Create issue ticket

考えれる1県の原因 部分的に視神経萎縮症

  • ビオチニダーゼ欠損症

    年長の小児も、脱毛、運動失調、発達遅延、神経感覚性聴覚障害、視神経萎縮、及び再発性感染を有することがある。部分ビオチニダーゼ欠損症の個人は、特にストレス時に、低血圧、皮膚発疹、及び脱毛を有することがある。一旦検出されると、ビオチニダーゼ欠損症はしばしば、ビオチン投与により治療可能である。[biosciencedbc.jp]

さらなる症状