Create issue ticket

考えれる2県の原因 運動発達の退化

  • リー症候群

    なかでも、リー脳症は、乳幼児期から精神運動発達遅延、退行を起こす深刻なミトコンドリア障害であるが、現時点で決定的な治療法や治療薬が存在しない。著者らは、リー脳症のモデルマウスを用いて、免疫抑制剤として知られるラパマイシンという化合物が、病気の進行を遅らせる効果があることを示した。[neurol.med.kyoto-u.ac.jp] Kaeberlein M 理化学研究所 脳科学総合研究センター 内匠研究室 大内田 理佳 2013/11/26 リー脳症のマウスモデルにおいてmTOR抑制はミトコンドリア障害を軽減する ミトコンドリア機能障害は、好気的エネルギー産生が行えなくなることにより生じる障害で、このようなエネルギー需要の多い、脳、骨格筋や心筋が異常をきたすことが多く、筋肉の退化[neurol.med.kyoto-u.ac.jp]

  • 運動障害

    ヒトを含め霊長類動物では大脳皮質が顕著に発達し錘体路による運動制御が主体となっており、赤核は退化していると考えられ、正確な赤核の機能も分かっていない。 [4] 拡散テンソル画像法 MRIの1種で、水分子の拡散が生体内の構造の影響を受ける性質(拡散異方性)を利用し、脳内の線維構造(神経連絡)を画像化する手法。[ncvc.go.jp]

さらなる症状