Create issue ticket

考えれる5県の原因 過剰な体重増加

  • 肥満

    1日の適正カロリーに対し 2% 過剰な食事を10年間続けると 25kg の体重増加につながるとされる。 何らかの疾病が原因となる肥満は、二次性肥満と呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 肥満(ひまん、英: obesity)とは、一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。体質性のものと症候性のものに分類できるが、後者を特に肥満症と呼ぶこともある。対義語は、羸痩(るいそう)である。主にヒトを含めた哺乳類で使われることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    症 状 頻脈、体重減少、手指のふるえ(振戦)、発汗増加などの甲状腺ホルモン過剰に伴う症状やびまん性甲状腺腫、眼球突出などの特有の症状があげられます。特に小児では学力低下、身長の伸びの促進、落ち着きのなさなども認められます。表1に症状をまとめます。[jspe.umin.jp]

  • 双極性障害

    ③食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加(例:1カ月で体重の5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加。〈注:小児の場合、期待される体重増加がみられないことも考慮する〉 ④ほとんど毎日の不眠または睡眠過剰[dr-maedaclinic.jp] 著しい体重減少、あるいは体重増加、または、食欲の減退または増加。 不眠または睡眠過剰。 精神運動性の焦燥または抑止。 疲労感または意欲の減退。 無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感。 思考力や集中力の減退、または、決断困難がほとんど毎日認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 腎不全

    血圧下降 飲水量(体重増加量)が過剰な時、血圧の調整がうまくできない時、貧血が強い時、透析液が合わない時、全身状態が良くない時、降圧剤服用時、精神的なもの、等で血圧が低下します。血圧下降は速く発見して処置すると速く改善します。血圧下降の原因を知って予防し、自分に起こる症状を早期に発見し、自分でできることは対処しましょう。[ncvc.go.jp]

  • メチルプレドニゾロン

    長期にわたって服用すると、体重増加、緑内障、骨粗鬆症、精神病といった重篤な副作用があり、特に過剰摂取した場合に顕著である。最も重い副作用は副腎が自然にコルチゾンを生産するのを止めたあとに起こるが、これはメチルプレドニゾロンが人体が作り出すコルチゾンと置き換わってしまうためである。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状