Create issue ticket

考えれる4県の原因 運動神経伝導速度 正常

  • 末梢神経障害

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から軸索性の感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 圧迫性ニューロパチー、単ニューロパチー [ 編集 ] 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    2N以上とは2つ以上の神経においてであり、ULNは正常上限、LLNは正常下限、DMLは運動神経遠位潜時、MCVは運動神経伝導速度、dCMAPは遠位刺激のCMAP振幅、pCMAPは近位刺激のCMAP振幅、TDは時間的分散の増大である。四肢で施行した方が診断基準を満たす確率は高くなる。 AIDP: 下記のいずれかひとつを2N以上で満たす。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    運動線維のみで活動電位が低下し、伝導速度運動線維・感覚線維ともに正常である。ただし頚椎症を合併して非典型的所見を示すことも多い。 神経の障害が疑わしい部位で、電位の振幅が大きくなり、多相性電位が現れる。 HAMなら抗HTLV-I抗体が出る。 脊髄MRIによって脊髄の疾患を除外する。 根治を期待できる治療法は現在ない。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から軸索性の感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。絞扼性ニューロパチーでは障害された末梢神経に限局した症状が出現する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状