Create issue ticket

考えれる17県の原因 遊離脂肪酸の増加

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症
  • 急性腎不全

    急性腎不全 ブックマーク: 1) 急性腎不全とは 2) 急性腎不全の様々な原因 3) 急性腎不全の起こり方 急性腎不全とは 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する 状態です。通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 無尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。 このページの先頭へ 急性腎不全の様々な原因 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 急性心筋梗塞
  • アルコール性肝疾患

    アルコール性肝疾患(アルコールせいかんしっかん、英Alcoholic liver disease)または、アルコール性肝障害とは、飲用用途のエタノール常用飲用(アルコール乱用)によって引き起こされる一連の肝臓疾患のこと。アルコール性肝炎の状態では自覚症状はほとんど無い。アルコール性肝硬変は、全肝硬変の20%程度と考えられている。 アルコール性脂肪肝 {\displaystyle {\ce {- }}} アルコール性肝炎 {\displaystyle {\ce {- }}} アルコール性肝硬変 {\displaystyle {\ce {- }}} 肝細胞癌 の順に進行する。[…][ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    肝性脳症(かんせいのうしょう、英語: Hepatic encephalopathy)とは、肝臓の機能低下による意識障害である。別名を肝性昏睡(かんせいこんすい、Hepatic coma)とも、また門脈体循環性脳障害とも言う。 肝硬変が進行した場合や劇症肝炎などの重篤な肝障害によって引き起こされる。まれに先天性尿路回路欠損を伴うことがある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状