Create issue ticket

考えれる9県の原因 過剰円錐歯

  • 良性移動性舌炎

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 過剰歯

    過剰歯がよく見られる部位は上顎前歯部(上のの真ん中)で、次いで下顎臼歯部(前から 4 5 番目の小臼歯部)です。過剰の形は円錐状で、矮小(小さい歯)が多いといわれています。 原因 どうして過剰歯が生えるのか、2018年現在まだ詳しいことはわかっていません。[medicalnote.jp] 過剰歯の原因は、歯の元である「歯胚」(しはい)が過剰に作られたり、分裂したりすることによって、が多く作られてしまうことだと考えられています。 上の前歯の過剰は通常、円錐状など正常とは大きく異なった形をしていて正常な歯との区別は容易です。また、しばしば顎にもぐった状態で存在しており、レントゲンにより偶然発見されることが多いです。[tda8020.org] 人間の歯の数は, 永久歯 は 切歯 8, 犬歯 4, 小臼歯 8, 大臼歯 12の合計 32本であり,乳歯は切8,犬歯4,臼歯8の合計 20本である。過剰の発達にはいろいろの程度があり,円錐歯,栓状歯と呼ばれるような退化形の小さいものから正常な歯と区別できないものまである。[kotobank.jp]

  • 水疱性肺気腫

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 肺胞微石症

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 唇膿瘍

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 腺性口唇炎

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 肺発育不全と形成異常

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 遺伝性歯肉線維腫症

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

  • 毛状白板症

    K000 無症 臼後 臼傍 過剰 正中 K001 過剰 エナメル真珠 タウロドント 臼傍結節 円錐歯 外反歯 巨大歯 歯根弯曲 歯内歯 栓状歯 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652[kegg.jp] J984 肺のその他の障害 急性縦隔炎 縦隔ヘルニア 縦隔炎 縦隔線維症 縦隔退縮 術後縦隔タンポナーデ 術後縱隔洞炎 J985 縦隔の疾患, 他に分類されないもの 横隔膜炎 横隔膜腫瘤 横隔膜麻痺 J986 横隔膜障害 気道狭窄 気道閉塞 J988 その他の明示された呼吸器障害 完全無歯症 無歯症 先天性部分無歯症 部分無歯症 非症候性部分無[kegg.jp]

さらなる症状