Create issue ticket

考えれる42県の原因 過伸展皮膚

  • エーラース・ダンロス症候群 4型

    主に皮膚、関節、骨に症状が現れる病気 皮膚伸展性(通常よりも伸びてしまう)、関節の過可動性(可動域が異常に増大している)、結合組織の脆弱性(組織と組織をつなぐ部分がもろくて弱い)という3つの症状がみられる症候群のことを、エーラス・ダンロス症候群といいます。 皮膚伸展性とは?[medicalnote.jp] 血管、皮膚の脆弱性”関節の伸展皮膚伸展を特徴とする(写真1)。 結合組織病としてくくられることが多く、弾性線維の異常に基づくマルファン症候群も類縁疾患である。デンマーク人とフランス人の医師の名前に由来するので、エーレルス・ダンローと言う発音が原語に近いとのことだ。[patho2.med.hokudai.ac.jp] なお、前腕皮膚伸展テストを行う際は、下記の通り実施する。[nanbyou.or.jp]

  • エーラース・ダンロス症候群 3型

    主に皮膚、関節、骨に症状が現れる病気 皮膚伸展性(通常よりも伸びてしまう)、関節の過可動性(可動域が異常に増大している)、結合組織の脆弱性(組織と組織をつなぐ部分がもろくて弱い)という3つの症状がみられる症候群のことを、エーラス・ダンロス症候群といいます。 皮膚伸展性とは?[medicalnote.jp] 血管、皮膚の脆弱性”関節の伸展皮膚伸展を特徴とする(写真1)。 結合組織病としてくくられることが多く、弾性線維の異常に基づくマルファン症候群も類縁疾患である。デンマーク人とフランス人の医師の名前に由来するので、エーレルス・ダンローと言う発音が原語に近いとのことだ。[patho2.med.hokudai.ac.jp] それに加え、全身に関節の可動性がみられ、脱臼・亜脱臼(不完全脱臼)を繰り返すことや、皮膚伸展を伴うことが特徴です。常染色体優性遺伝です。 皮膚脆弱型(Dermatosparaxis EDS) 皮膚脆弱型は、特に皮膚の症状が重い病型です。[medicalnote.jp]

  • 脊柱側弯症

    なお、前腕皮膚伸展テストを行う際は、下記の通り実施する。[nanbyou.or.jp] 診断基準: 皮膚伸展と萎縮性瘢痕を合計して4点以上を陽性とする。[nanbyou.or.jp] A.症状 大基準 皮膚伸展性(※別表1参照)、萎縮性瘢痕(※別表1参照)、関節動性(※別表2参照) 参考所見:小基準 スムーズでベルベット様の皮膚、軟属腫様偽腫瘍、皮下球状物、関節過動性による合併症(捻挫、脱臼、亜脱臼、扁平足)、筋緊張低下・運動発達遅滞、内出血しやすい、組織過伸展・脆弱性による合併症(裂孔ヘルニア、脱肛、頸椎不安定性)[nanbyou.or.jp]

  • 血管運動の不安定性

    なお、前腕皮膚伸展テストを行う際は、下記の通り実施する。[nanbyou.or.jp] 診断基準: 皮膚伸展と萎縮性瘢痕を合計して4点以上を陽性とする。[nanbyou.or.jp] A.症状 大基準 皮膚伸展性(※別表1参照)、萎縮性瘢痕(※別表1参照)、関節動性(※別表2参照) 参考所見:小基準 スムーズでベルベット様の皮膚、軟属腫様偽腫瘍、皮下球状物、関節過動性による合併症(捻挫、脱臼、亜脱臼、扁平足)、筋緊張低下・運動発達遅滞、内出血しやすい、組織過伸展・脆弱性による合併症(裂孔ヘルニア、脱肛、頸椎不安定性)[nanbyou.or.jp]

  • 鼻中隔偏位

    、手掌単一屈曲線、扁平足、関節伸展、頚椎後弯、脊椎側弯、停留睾丸、小陰茎、尿道下裂、膀胱尿管逆流症 f.皮膚 多毛、前頭部の火焔状母斑、ケロイド形成、ときに石灰化上皮腫 g.神経学的所見 筋緊張低下、てんかん、脳波異常 h.ときにみられる症状 5 10%に良性・悪性腫瘍((特に脳、神経堤由来組織)、思春期早発、脳梁欠損、先天性心奇形、膝蓋骨[nanbyou.or.jp] 頭部・顔面 特異顔貌:小頭、大泉門開大、前頭部突出、太い眉毛、長い睫毛、眼険裂斜下、内眼角贅皮、眼間開離、上顎低形成、幅広い鼻稜、鼻翼より下方に伸びた鼻中隔、小さい口、小顎、耳介変形、後頭部毛髪線低位 d.眼科 斜視、屈折異常、鼻涙管閉塞、白内障、緑内障 e.四肢・体幹 幅広い母指・母趾(ときに横側に偏位)、幅広い末節骨、第5指内彎、指尖の皮膚隆起[nanbyou.or.jp]

  • マルファン症候群

    ※なお、当外来では皮膚伸展性や,ならびに 関節可動性亢進を特徴とする古典型エーラス・ダンロス症候群の遺伝学的検査は現在のところ行っておりません。 マルファン症候群 マルファン症候群は骨格系症状、心血管系症状、眼症状等,全身に多彩な症状を呈する結合組織疾患です。[hospinfo.tokyo-med.ac.jp]

  • 肛門周囲膿瘍

    裂肛(きれ痔) 病態 便秘などに伴い、便が硬く太くなることにより、肛門縁の皮膚伸展されることや、血流障害によって切れる状態です。また、下痢を繰り返す方も切れやすくなります。急性のものと慢性のものに分けられます。 急性裂肛 肛門上皮が浅く切れた状態で、排便時に痛みを感じる、ティッシュに少し血が付くといった症状です。[kanatake.com]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    心臓弁型エーラス・ダンロス症候群 は、COL1A2遺伝子の変異により発症し、関節可動性、皮膚伸展 ともに、心臓弁の異常を伴う。常染色体劣性遺伝性エーラス・ダンロス症候群の一つである。 後側彎型エーラス・ダンロス症候群(EDSVI) は、脊椎の後側彎症、関節弛緩、筋緊張低下、時に眼科的異常を伴う、全身性結合織異常症である。[grj.umin.jp]

  • 化膿性汗腺炎

    ページトップへ戻る (病態) 便秘などに伴い、便が硬く太くなることにより、肛門縁の皮膚伸展されることや、血流障害によって切れる状態です。また、下痢を繰り返す方も切れやすくなります。急性のものと慢性のものに分けられます。 肛門上皮が浅く切れた状態で、排便時に痛みを感じる、ティッシュに少し血が付くといった症状です。[kanatake.com]

  • ダウン症候群

    表:エーラス・ダンロス症候群の病型別 特徴的な症状と原因遺伝子の違い 1)一部改訂 病型 特徴的な症状 原因となる遺伝子 古典型 皮膚伸展性 脆弱性 関節の過伸展性 など 5型コラーゲン遺伝子(COL5A1、COL5A2)またはⅠ型コラーゲン遺伝子(COL1A1)の異常 関節可動亢進型 (最も患者数が多い) 関節の伸展性による脱臼や亜脱臼[tyojyu.or.jp] 診断を行うための必須所見として、皮膚・関節の伸展性があります。さらに診断を支持する所見として、各種組織の脆弱性があります。 病型を確定するためには、表1に掲げたような症状の有無や合併症・家族歴の有無などにより判断されますが、原因となる遺伝子の異常を確認する検査を行うことで、病型が確定します。[tyojyu.or.jp] )遺伝子の異常 後側彎型 皮膚脆弱 関節の過活動などがみられ、生後1年以内から進行性脊椎後側彎 角膜異常 骨粗鬆症 重度の筋緊張低下 など コラーゲン修飾酵素である Lysyl hydroxylase の異常 多発性関節弛緩型 皮膚伸展による皮下出血 関節の強い過活動性による脱臼や骨粗鬆症 筋緊張低下 など Ⅰ型コラーゲン遺伝子(COL1A1[tyojyu.or.jp]

さらなる症状