Create issue ticket

考えれる5県の原因 運動発達遅延

  • アレキサンダー病

    MLCは生後1年以内の頭部の急激な増大を示す巨脳症(頭囲は4-6SD以上)と緩徐進行性の失調と痙性対麻痺に続く粗大運動発達の軽度遅延を特徴とする疾患である.痙攣はよくみられるが軽度である.認知機能は正常下限から正常である.ジストニア,構音障害,およびアテトーゼは20 30歳代でみられる.頭部MRIでは特に前頭側頭部にみられる皮質下嚢胞の出現[grj.umin.jp]

  • 甲状腺障害

    まれな神経障害としては可逆性の小脳性運動失調症、認知機能低下、精神病、粘液水腫性昏睡が知られている。先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)では精神運動発達遅延や小脳失調が知られている。 極めて稀であるが死亡率は25〜65%であり早期のICU管理が望まれる緊急疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠

    [113]valproate デパケン錠(協和醗酵) 胎児バルプロ酸症候群 の特徴的奇形パターン(二分脊椎、扁平鼻橋、眼内角贅皮、小口症、短頭症、細く長い指や凸状の爪、尿道下裂、精神運動発達遅延、低体重等) 原則禁忌。[drugsinfo.jp]

  • 自閉性障害

    神経発達症: 特定言語遅延または障害 / 知的障害または全般性発育遅延 / 協調運動障害(DCD) 精神障害:注意欠陥・多動性障害(ADHD)/ 気分障害 /不安障害 / 愛着障害 / 反抗挑戦性障害(ODD)/ 行為障害(CD)/ 強迫性障害(OCD)/ 精神病(統合失調症等) 発達退行:レット症候群 / てんかん性脳症 その他:重度聴覚障害[ja.wikipedia.org]

  • スミス・マゲニス症候群

    日本語訳最終更新日: 2009.12.10 原文 Smith-Magenis Syndorme 要約 疾患の特徴 スミス・マゲニス症候群(SMS)は年齢と共に進行する独特な顔貌、発達遅延、認知障害、および行動異常が特徴である。患者の大多数では軽度から中等度の知的障害を認める。粗大および微細運動機能、表現言語機能の遅れは生後1歳で現れる。[grj.umin.jp]

さらなる症状

類似した症状