Create issue ticket

考えれる1県の原因 遠位橈骨と尺骨の骨幹端異常

  • 原発性肥大性骨関節症

    1,未熟な関節軟骨層への過負荷・外傷 2,過栄養(高エネルギー・高蛋白食・カルシウム・リンの過剰,ビタミンの過剰) 3,ホルモン失調(成長ホルモン:STHと甲状腺刺激ホルモン:かとくの関与) 4,遺伝的素因 肥大性骨異栄養症 大型犬種の幼齡犬で,四肢の部,特に部の腫脹,疼痛,歩様異常,起立困難を 主訴とする。[sheltie-town.jp] 長骨の骨幹で,石灰化軟骨の壊死や融解,軟骨の骨化形成不全,骨梁の微細骨折また 骨軟骨の化膿性炎症が特徴的である。 原因 現在のところ十分に解明されていないが,以下のような原因が示唆されている。 1)なんらかの感染性疾患(犬ジステンバーの可能性を示唆した報告もある。)[sheltie-town.jp]

さらなる症状