Create issue ticket

考えれる35県の原因 部分トロンボプラスチン時間増加

  • 凝固異常
  • 門脈性肝硬変

    肝臓の解剖・生理 肝臓は右上腹部に位置する臓器で、代謝や解毒といった体を支えるはたらきをしています。肝臓は肋骨に囲まれているので、通常は体表から触れることはできません。肝臓にできる肝がんは、肝臓から生じる原発性肝がんと、大腸など他臓器のがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんの大きく二つに分類されます。ここでは原発性肝がんのほとんどを占める肝細胞がんについて説明します。 肝細胞がん 原因[…][med.akita-u.ac.jp]

  • 大結節性肝硬変

    HOME 一般のみなさまへ 人間ドックの検査項目 腹部超音波 腹部超音波 腹部超音波 の検査をします。 このページを印刷する 検査の内容 腹部皮膚表面部分に超音波を発信する装置をあてます。 内臓からの反射波をその装置が受けとり、電気信号にかえてモニターに写します。 きれいな画像が得られるように、装置をあてる部分にはゼリーを塗ります。 検査でわかること 肝臓、すい臓、腎臓に腫瘍があるか、胆のうには 胆石 などがあるかを調べます。 超音波検査では、超音波が入りにくい部分があるため、全域を観察できないことがあります。 特にすい臓は奥深い場所にあるため、見にくくなります。 肝(かん) 肝血管異常[…][ningen-dock.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • イソニアジド肝炎

    鎮痛剤 […]ブスコパン 、ペンタジン 、ジクロフェナク、トラマドール 解熱剤 […]ピラゾロン誘導体:アミノピリン、アンチピリン 向精神薬 […]バルビツール酸系、エスクロルビノール、グルテチミド、ヒドロキシジン、メプロバメート、ネルボン 、ロヒプノール 、アンフェタミン、トリクロホスナトリウム 抗けいれん薬 […]バルビツール酸系、カルバマゼピン、フェニトイン系、オスポロット 、プリミドン、ラモトリギン、スクシイミド系、トリメタジオン、バルプロ酸 麻酔薬 […]リドカイン、バルビツール酸系、フルロキセン、クロロホルム、コカイン、チアミラール、チオペンタール 降圧薬(利尿薬) […]アプレゾリン 、アルドメット[…][sakuratomonokai.com]

  • 全身性エリテマトーデス

    全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、英語: Systemic lupus erythematosus; SLE, ドイツ語: Lupus erythematodes)とは、なんらかの原因によって種々の自己抗体を産生し、それによる全身性の炎症性臓器障害を起こす自己免疫疾患。産生される自己抗体の中でも、抗DNA抗体は特異的とされる。特定疾患(難病)に指定されている。動脈硬化性心血管病による死亡率および罹病率も高い。 全身性は文字通り体中どこにでも症状が起こること、エリテマトーデスは紅斑(エリテマ)症をそれぞれ意味し、本疾患に特徴的に生じる皮疹に由来する。英語の病名中にある lupus[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝臓疾患

    2017/01/16 肝臓疾患 C型肝炎について C型肝炎は、容易に治癒を目指せる時代になりました C型肝炎とは、C型肝炎ウィルス(HCV: hepatitis... 詳しく見る[…] 1[tanaka-hsp.or.jp]

さらなる症状