Create issue ticket

考えれる26県の原因 運動技能発達遅延

  • うつ病

    うつ病とは うつ病とは気分が沈んだ状態が何週間も続く病気です。 うつ病の症状は こころとからだの両方 にあらわれます。 うつ病の9大症状として下記の症状があります 1.抑うつ気分[…]気持ちがふさぎこんでいる状態 気分が落ち込む 憂うつだ、むなしい 悲しい気持ちになる すごく不安 2.興味や喜びの喪失[…]これまでやっていた活動や趣味にすら興味を持てなくなる 何にも関心をもてない 全く興味がわいてこない 以前は楽しかったことも今は全然楽しくない 3.食欲の減退[…]食欲ない状態が続くこと 何も食べたくない、食べても味がしない 異常に食欲が出る 特定のものばかり食べたくなる[…][asahi-kokoro.com]

  • 先天性難聴

    先天性難聴の原因を遺伝子レベルで特定する診断が注目されている。遺伝子診断で早期に難聴と分かれば、早くから治療を始めたり、どのような合併症が起きるのかなどの予測に役立てたりできるからだ。 先天性難聴は、高熱や頭部外傷、妊娠中や出産時のトラブルで起きることもあるが、遺伝が原因の場合が最も多いことが明らかになってきた。難聴は外耳から中耳に原因がある「伝音難聴」と、内耳から聴神経・脳に原因がある「感音難聴」に分けられ、遺伝子が関わるのは感音難聴に多い。[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 自閉性障害

    家庭医学館 の解説 じへいしょうじへいせいしょうがい【自閉症(自閉性障害) Autistic Disorder】 [どんな病気か] 3歳以前に、明らかになる発達の障害です。①対人関係の障害、②言語発達の障害、③常同行動(じょうどうこうどう)(同じ行動をくり返す)ないし特定のものを同じままにしておこうとする執着的な行動の3つの特徴をもっています。 具体的には、1歳を過ぎるころから抱き上げてもしがみつこうとしない、親への愛着が乏(とぼ)しいようすがみられ、2歳ころには呼びかけに反応しない、視線が合わない、けがをしたりしたときに助けを求めに母親のところへ行かないなど、人への関心が希薄です。[…][kotobank.jp]

  • 胎児栄養失調
  • 精神遅滞

    F70 軽度精神遅滞[知的障害] Mild mental retardation 疾患の具体例 36歳、男性。小学校1年生の頃から学校での勉強について行くことができず、医療機関で軽度精神遅滞と診断されました。そのため、2年生からは特別支援学級に通っていました。適切な教育を受け、身のまわりのことは一通りできるようになりました。高校を卒業後は、倉庫で仕分けをする仕事に就いていましたが、品物の数を数えることが苦手で、失敗が続きました。一見すると障害があるように見ないこともあってか、叱られることが多く、1年で辞めてしまいました。現在は福祉作業所に通っています。 特徴[…][e-heartclinic.com]

  • 脳腫瘍

    神経膠腫 (グリオーマ:glioma)治療方針 担当医 村垣善浩 (先端生命医科学研究所教授) 、丸山隆志(講師)、新田雅之(助教)、齋藤太一(助教) 1.東京女子医科大学の治療方針 当院での神経膠腫(グリオーマ)治療の特徴は、 情報誘導手術(11)[…][twmu.ac.jp]

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖症(ムコたとうしょう、Mucopolysaccharidosis、MPS)は、遺伝的な要因による先天性代謝異常症であるライソゾーム病の一種である。医学上の正式名はムコ多糖代謝異常症。日本では、特定疾患に指定されている。 リソソーム内の加水分解酵素の先天的欠損あるいは異常により、リソソーム内にムコ多糖の一種であるグリコサミノグリカン(GAG)が蓄積する疾患である。GAGは人体内で細胞間結合に寄与する役割がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳性麻痺

    脳性麻痺(のうせいまひ、英: Cerebral palsy, CP)とは、受精から生後4週までの間に、何らかの原因で受けた脳の損傷によって引き起こされる運動機能の障害をさす症候群である。 運動障害・肢体不自由者の発症要因の約7割が、当症候群だとされ、遺伝子異常によるものや、生後4週以降に発症したもの、暫定的なもの、進行性のものは含まれない。 周産期仮死、低体重出生、核黄疸が挙げられ、脳障害の病因発生の時期に応じて、胎生期・周産期・出生後に分けられる。 また、近年、周産期医療が急激に発展してきたことにより、その病態、原因や発生率は変化してきた。[…][ja.wikipedia.org]

  • ゴーシェ病

    ゴーシェ病(ゴーシェびょう、Gaucher's disease)は、1882年にフランスの医師フィリップ・ゴーシェによって発見された病気。遺伝的要因により生まれつきグルコセレブロシダーゼという酵素が不足・欠損するなどして活性が低下するため、グルコセレブロシド(糖脂質)をセラミドに分解できず、肝臓・脾臓・骨などにグルコセレブロシドが蓄積する疾患である。またゴーシェ病は、ライソゾーム病、先天性代謝異常症、常染色体劣性遺伝に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • MELAS症候群

    印刷用PDF(304KB) 平成25年8月9日 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP) 総務課広報係 TEL:042-341-2711 ミトコンドリア病MELAS(メラス)に対するEPI-743の臨床研究を開始 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP 東京都小平市 総長:樋口輝彦)病院(病院長:糸山泰人)、神経研究所(所長:髙坂新一)疾病研究第二部部長[…][ncnp.go.jp]

さらなる症状