Create issue ticket

考えれる498県の原因 過多月経

  • 貧血

    貧血が原因で過多月経に? 女性は、10代で初潮を迎えてから閉経するまで、ほぼ毎月、月経によって血液を排出します。 そのために、鉄欠乏性貧血の患者数が、男性より多く報告されています。 月経時の経血量が多い場合、鉄欠乏性貧血のリスクが高くなります。 もし、貧血の原因が過多月経であれば、過多月経を改善する必要があります。 過多月経とは?[epark.jp] さらに過多月経の場合には、その割合はもっと増えてしまいます。過多月経の主な原因は子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮腺筋症、子宮体がん、子宮頸がんなどですが、なかでも一番多くみられるのは子宮筋腫です。 子宮筋腫は良性潰瘍によるもので、一般的に20 35%程度の女性にみられるといわれています。[healthcare.omron.co.jp] また、自分では気づかなくても、毎回の月経量が多い(過多月経)場合もありますので、鉄分を日ごろから適切に摂取していないと、容易に鉄欠乏性貧血になります。 貧血はどのような現れかたをするのですか? 身体中の筋肉に十分な酸素が行き届かないために、疲れやすさ、倦怠感、動作時の息切れ、フラフラ感、動悸として自覚されます。[kendo.or.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    疫学 鉄欠乏性貧血は最も頻度の高い貧血であり,特に女性に多く,その罹患率は10%程度とされる.女性の場合は,子宮筋腫による過多月経が原因となることが多い.成人男性では2%以下とされるが,潰瘍性病変,癌,痔疾患などの消化管出血が原因となることが多い.[kotobank.jp] 月経 過多 - 月経の頻度や量が造血能に比べて相対的に多すぎる。 悪性腫瘍 - 特に 消化管 の腫瘍は出血を伴うことが多く、赤血球・鉄喪失の原因となる。 潰瘍性大腸炎 - 腫瘍以外で長期の出血を来す代表的な疾患。 鉄の摂取不足 [ 編集 ] 偏食や無理な減量によって鉄摂取が不足した場合も鉄欠乏性貧血の原因になる。[ja.wikipedia.org] 主な原因として、食事で十分な鉄分が摂れていないことや、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどの婦人科疾患に伴う過多月経が挙げられます。 原疾患がある場合はその治療により貧血も改善されますが、子宮筋腫の中には手術をするほど重症ではないものもありますし、子宮内膜症にもピルを使用するほど状態が悪くないものもあります。[medicalnote.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    (1か月に一回注射 6か月) 月経過多の診断、治療 月経が多い場合を過多月経と言いますが、はっきりした判断の基準がない病名です。 私って過多月経? チェックしてみましょう 昼でも夜用のナプキンを使う日が3日以上ある。 普通のナプキン1枚では、1時間もたない。 経血にレバー状のような大きなかたまりが混じっている。[murata-ladies-clinic.com] 月経異常 過多月経 月経時期以外の出血 腹痛 疼痛 おりもの など その他、骨盤内炎症性疾患、子宮外妊娠、IUDの脱出・穿孔 ※ にも注意する必要があります。発熱、下腹部痛、おりものの異常、急な出血、疼痛、性交痛、急な腹部膨満感、下腹部痛(圧痛)などの症状があった場合は、直ちに受診してください。[hininno-susume.jp] 子宮筋腫 よく見られる症状 月経異常(月経困難、過多月経)、貧血、下腹痛が主な症状です。検診で貧血を指摘され月経異常がある方は要注意です。[utsuno.info]

  • 子宮内膜症

    子宮筋腫の症状の症状は月経量の多くなる過多月経過多月経からなる貧血、月経時の下腹部痛、おりものの増加、筋腫の突出による圧迫でおこる腰痛・頻尿・便秘、筋腫による卵管の圧迫と子宮の内側の変形で起こる不妊・流産などがあります。[komatu.org] 4.月経時に下痢をしやすい。 5.月経の血液量が多い(過多月経月経の血液にレバーのような凝血がまじるようだと過多月経と考えられますが、子宮内膜症にはしばしば過多月経を伴います。 6.不妊症 子宮内膜症があると全ての人が不妊症になるわけではありませんが、逆に不妊症の20%位が子宮内膜症が原因といわれています。[suzuki-lc.jp] 過多月経から貧血をきたすほか、精子の子宮内での移動や受精卵の子宮内膜への着床を障害するなどして不妊症の原因になると考えられています。子宮摘出手術を行わない限り再発の多い疾患ですので、薬物療法および腹腔鏡・子宮鏡もしくは開腹による手術療法を組み合わせて治療をおこない、極力再手術の必要のないよう努めています。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 妊娠

    (照会先)子ども家庭局母子保健課 内線4975、4978 すこやかな妊娠と出産のために 妊娠したらどうしたら良いの? 妊婦健康診査を必ず受けましょう!  妊娠中は、ふだんより一層健康に気をつけなければなりません。  少なくとも毎月1回(妊娠24週(第7か月)以降には2回以上、さらに妊娠36週(第10月)以降は毎週1回)、医療機関などで健康診査を受けてください。 妊婦健診って何をするの?  妊婦さんの健康ぐあいや、お腹の赤ちゃんの育ちぐあいをみるため、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。  特に、 貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病[…][mhlw.go.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症の主な症状 無気力、声が枯れる、体重増加、浮腫(顔が腫れぼったくなる)、便秘、疲れやすい、月経過多、集中力低下、髪の毛が抜けやすい、無月経月経過多など 以上の症状は私も疲れやストレスを感じるとき特に症状として多く現れました。[huffingtonpost.jp] 症状 気力がなくなる、顔や手のむくみ(粘液水腫)、脈が遅い、皮膚がかさかさになる、寒がりになる、眠気、食欲不振、体重増加、月経過多、便秘などがあります。むくみが声 帯や脳におきると声のかすれ、物忘れなどの原因にもなります。また血液中のコレステロール値が高くなりますので動脈硬化がおこりやすくなります。[sagara.or.jp] また、男性では性欲減退、女性では初期には月経過多、重症になると無月経がみられる。軽い例では上述の症状の一部が現れるにすぎない。また、小児に発病すると、成長が障害されて低身長症(甲状腺性低身長症)になる。[kotobank.jp]

  • 子宮筋腫

    漿膜下筋腫では月経痛、過多月経、過長月経などの症状はでにくいですが、茎部がねじれると激痛をおこすことがあります。粘膜下筋腫は、他の部位の筋腫に比べ、大きさが小さくても月経痛や過多月経、過長月経などの症状は強度で、貧血になりやすいといった特徴があります。月経痛が次第に増悪する場合は、子宮内膜症を合併していることが多いです。[jsgo.or.jp] 過多月経、貧血、月経痛が強い場合には… 貧血がある場合、過多月経だけが原因ではなく、鉄の吸収が不良である場合もあります。鉄剤やサプリメント補充で、貧血が改善して、維持できるなら、手術適応にはなりません。[w-health.jp] その結果、性ホルモンであるエストロゲン及びプロゲステロンが抑制されるため、子宮筋腫の主要な症状である過多月経、下腹痛、腰痛、貧血を改善することが期待されます。[takeda.com]

  • 肺気腫

    肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 加齢 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮腺筋症

    筋組織内に侵入した子宮内膜は、通常の子宮内膜と同様にその場所で月経のたびに出血を繰り返すため、月経困難症や過多月経を引き起こし、さらに不妊の原因となることもあります。 子宮腺筋症は、本来の子宮の平滑筋の中に顕微鏡レベル(肉眼では確認できないほど)の小さな子宮がたくさん存在するような状態である、と私はイメージしています。[medicalnote.jp] 子宮腺筋症の症状とは 子宮腺筋症の主な症状として、 月経痛、過多月経過多月経による貧血、骨盤痛 などがみられます。 子宮腺筋症の治療について 月経を重ねるたびに月経痛や過多月経による貧血症状が増強 し、日常生活に支障をきたす可能性があります。 医師と相談しながら早いうちから適切な治療を受けることが大切です。[mochida.co.jp] 第1に,これらは,①生殖年齢女性に高頻度に発症する,②子宮あるいは骨盤内臓器の,③ホルモン依存性の良性腫瘍・類腫瘍で,⑤月経困難症や過多月経をきたし,⑥妊孕性を低下させることで,⑦女性のQOLを著しく低下させる,という点で共通した特徴を有していること.[shindan.co.jp]

さらなる症状