Create issue ticket

考えれる892県の原因 運動失調

  • 急性アルコール中毒

    さらに上がって300 500ミリグラムに達すると、意識が混濁し、強度の運動失調や昏睡(こんすい)に陥る。血圧や体温も低下し、重症の場合には死亡の危険も出てくる。その際は速やかな治療や救命措置が必要で、気道確保、催吐、胃洗浄、点滴、血圧・体温調節のほか、 緊急血液透析 が行われることもある。[imidas.jp] 通常の酔った状態を超えて、 運動失調や意識障害、さらには昏睡、呼吸抑制、血圧低下といった状態 が生じることです。 重症の場合には死亡することも多く、危険な状態です。 アルコールには 「脳を麻痺させる」 効果があり、脳の外側から麻痺が進んでいきます。 最も外側の大脳新皮質は理性を司る部分なので、陽気になったり泣いてしまったりします。[jp.sake-times.com] 意識が混濁し、強度の運動失調、また昏睡、血圧、体温の低下もきたし、死亡の危険も出てきます。急性アルコール中毒の発生は「お酒に強い体質」と「お酒に弱い体質」とは関係がありません。あくまでも血中のアルコール濃度、飲んだアルコールの量に比例し、誰でもが陥る急性中毒です。[chiba-city-med.or.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    典型的な症状は意識障害、眼球運動障害、運動失調などです。ほか にはビタミンB12欠乏によって起こる亜急性連合性脊髄変性症(下肢の感覚 異常や脱力などのほか、貧血の症状もみられます)や、ニコチン酸欠乏によ るペラグラ脳症(痴呆やせん妄などのほか、皮膚炎、下痢がみられます)など があげられます。[pref.akita.jp] ビタミンB12欠乏症は、躁病や精神病、疲労、記憶障害、神経過敏、抑うつ、運動失調及び人格変化の症状を引き起こす可能性もある。 オックスフォード大学が61歳から87歳の107人に対して行った研究によると、ビタミンB12濃度が最も低い群は脳収縮を引き起こす可能性が6倍高いと報告されている。[ja.wikipedia.org] コルサコフ症候群は、記銘力障害、見当識障害、作話などを主徴とし、ウエルニッケ脳症は脳内の乳頭体、第3脳室・中脳水道・中脳水道周囲の灰白質に出血性炎症を来たし、眼球運動障害、失調性歩行、意識障害などがみられます。ウエルニッケ脳症は緊急の治療を要する疾患でビタミンB1を連日大量に点滴投与する必要があります。[itsuki-hp.jp]

  • 酒害

    ビタミンB1の欠乏で起こるウェルニッケ脳症では、無欲状態になり、眼球運動障害(眼があまり動かなくなる)、眼振(眼球がリズミカルに動く)、失調性歩行(酔ったようにふらふら歩く)が起こります。 また、飲酒により小脳が萎縮するアルコール性小脳失調症でも歩行が不安定になり、転倒などによる頭部外傷が起こりやすくなります。[alcoholic-navi.jp]

  • 末梢神経障害

    ニューロパチーを伴う遺伝性運動失調としては フリードライヒ失調症 、 ビタミンE欠乏 、 脊髄小脳変性症 、無βリポ蛋白血症などが知られている。DNA修復障害としては毛細血管拡張性運動失調、Cockayne症候群などが知られている。巨大軸索ニューロパチーでは ボルフィリン症 や家族性アミロイドポリニューロパチーなどが知られている。[ja.wikipedia.org] 眼球運動障害によりものが2重に見えたり、立ったときにふらつき(運動失調)が起こることが主症状である点は、ギラン・バレー症候群とやや異なっています。発症6ヶ月以内に自然軽快する予後良好な疾患ですが、患者さんの一部に再発があります。[utanohosp.jp] コルサコフ症候群は、記銘力障害、見当識障害、作話などを主徴とし、ウエルニッケ脳症は脳内の乳頭体、第3脳室・中脳水道・中脳水道周囲の灰白質に出血性炎症を来たし、眼球運動障害、失調性歩行、意識障害などがみられます。ウエルニッケ脳症は緊急の治療を要する疾患でビタミンB1を連日大量に点滴投与する必要があります。[itsuki-hp.jp]

  • 松果体嚢胞

    ・小脳腫瘍 小脳虫部に発生した場合、平衡機能障害が出現し、体幹性失調(バランスを取ることができず、うまく歩くことができない。)が起こります。また、小脳半球障害では、障害側の運動失調(手が振るえたり、思った位置に手や足をもっていくことができない。)を呈する。 補助診断 主に以下の検査を組み合わせて診断します。[kawasakineurosurgery.p-kit.com]

  • 脳卒中

    右利きの人では、通常、言語中枢は左の大脳にある)、失認(人の顔がわからない、物が判別できないなど、これまで識別できたことができなくなる)、失行(運動麻痺や失調がなく、目的の行為が何であるかを理解しているのに、うまく行えない)などが含まれます。 (3)心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓がはがれて流れ出し、脳に運ばれて動脈をふさぐものです。[ncvc.go.jp]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • 一過性脳虚血発作

    内頚動脈領域症状…単麻痺ないし片麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である. 4つの常染色体劣性型には食事療法または生化学的治療法(ビタミンE欠乏症、脳腱黄色腫症、Refsum、および補酵素Q10欠乏症の運動失調症)がありますが、他の運動失調症に対する具体的な治療法はありません.[laurarodriguezsa.over-blog.com] 孤発性にはオリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)があり、遺伝性では、運動失調や錐体路徴候、ジストニア、眼球運動障害が生じるMachado-Joseph症や、小脳性運動失調のみを示す脊髄小脳失調症6型(SCA6)などが比較的多い。 症状 画像的には、小脳のみが萎縮する純小脳型と、脳幹や大脳の萎縮も加わる複合型がある。[nurseful.jp] 遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

さらなる症状

類似した症状