Create issue ticket

考えれる461県の原因 遺伝性腎炎

  • 遺伝性腎炎

    家庭医学館 の解説 いでんせいじんえん【遺伝 Hereditary Nephritis】 [どんな病気か] いわゆるアルポート症候群(しょうこうぐん)と呼ばれているもので、遺伝進行性 に神経性(感音性)難聴(なんちょう)などをともなうものをいいます。[kotobank.jp] 遺伝は,遺伝的に不均一な疾患であり,血尿,腎機能障害,感音難聴および眼球異常を特徴とする。原因は,IV型コラーゲンに影響を及ぼす遺伝子の突然変異である。症状と徴候は腎炎症候群のものであり(血尿,タンパク尿,高血圧,最終的に腎機能不全),しばしば感音難聴を伴い,より頻度は低いが眼症状が発生する。[msdmanuals.com] 遺伝は通常、X染色体にある特定の遺伝子の異常が原因で発生しますが、ときに常染色体にある別の遺伝子の異常によって引き起こされることもあります。この遺伝子をもっている人での重症度には、他の要因が影響を及ぼします。遺伝は慢性腎臓病を引き起こす可能性があり、ときには腎機能のほとんどが失われます(腎不全)。[msdmanuals.com]

  • 高血圧症

    高血圧の原因 高血圧 分 類 疾患、病態 本態(約90%) 遺伝歴濃厚 二次(約10%) 性 腎実質性 腎、糖尿病 腎血管性 線維筋性異型性、動脈硬化 内分泌性 副腎皮質性 原発性アルドステロン症、クッシング症候群 副腎髄質性 褐色細胞腫 甲状腺性 バセドウ氏病、甲状腺機能低下症 副甲状腺性 副甲状腺機能亢進症 下垂体性 クッシング[kompas.hosp.keio.ac.jp] 残りの10%は 二次高血圧症 と言いや内分泌異常等によるもので外科的 処置等で完治できる病気も含まれる群です。[kobe-med.or.jp] 高血圧 症の 90%までを占める本態は, 原因 がまだ不明であるが,遺伝,生活環境,食餌などが誘因と考えられている。は,腎その他の腎臓疾患により,まず尿に変化が起り,次いで高血圧となる。内分泌性は,下垂体,甲状腺,副腎などの機能の異常が原因になる。[kotobank.jp]

  • 本態性高血圧症

    高血圧の原因 高血圧 分 類 疾患、病態 本態(約90%) 遺伝歴濃厚 二次(約10%) 性 腎実質性 腎、糖尿病 腎血管性 線維筋性異型性、動脈硬化 内分泌性 副腎皮質性 原発性アルドステロン症、クッシング症候群 副腎髄質性 褐色細胞腫 甲状腺性 バセドウ氏病、甲状腺機能低下症 副甲状腺性 副甲状腺機能亢進症 下垂体性 クッシング[kompas.hosp.keio.ac.jp] 残りの10%は 二次高血圧症 と言いや内分泌異常等によるもので外科的 処置等で完治できる病気も含まれる群です。[kobe-med.or.jp] 高血圧 症の 90%までを占める本態は, 原因 がまだ不明であるが,遺伝,生活環境,食餌などが誘因と考えられている。は,腎その他の腎臓疾患により,まず尿に変化が起り,次いで高血圧となる。内分泌性は,下垂体,甲状腺,副腎などの機能の異常が原因になる。[kotobank.jp]

  • 腎機能障害

    慢性腎臓病の原因として多いのは、糖尿病による糖尿病症、慢性糸球体、高血圧による硬化症(じんこうかしょう)、遺伝疾患である多発性嚢胞(たはつせいのうほうじん)などの病気です。慢性糸球体腎が疑われ、蛋白尿の量が多い場合などでは、 腎生検 を行うことがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] それから腎臓に 害のある薬剤や化学物質の暴露によるもの 、あるいは腎臓の炎症である、 細菌によって引き起こされる腎盂なども繰り返せば不全に陥ります。 あるいは遺伝の腎臓疾患で徐々に起こることもあります。[med.nihon-u.ac.jp] 一次性 二次性 遺伝・先天性 糸球体疾患 IgA症 膜性腎症 微小変化型ネフローゼ症候群 巣状分節性糸球体硬化症 半月体形成性腎 膜性増殖性糸球体腎炎 糖尿病性 ループス腎炎 顕微鏡的多発血管炎 (ANCA関連血管炎) 肝炎ウィルス関連腎症 良性家族性血尿 Alport症候群 Fabry病 血管性疾患 高血圧性腎症(腎硬化症) 腎動脈狭窄症[tokushukai.or.jp]

  • 家族性間質性腎炎

    アルポート症候群 (アルポートしょうこうぐん、 英 : Alport syndrome )は感音 難聴 、眼異常を伴う遺伝の進行である。 概要 [ 編集 ] 神経難聴を伴う家族遺伝で 伴優性遺伝 のものが多い。幼児期には血尿のみであるが年齢とともに蛋白尿が出現し、20歳前後までに 不全 に陥る。[ja.wikipedia.org] 小児の遺伝または家族疾患 ブックマーク: 1) アルポート症候群 2) 良性家族血尿 アルポート症候群 遺伝進行性で、頻度は約5,000人に一人です。一般に男性に多く、 小児期から青年期に発症 します。最近原因が解明されつつありますが、 神経性難聴 や 眼症状 などを伴うことが多く、早期にはわからないことがあります。[plaza.umin.ac.jp] 代表的なものとしては、鎮痛剤やビタミンDの服用による薬剤障害(間質)です。ほかには、遺伝疾患である 多発性嚢胞 もあります。現在、透析患者さんの3%近くが、多発性嚢胞腎を原疾患に持つといわれています (*1) 。家族に同じ病気の方がいれば早く発見できますが、そうでない場合は発見が遅れてしまいます。[jinentai.com]

  • 慢性腎不全

    それから腎臓に 害のある薬剤や化学物質の暴露によるもの 、あるいは腎臓の炎症である、 細菌によって引き起こされる腎盂なども繰り返せば不全に陥ります。 あるいは遺伝の腎臓疾患で徐々に起こることもあります。[med.nihon-u.ac.jp] 一次性 二次性 遺伝・先天性 糸球体疾患 IgA症 膜性腎症 微小変化型ネフローゼ症候群 巣状分節性糸球体硬化症 半月体形成性腎 膜性増殖性糸球体腎炎 糖尿病性 ループス腎炎 顕微鏡的多発血管炎 (ANCA関連血管炎) 肝炎ウィルス関連腎症 良性家族性血尿 Alport症候群 Fabry病 血管性疾患 高血圧性腎症(腎硬化症) 腎動脈狭窄症[tokushukai.or.jp]

  • 腎疝痛

    の特徴 17.IgA症の診断基準 18.IgA症の予後に影響する因子 19.IgA症の治療指針 20.遺伝 21.成人ネフローゼ症候群の診断基準 22.ネフローゼ症候群の原因 23.ネフローゼ症候群の病態生理 24.ネフローゼ症候群の鑑別 25.微小変化型と巣状糸球体硬化症の鑑別 26.微小変化型ネフローゼ症候群の治療方針 27[chugaiigaku.jp] 治療指針 6.急速進行性糸球体腎炎症候群 7.急速進行性腎炎の原因 8.急速進行性糸球体腎炎の臨床像 9.溶連菌感染症後急性腎炎と特発性半月体形成性腎炎の鑑別 10.急速進行性糸球体腎炎の治療指針 11.慢性糸球体腎炎症候群 12.慢性腎炎の診断基準 13.腎炎の治療指針 14.腎疾患の治療法 15.副腎皮質ステロイドによる治療法 16.IgA[chugaiigaku.jp]

  • 糸球体腎炎

    続発性腎疾患の中で膠原病によるものもあり、特に全身性エリテマトーデス(SLE)によっておこる ループス が多くみられます。その他、小児科領域に多い遺伝や、成人しても腎炎が治らない腎炎もあり、さらに薬物により腎臓が障害される疾患もあります。[ohta-hp.or.jp] 糸球体は、むくみ(浮腫)、高血圧および尿中での赤血球の検出を特徴とします。 糸球体は、感染症、遺伝疾患、自己免疫疾患など、様々な病気が原因で発生します。 診断は、血液検査と尿検査の結果に基づいて下され、場合によっては画像検査や腎臓の生検も行われます。[msdmanuals.com] IgA腎症 、一次性膜性増殖性腎炎などの一次性(原発性)以外に、全身性エリテマトーデス、紫斑病などの全身性疾患に伴う二次(続発)のもの、そして菲薄基底膜症候群などの遺伝のものがある。なお、慢性糸球体のなかで、IgA腎症が最も多く、約40%を占めている。[clinicalsup.jp]

  • 急性腎不全

    腎乳頭壊死に伴う間質性腎炎 1.急性感染性間質性腎炎(急性腎盂腎炎) 7)重金属で惹起されたもの 2.全身性感染に伴う急性間質性腎炎 8)急性尿細管障害/壊死 3.慢性感染性間質性腎炎(慢性腎盂腎炎) 1.挫滅性障害 4.特異的感染症 2.広汎熱傷 2)薬剤性(上記参照) 3.ショック 1.急性薬剤性尿細管中毒性障害 4.不適合輸血 2.慢性薬剤間質[nms.co.jp] 5.ミオグロビン尿症 3)免疫異常が関連 9)代謝異常に起因するもの 1.尿細管抗原に対する抗体 10)遺伝尿細管間質異常 2.自己または外因性の抗原抗体複合物 11)腫瘍性疾患に関連したもの 3.細胞性免疫の関与する過敏症 12)糸球体疾患に伴うもの 4.即時型(IgE型)過敏症 13)血管系疾患によるもの 4)尿路閉塞によるもの 14[nms.co.jp]

  • 抗因子H抗体がある非定型溶血性尿毒症症候群

    表 話 編 歴 腎 ・ 泌尿器 系の疾患 疾患 糸球体 病変 急性糸球体腎炎 IgA腎症 急速進行性糸球体 慢性糸球体 ネフローゼ症候群 原発 微小変化群 巣状糸球体硬化症 膜症 膜増殖糸球体 遺伝 アルポート症候群 良性家族性血尿 尿細管 機能障害 ファンコーニ症候群 バーター症候群 ギッテルマン症候群 リドル[ja.wikipedia.org]

さらなる症状