Create issue ticket

考えれる448県の原因 運動徴候

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 運動失調

    小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。疾患としては小脳梗塞などが代表的である。ロンベルグ徴候陽性ならば深部感覚障害を調べる。[ja.wikipedia.org] 脊髄側索障害性疾患(錐体路障害)、筋萎縮性側索硬化症、家族性疼性対麻痺などで認められるよろけ状態は、腱反射の亢進、下肢の疼性脱力のために運動が拙劣となって起こるもので、後索障害に認められる真の運動失調とは異なる。フリードライヒ病、亜急性連合性脊髄変性症、脊髄癆などでは後索性失調が見られ、ロンベルグ徴候が陽性となる。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    運動時痛とは関節障害を疑う徴候であるが、腱鞘炎の場合、自分で動かすと痛いが他動的に動かすと痛みを感じないとされている。自動痛よりも他動痛が大きい場合は関節周囲痛が示唆される。関節痛の場合は非炎症性の関節痛と関節炎を区別する。関節周辺に腫脹、圧痛、熱感、発赤など局所の炎症所見があれば関節炎が疑わしい。[ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    パターン5、非対称性で遠位部優位の筋力低下があり、感覚障害がない上位運動ニューロン徴候がある場合は筋萎縮性側索硬化症をはじめとする運動ニューロン病を考える。[ja.wikipedia.org] 発汗の低下も重要な徴候で、運動時にうつ熱(運動、高温など外部環境によって起こる発熱)で気づくこともあり、汗腺に脂質が沈着し、汗腺の萎縮が現れます。 白血球中のα-ガラクトシダーゼの活性低下により診断されます。根本的な治療法はなく、痛みに対しては、カルバマゼピンが処方されています。[qlife.jp] しびれを診る際の一般的な知識 しびれの原因で多いもの 頚椎や腰椎部での神経根圧迫(椎間板ヘルニアを含む) 坐骨神経痛 多発ニューロパチー(多発神経炎) 脊髄障害 脳血管障害 しびれを診断するための知覚分布、運動麻痺、深部腱反射についての知識 デルマトーム(知覚分布の皮膚分節) 深部腱反射 Tinel徴候 上肢のしびれ 知覚障害 運動麻痺 腱反射[yamamotoclinic.jp]

  • 脊髄性筋萎縮症

    臨床的に筋萎縮性側索硬化症と診断されている症例において上位運動ニューロン徴候を伴わない例はSMA IV型の可能性がある。 根本的な治療法は確立しておらず、嚥下障害への経管栄養や胃瘻。呼吸不全に対する人工呼吸器、関節拘縮、筋力低下緩和に向けてのリハビリテーションなどの対症療法がおこなわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    上位運動ニューロン障害の徴候があるのか 左右対称性、遠位の感覚障害をしめしさらに上位運動ニューロンの徴候がある場合はニューロパチーを伴う亜急性連合変性症などの疾患を考慮する。[ja.wikipedia.org] パターン5、非対称性で遠位部優位の筋力低下があり、感覚障害がない 上位運動ニューロン徴候がある場合は 筋萎縮性側索硬化症 をはじめとする運動ニューロン病を考える。[ja.wikipedia.org] 上位運動ニューロン徴候がない場合は進行性筋萎縮症、若年性一側性上肢筋萎縮症(平山病)、多巣性運動ニューロパチー、multifocal acuired motor axonopathyを考える。[ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    先天性トキソプラズマ症では、水頭症、視力障害、脳内石灰化、精神運動機能障害が4大徴候として知られています。生まれたときに症状がなかった場合でも、眼病変などが思春期頃になって発症することがあります。 感染経路は主として2つ。 食肉をとおした感染 豚肉、鶏肉、牛肉などの肉の中に感染力のある虫体が含まれています。生ハム、なども要注意です。[mana-kodomo.com] 先天性トキソプラズマ症では、水頭症、脈絡膜炎による視力障害、脳内石灰化、精神運動機能障害が4大徴候として知られている。その他、リンパ節腫脹、肝機能障害、黄疸、貧血、血小板減少等が見られることもある。不顕性感染となった場合も、眼病変などはおおよそ思春期頃まで遅発性の発症のリスクがあるとされている。[nih.go.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    脊椎が前に曲がって前を向いて歩くのが危険になったり、前屈姿勢のために腰背部の痛みが強く日常生活がままならなくなったり、内臓の圧迫徴候が出たり、あるいはまた関節の痛みや運動制限が強く、日常生活や歩行に強い支障がある場合には、手術的治療によりQOLが著しく改善しますが、大きな手術のため麻酔・手術の合併症の危険性もあり、術前の入念な全身検査と、医師[nanbyou.or.jp]

  • 松果体嚢胞

    ・脳幹部腫瘍 脳幹から出入りする第III XII脳神経核と運動および感覚神経線維障害が近接しているため様々な症状・徴候が出現します。眼球運動障害や複視、顔面神経麻痺、下位脳神経障害による嚥下障害や構音障害が起こります。また、片麻痺や四肢麻痺などの運動機能障害や感覚障害も起こり得ます。[kawasakineurosurgery.p-kit.com]

  • 多発性神経炎

    感覚障害、眼球運動障害、膀胱直腸障害、褥そうはALS陰性徴候といわれ、初期からこれらの症状が目立つ場合には他の疾患が考えられます。 治療 根治療法はなく、対症療法が主体となります。現在日本で使用できる薬剤は、進行を遅らせるとされるリルゾールのみで軽症の時期に服用を勧めます。[nishiniigata.hosp.go.jp] しびれを診る際の一般的な知識 しびれの原因で多いもの 頚椎や腰椎部での神経根圧迫(椎間板ヘルニアを含む) 坐骨神経痛 多発ニューロパチー(多発神経炎) 脊髄障害 脳血管障害 しびれを診断するための知覚分布、運動麻痺、深部腱反射についての知識 デルマトーム(知覚分布の皮膚分節) 深部腱反射 Tinel徴候 上肢のしびれ 知覚障害 運動麻痺 腱反射[yamamotoclinic.jp]

さらなる症状