・感染で誘発される嘔吐、頻回嘔吐、精神・運動発達遅延、体重増加不良、呼吸の異常、心肥大・心筋症・心機能低下および突然死(あるいはその家族歴)、反復性Reye様症候群などである。[ameblo.jp]

さらなる症状

類似した症状