Create issue ticket

考えれる43県の原因 運動神経伝導速度 正常

  • 末梢神経障害

    【神経伝導速度検査(誘発筋電図)】 〈検査の意義〉 神経障害部位の診断 障害内容・程度の判定 予後の予測 〈検査の方法〉 針電極を刺し又は表面電極を付着し、異なる部位の末梢神経や筋を電気刺激して、神経の活動電位やその時間差を記録し、運動神経伝導速度(MCV)や感覚神経伝導速度(SCV)を測定する。[kotsujiko-law.net] 神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から軸索性の感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 圧迫性ニューロパチー、単ニューロパチー [ 編集 ] 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。[ja.wikipedia.org] 〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net]

  • ニューロパチー

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から軸索性の感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。絞扼性ニューロパチーでは障害された末梢神経に限局した症状が出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 正中神経障害

    【神経伝導速度検査(誘発筋電図)】 〈検査の意義〉 神経障害部位の診断 障害内容・程度の判定 予後の予測 〈検査の方法〉 針電極を刺し又は表面電極を付着し、異なる部位の末梢神経や筋を電気刺激して、神経の活動電位やその時間差を記録し、運動神経伝導速度(MCV)や感覚神経伝導速度(SCV)を測定する。[kotsujiko-law.net] 〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net]

  • 自律神経性ニューロパチー

    神経生理学検査 電気刺激や機械刺激による運動・感覚神経伝導速度の測定など従来の電気生理学的検査は、一般に正常で、これは体性感覚誘発電位、視覚誘発電位、脳幹誘発電位についても同様である[ Shatzky et al 2000 , Shorer et al 2001 ]。[grj.umin.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    【神経伝導速度検査(誘発筋電図)】 〈検査の意義〉 神経障害部位の診断 障害内容・程度の判定 予後の予測 〈検査の方法〉 針電極を刺し又は表面電極を付着し、異なる部位の末梢神経や筋を電気刺激して、神経の活動電位やその時間差を記録し、運動神経伝導速度(MCV)や感覚神経伝導速度(SCV)を測定する。[kotsujiko-law.net] 神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から軸索性の感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 圧迫性ニューロパチー、単ニューロパチー [ 編集 ] 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。[ja.wikipedia.org] 〈検査結果〉 複合活動電位の正常値(「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは[kotsujiko-law.net]

  • 先天性多発性関節拘縮症

    B.臨床検査所見 (1)血清creatine kinase(CK)値が正常上限の10倍以下である。 (2)筋電図で高振幅電位や多相性電位などの神経原性所見を認める。 (3)運動神経伝導速度正常下限の70%以上である。 C.以下を含む鑑別診断ができている。[nanbyou.or.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    運動線維のみで活動電位が低下し、伝導速度運動線維・感覚線維ともに正常である。ただし頚椎症を合併して非典型的所見を示すことも多い。 神経の障害が疑わしい部位で、電位の振幅が大きくなり、多相性電位が現れる。 HAMなら抗HTLV-I抗体が出る。 脊髄MRIによって脊髄の疾患を除外する。 根治を期待できる治療法は現在ない。[ja.wikipedia.org]

  • 呼吸筋麻痺

    神経伝導検査 [ 編集 ] 伝導 の 速度 と 活動電位 を調べる。運動線維のみで活動電位が低下し、伝導速度運動線維・感覚線維ともに正常である。ただし 頚椎症 を合併して非典型的所見を示すことも多い。 筋電図検査 [ 編集 ] 神経 の障害が疑わしい部位で、 電位 の 振幅 が大きくなり、多相性電位が現れる。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    2N以上とは2つ以上の神経においてであり、ULNは正常上限、LLNは正常下限、DMLは運動神経遠位潜時、MCVは運動神経伝導速度、dCMAPは遠位刺激のCMAP振幅、pCMAPは近位刺激のCMAP振幅、TDは時間的分散の増大である。四肢で施行した方が診断基準を満たす確率は高くなる。 AIDP: 下記のいずれかひとつを2N以上で満たす。[ja.wikipedia.org]

  • リー症候群

    末梢神経生理学検査は四肢の衰弱,感覚症状,反射消失の患者に行われる.筋電図はしばしば正常でも筋症状を示すことがある.神経伝導速度正常な場合でも,主に軸索の運動感覚多神経炎が認められることがある. 糖. 空腹時血糖値の上昇は糖尿病を示す場合がある. 心臓.[grj.umin.jp]

さらなる症状

類似した症状