Create issue ticket

考えれる218県の原因 運動による筋痙攣

  • こむら返り

    原因疾患が無い良性特発性の痙攣運動中または運動直後に発生する運動に伴う痙攣は良性として扱われる。良性では無い筋痙攣は、何らかの薬剤の副作用、疾病や異常の症候として現れる事がある。[ja.wikipedia.org]

  • 糖原病 7型

    当サイトをご覧頂きありがとうございます。 申し訳ありませんが、あなたがアクセスしようとした記事は削除されたかURLが変更されています。お手数をおかけしますが、以下の方法からもう一度目的のページをお探しください。 1.検索して見つける 検索ボックスにお探しのコンテンツに該当するキーワードを入力して下さい。近いテーマのページのリストが表示されます。 2.カテゴリーから見つける それぞれのカテゴリーのトップページからもう一度目的のページをお探しになってみてください。 カテゴリー一覧 RawQQの代わり[bentham-direct.org]

  • 筋ベータ・エントラーゼ欠乏による糖原病

    型PhK欠損症 は小児期から成人期のいずれにも発症し、運動不耐、痙攣、筋痛、ミオグロブリン尿症、進行性の筋力低下といった多岐にわたる症状を呈する。重篤な障害は例外的のようで、進行は年単位のこともある。心臓および肝臓は侵されないようである。[grj.umin.jp] 糖原病Ⅴ型 (GSDⅦ、垂井病、ホスホフルクトキナーゼ欠損症) は重度の運動不耐を呈し、通常は小児期に発症し、嘔気、嘔吐、重度の痛を合併する。激しい運動は重度の痙攣やミオグロビン尿症をきたしうる。他の特徴には、代償性の溶血、高尿酸血症、自発的なセカンドウィンド現象の欠如などがある。遺伝形式は常染色体劣性遺伝である。[grj.umin.jp] PhK欠損症には 肝型 PhK 欠損症 (小児期早期の肝腫大および成長遅滞、しばしば認めるが常に認めるわけではない空腹時のケトーシスおよび低血糖を特徴とする)とかなり稀な 型 PhK 欠損症 (以下を特徴とする:運動不耐、痛、筋痙攣、ミオグロビン尿症、進行性の筋力低下)の2型がある。[grj.umin.jp]

  • インフルエンザ

    合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org]

  • 内側性硬化症

    多発性硬化症の患者さんが運動できない理由はなく、場合によってはストレッチ運動痙攣の軽減に役立つことがあります。体温上昇が症状悪化につながることが多いので、運動中の体温上昇を避けることが必要です。 通説 4 -多発性硬化症は発見や診断が難しい。 (ある程度)誤りであることが明らかになっています。[msdmanuals.com]

  • 高カリウム血症

    数分の安静の後の、1回のの収縮により、数時間動けなくなるほどの強いこわばりが誘発されことがある(delayed myotonia)。痛みを時に伴う、この運動誘発性の痙攣は高カリウム血症や脱分極性の薬剤により生じることがある。[grj.umin.jp] こわばりは運動を続けることでおさまる(warm-up現象) Acetazolamide-responsive myotonia 別名atypical myotonia congenitaとしても知られている。運動により筋肉痛が誘発され、アセタゾラミドが症状を緩和する。[grj.umin.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    痙攣 (muscle cramp)は自覚されやすい症状である。これは運動神経の過敏性と異常発射、異常伝搬を反映する。血糖管理を厳密にすると出現しにくくなる。 自律神経障害 起立性低血圧 による立ちくらみ、膀胱直腸障害、糖尿病性下痢や発汗異常といった症状をうったえる。糖尿病性下痢は夜間に生じる腹痛を伴わない激しい下痢である。[ja.wikipedia.org]

  • 回旋腱板腱炎

    TypeII: 筋繊維が数本断裂(1度)、筋周膜の損傷を伴わないより多くの筋繊維の断裂(2度)、筋周膜の部分断裂を伴う多くの筋繊維の断裂(3度)、周膜の完全な断裂(4度)による急性の痛みを伴うもの TypeIII: 痙攣など運動中や運動直後に生じる痛みを伴うもの 肩関節のスポーツ障害にはどのような種類がありますか 肩関節は構造上は非常[shop.goodbouldering.com]

  • 頸部脊柱管狭

    【症状】 局所症状:頭痛、頸部痛、頸部から肩甲骨・背部の凝りや不快感、頸部の運動制限 神経根症状:肩から上肢にかけての放散痛、前腕や手指のしびれと知覚障害、萎縮、筋肉の線維性攣縮(ピクピクするような痙攣) 脊髄圧迫症状:手指・手掌全体から体幹や下肢に及ぶしびれや感覚障害、巧緻運動障害(箸が使いづらい、ボタンがかけづらいなど)、下肢痙性麻痺[shimazaki-hospital.com]

  • 頸性脊椎炎

    主な病気には脳梗塞、脳出血などの血管障害、痙攣や意識消失発作をおこすてんかん、 脳炎、髄膜炎などの神経感染症、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの変性疾患、多発性硬化症、重症無力症などの免疫性疾患、振戦、眼瞼痙攣、顔面痙攣、痙性斜頚などの不随意運動症、ギランバレー症候群などの末梢神経疾患、筋ジストロフィー[nnh.go.jp] などの疾患、頭痛やめまいなどの機能的疾患があります。[nnh.go.jp]

さらなる症状