Create issue ticket

考えれる93県の原因 遷延性咳嗽

  • 慢性副鼻腔炎

    手術紹介 大村耳鼻咽喉科で主に行っている手術をご紹介させて頂きます。 副鼻腔内視鏡手術 慢性副鼻腔炎を外科的に治療する手術です。 慢性副鼻腔炎・ちくのう症については、以下をご覧下さい。 副鼻腔内視鏡手術とは? これまでの慢性副鼻腔炎の手術は、上アゴの歯ぐきの部分を切って、ほほ骨にも穴を開けて、という大掛かりな手術でしたが、現在では内視鏡(ファイバースコープ)を使って、鼻の穴からの手術が行うことができるようになりました。これにより、手術時間はもちろん、患者さん自身の術後の負担が大幅に軽減されました。これまで慢性副鼻腔炎の完治をあきらめていたいた方も、再度検討して頂く価値はあると思います。[…][omura-ent.or.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第3回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年7月27日(火) 14:00 16:00 場所 厚生労働省19階 専用第27会議室 議事 生活習慣病対策室長 それでは、定刻となりましたので、ただいまから「第3回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきたいと思います。 委員の皆様方には、何かと非常に御多忙の折、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。[…][mhlw.go.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    その後、「せき」の持続期間が長くなるとともに、非感染疾患を原因とする遷延・慢性咳嗽の頻度が増加します。 「せき」を止めるには わが国における遷延咳嗽・慢性咳嗽の3大原因疾患は、咳ぜん息、アトピー咳嗽及び副鼻腔気管支症候群であり、いずれも治療法が異なります。[nakajimaclinic.net] ,8週間以上続くせきを 慢性咳嗽 と言います.急性のせきは多くが感染症が原因ですが,長引くにつれて感染症以外の原因が増えてきます.遷延咳嗽,慢性咳嗽の原因で,頻度の高い代表的なものを次に示します.[nkoya.jp] 遷延咳嗽(3 8 週間) 遷延咳嗽の多くは、上気道炎後に咳が残る「感染後咳嗽」ですが、最近では「百日咳」も増えています。症状が強ければ、咳止めを服用してもらう事もありますが、自然軽快する事がほとんどです。しかし、肺癌や間質性肺炎、喘息などが隠れていることがありますので、長引く場合はレントゲンなどの検査をお動めします。[kouritu-cch.jp]

  • RSウイルス感染症

    RSウイルス感染症について RSウイルス感染症は、毎年冬に流行しますが、今年は例年より早く流行期に入りました。乳幼児が感染すると、重い肺炎や気管支炎を引き起こし、重症化する傾向があるので注意が必要です。 RSウイルスとは? ・感染、発症すると呼吸器系の疾患を引き起こすウイルスです。 ・感染力は非常に強く、生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ100%の乳幼児に感染すると言われています。 ・一度感染しても免疫が十分にできないため、大人になってからも何度も感染と発病を繰り返します。 RSウイルス感染症の症状 ・鼻水、発熱、のどの痛み・腫れ、せきなど風邪のような症状から、重い肺炎まで様々です。[…][city.joso.lg.jp]

  • アレルギー性喘息
  • 線維性気管支炎

    【表1】慢性咳嗽の原因と主な治療法 【表2】咳喘息のあまい診断基準 【表3】アトピー咳嗽のあまい診断基準 【表4】喉頭アレルギーのやさしい診断基準案 【表5】副鼻腔気管支症候群のあまい基準 【表6】後鼻漏による咳嗽の診断基準案 【表7】胃食道逆流による慢性咳嗽の診断基準 【表8】心因咳嗽のあまい基準 【表9】かぜ症候群後遷延咳嗽の診断基準[kubix.co.jp] トップ 診療案内 長引く咳 長引く咳とは 「長引く咳」とは、 発症後3週間以上持続する咳嗽遷延・慢性咳嗽) のことを言います。[kobe-seki-nmc.com] 【表9】かぜ症候群後遷延咳嗽の診断基準(あまい基準) 1.治療前診断基準 かぜ様症状(鼻汁、くしゃみ、鼻閉、発熱、流涙、咽頭痛、嗄声など)のあとから続く持続性咳嗽。 2.治療後診断基準 中枢性鎮咳薬、ヒスタミンH1-受容体拮抗薬、麦門冬湯、吸入および内服ステロイド薬、吸入抗コリン薬などが有効。[kubix.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 非吸収性肺炎

    抄録 過去10年間に4回の肺炎を反復した81歳, 男子の症例の, 臨床的特徴と剖検所見を報告した. 4回の肺炎において, 肺炎病巣中に連輪状陰影が認められたが, 剖検所見では病巣中に拡張した気管支, 細気管支, 肺胞ならびに嚢胞を認めた. 連輪状陰影の発現機序は, 硬化巣中にこれらの含気空間が存在することと, 炎症反応が弱く滲出液が乏しいためであると考えられた. 4回のうち3回の肺炎で陰影の吸収は遅く, 不完全であった. 非吸収性肺炎の機序を本剖検例から明らかにすることはできなかったが, 幾つかの機序について考察した. 更に本症例の場合, 肺炎を繰返し, 肺炎陰影が残存する毎に, 漸次肺活量の低下をきたした.[…][jstage.jst.go.jp]

  • 剥離性間質性肺炎

    書誌情報 症例 剥離性間質性肺炎様所見が併存したIgG4関連肺疾患の1例 岩本 信一 a 大朏 祐治 b 神田 響 a 須谷 顕尚 a 久良木隆繁 a 礒部 威 a a 島根大学医学部内科学講座がん化学療法教育学呼吸器・化学療法内科 b 財団法人永頼会松山市民病院病理部 要旨[…][journal.kyorin.co.jp]

  • 心因性咳嗽

    咳嗽(せき)はその持続期間により,3週未満を急性咳嗽,3週以上8週未満を遷延咳嗽,8週以上を慢性咳嗽に分類されます.[zousantsushin.jp] その後、「せき」の持続期間が長くなるとともに、非感染疾患を原因とする遷延・慢性咳嗽の頻度が増加します。 「せき」を止めるには わが国における遷延咳嗽・慢性咳嗽の3大原因疾患は、咳ぜん息、アトピー咳嗽及び副鼻腔気管支症候群であり、いずれも治療法が異なります。[nakajimaclinic.net] 咳が出てから3週間未満を急性咳嗽、3 8週間の遷延咳嗽、そして8週間以上が慢性咳嗽です。遷延咳嗽、慢性咳嗽は胸部レントゲン写真や聴診所見で異常がないものをいいます。 長引く咳の原因には、咳喘息、慢性閉塞性肺疾患、気管支炎・肺炎といった感染症、腫瘍性疾患、間質性肺炎などが挙げられますが、時に診断が難しい事があります。[lab.toho-u.ac.jp]

さらなる症状