Create issue ticket

考えれる51県の原因 遺伝性出血性毛細血管拡張症

  • 肝血管腫

    肝腫瘍の中で最も頻度の高い良性の腫瘍です。血管腫は太い血管が密に増生した病変で、健診の際に偶然にみつかります。エコー検査で特徴的な像を呈すれば診断は容易ですが、まれに初期の肝細胞がんと所見が似ていることがあり、CTかMRIで鑑別診断を行う必要があります。脂肪肝のなかに血管腫ができた場合も、エコーでは確定診断が難しく、やはり、CTかMRIが必要です。典型的な所見でない場合は、肝生検するか、定期的な観察が必要です。肝血管腫でも増大して腹痛や圧迫感などの症状が出てきた時は切除の適応と考えられます。[tobu-hp.or.jp]

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症

    トップページ 内科  遺伝出血毛細血管拡張 遺伝出血毛細血管拡張 遺伝出血毛細血管拡張は、血管支持組織の病変等で紫斑の出る血管性紫斑病のひとつで、皮膚、臓器等の毛細血管が出血するものです。 原因 先天的に毛細血管が薄く、血管が血圧に押されて拡張するために起こります。[b-net.tv] HOME 心臓病の知識 心臓病用語集 あ行 遺伝出血毛細血管拡張 (HHT) いでんせいしゅっけつせいもうさいけっかんかくちょうしょう 全身の毛細血管に異常があり、出血が起きることがある常染色体優性の遺伝の疾患。 この病気の遺伝子は、親から子へと伝わる。10万人に1人から2人の頻度で発生する。鼻出血や消化管出血を繰り返す。[jhf.or.jp] 遺伝出血毛細血管拡張(hereditary hemorrhagic telangiectasia; HHT)とも呼ばれる。 疫学・疾患概要 [ 編集 ] ALK1およびTIE2 遺伝子 などの変異により、 血管 構築が維持できなくなり、拡張した毛細血管が形成される。それにより容易に出血を起こす [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • ヴォン・ヴィレブランド病

    フォン・ウィルブランド病(Von Willebrand disease、略称vWD)は、出血傾向の異常を主徴とする疾患のこと。 フォン・ウィルブランド因子(VWF)の遺伝的欠損症で血小板の機能異常をおこす。通常は常染色体優性遺伝だが常染色体劣性遺伝例もみられる。症状は紫斑、鼻出血、歯肉出血、粘膜出血などの表在性の出血、また血便、消化管出血、性器過剰出血もみられる。VWFの量的欠損の1型と質的異常の2型、完全にVWFが生成されない3型に分けられる。1型の患者が最も多く、3型の患者はもっとも重症例となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 青色ゴムまり様母斑症候群

    常染色体優性遺伝 するとされています.第 9染色体の短腕に遺伝子が存在します.これは、静脈性血管奇形 venous malformationと同じ場所です.男性女性とも同じ頻度とされます.生まれつきに皮膚病変が認められる場合や早い時期に認められる場合もあれば、大人になってから顕在化する場合もあります.消化管症状は、通常、大人になってから現れます.遺伝出血毛細血管拡張[komiyama.me]

  • 動静脈瘻

    前者の場合は、遺伝出血毛細血管拡張(オスラー病)という病気の患者に起こることが多いとされています。[tokushima.med.or.jp] また、本疾患と遺伝出血毛細血管拡張との関連が指摘されています。その場合は繰り返す鼻血や皮膚粘膜の毛細血管の拡張、他の部位にも動静脈瘻が多発することや同様の症状が家族内でもみられることが特徴とされています。遺伝出血毛細血管拡張は欧米においては70 90%と高率ですが、わが国では12 18%とそれほど多くはありません。[tokushukai.or.jp]

  • 十二指腸憩室

    20 高周波焼灼術:10 クリップ止血:6 十二指腸憩室出血 2 クリップ止血:1 吻合部潰瘍 2 高周波焼灼術:1 遺伝出血毛細血管拡張 1 アルゴンプラズマ焼灼術:1 胃ESD後出血 1 高周波焼灼術:1 胃生検後出血 1 下部消化管出血(炎症性腸疾患を除く) 疾患 患者数 治療内容 小腸出血 4 大腸憩室出血 45 クリップ止血[hospital.luke.ac.jp] 特発性食道裂創 1 食道静脈瘤破裂 19 結紮術:14 硬化療法:3 胃静脈瘤破裂 9 結紮術:4 クリップ止血:4 ヒストアクリル局注:1 急性胃粘膜病変 2 胃癌 5 グリップ止血:4 高周波焼灼術:1 胃悪性リンパ腫 1 胃粘膜下腫瘍 1 出血性胃潰瘍 60 高周波焼灼術:31 クリップ止血:21 アルゴンプラズマ焼灼術:1 血管塞栓術:1 出血十二指腸潰瘍[hospital.luke.ac.jp]

  • 悪性血管内皮腫

    また、腫瘍が頸動脈などに浸潤して出血するような場合は、血管内治療によりその動脈を閉塞しなければならない場合もあります。遺伝出血毛細血管拡張では、鼻粘膜の血管拡張により重症な鼻出血が起こることが多く、その場合血管内治療が必要となります。[hospital.luke.ac.jp] 毛細血管奇形を伴う症候群はいくつもありますが、脳や脳血管の奇形を合併するものとしては、スタージウェーバー症候群、遺伝出血毛細血管拡張、CM-AVM症候群などがあります。毛細血管奇形そのものに対しては、レーザー治療が主で、血管内治療の対象にはなりません。ただし、合併する脳血管奇形は血管内治療の対象になることがあります。[hospital.luke.ac.jp]

  • 鼻中隔偏位

    オスラー病(遺伝出血毛細血管拡張)という全身の血管に異常がおこり、鼻出血がおこりやすくなる難病も存在します。 2)全身的要因 血液疾患(白血病や血小板減少症、血友病など)が原因で鼻出血を繰り返すことがあります。血液検査を行い、血小板や凝固因子に異常がないか調べることが必要です。[ent-sc.jp] 1)局所的要因 アレルギー性鼻炎、感冒、副鼻腔炎などの鼻の病気があると鼻水やかゆみのため、鼻をいじったり、鼻をかむ機会が増え、キーゼルバッハ部位に圧力がかかり、鼻出血がおこります。そのほか可能は低いですが、血管腫や鼻腔がんからの出血のこともあります。[ent-sc.jp]

  • 肺血管腫

    管腫 肘関節部のう胞リンパ管腫 頚部のう胞リンパ管腫 膝窩部のう胞リンパ管腫 食道リンパ管腫 遺伝出血毛細血管拡張 遺伝出血性末梢血管拡張症[scuel.me] 多発性海綿状血管腫 大腿血管腫 大腸血管腫 乳腺血管腫 肺硬化性血管腫 脾血管腫 腹部血管腫 膀胱血管腫 母指血管腫 脈絡膜血管腫 腰部血管腫 涙のう部血管腫 頬粘膜血管腫 リンパ管腫,全ての部位 リンパ管腫 血管リンパ管腫 前胸部リンパ管腫 大腿リンパ管腫 のう胞性リンパ管腫 背部リンパ管腫 肘関節部リンパ管腫 腹腔内リンパ管腫 足関節部のう胞リンパ[scuel.me]

  • 大理石様皮膚毛細血管拡張 先天性

    全身の血管に異常が生じることで発生する疾患 オスラー病は、全身の血管に異常(血管奇形)が生じた結果、出血症状が現れる遺伝の疾患です。遺伝出血末梢血管拡張あるいは遺伝出血毛細血管拡張とも呼ばれています。[medicalnote.jp] (オスラー-ウェーバー-ランデュ症候群)、毛細血管拡張性運動失調症、酒さ(酒さ性ざ瘡としても知られる)、基底細胞癌、強皮毛細血管拡張母斑(telangiectatic nevus)、片側母斑毛細血管拡張、先天毛細血管拡張大理石様皮膚、遺伝出血毛細血管拡張である。[ipforce.jp] 成人になってから発病するケースが多い 遺伝性の疾患というと、生まれたときから発病していることをメージする方もいるかもしれませんが、乳幼児や小児の時期にオスラー病を発病する方は非常に少ないといわれています。異常な遺伝子が受け継がれたとしても発病する時期は成人以降が多く、高齢になってから発病するケースもあります。[medicalnote.jp]

さらなる症状