Create issue ticket

考えれる161県の原因 遅延性精神運動発達

  • 妊娠

    [113]valproate デパケン錠(協和醗酵) 胎児バルプロ酸症候群 の特徴的奇形パターン(二分脊椎、扁平鼻橋、眼内角贅皮、小口症、短頭症、細く長い指や凸状の爪、尿道下裂、精神運動発達遅延、低体重等) 原則禁忌。[drugsinfo.jp] * 妊婦・妊娠可能婦人-治療上の有益[二分脊椎児を出産した母親の中に、本剤の成分を妊娠初期に投与された例が対照群より多いとの疫学的調査、また、本剤の成分を投与された母親に、心室中隔欠損等の心奇形や多指症、口蓋裂等の外表奇形その他の奇形の報告。[drugsinfo.jp]

  • てんかん

    乳幼児期にてんかん発作が頻発すると、脳組織の正常発達が妨げられ非可逆精神運動発達遅延の原因となりえます。したがって発作そのものが日常生活に及ぼす支障のみならず、精神運動発達に対する考慮が必要なのです。[h.u-tokyo.ac.jp] また、小児の難治てんかんに対する外科的治療は精神運動発達の回復や促進をもたらしうるので、小児における精神運動発達遅延はむしろ外科的治療を考慮する際の指標となります。発作が多く、正常発達が明らかに妨げられている状況であれば、1歳未満の乳幼児でも手術を行います。[h.u-tokyo.ac.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    しかし、近年増加している重症の救命例では、反復する呼吸器感染、気管支喘息、慢性肺機能障害、慢性肺高血圧症、胃食道逆流症、逆流食道炎、栄養障害に伴う成長障害、精神運動発達遅延、聴力障害、漏斗胸、脊椎側弯症などを発症しやすい。生存例の15 30%程度にこれらの後遺症や障害を伴うことが報告されている。  要件の判定に必要な事項 1.[nanbyou.or.jp] 長期間にわたる後遺症や合併症として、くり返す呼吸器感染、気管支喘息、慢性肺機能障害、慢性肺高血圧症、胃食道逆流症、逆流食道炎、栄養障害に伴う成長障害、精神運動発達遅延、聴力障害、 漏斗胸 、脊椎側弯などが知られています。 9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 重症例では多かれ少なかれ肺低形成を伴っています。[nanbyou.or.jp]

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    まれな神経障害としては可逆の小脳運動失調症、認知機能低下、精神病、粘液水腫昏睡が知られている。先天甲状腺機能低下症(クレチン症)では精神運動発達遅延や小脳失調が知られている。 粘液水腫昏睡 [ 編集 ] 極めて稀であるが死亡率は25〜65%であり早期のICU管理が望まれる緊急疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性虫垂炎

    小児科 1.血液・腫瘍・免疫疾患:白血病、悪性リンパ腫、固形腫瘍、造血障害、免疫不全など 2.循環器:先天性心疾患(成人期も含む)、肺高血圧症、心筋症、不整脈、川崎病など 3.新生児疾患:先天奇形、代謝疾患、早産・低出生体重児などの周産期管理・発達フォローなど 4.神経・筋疾患:てんかん、先天ミオパチー、筋ジストロフィー、精神運動発達遅延[hsp.ehime-u.ac.jp] の精査など(神経食思不振症、心身症、不登校などの精神疾患は子どものこころセンターに紹介させて頂きます) 5.代謝・内分泌疾患:糖尿病(学校検尿異常も含む)、ガスリー検査異常の精査、小児生活習慣病(健診の事後指導も含む)、低身長症、甲状腺、副腎、性腺疾患、夜尿症など 6.喘息・アレルギー疾患:食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など[hsp.ehime-u.ac.jp]

  • 水疱性肺気腫

    小児科 1.血液・腫瘍・免疫疾患:白血病、悪性リンパ腫、固形腫瘍、造血障害、免疫不全など 2.循環器:先天性心疾患(成人期も含む)、肺高血圧症、心筋症、不整脈、川崎病など 3.新生児疾患:先天奇形、代謝疾患、早産・低出生体重児などの周産期管理・発達フォローなど 4.神経・筋疾患:てんかん、先天ミオパチー、筋ジストロフィー、精神運動発達遅延[hsp.ehime-u.ac.jp] の精査など(神経食思不振症、心身症、不登校などの精神疾患は子どものこころセンターに紹介させて頂きます) 5.代謝・内分泌疾患:糖尿病(学校検尿異常も含む)、ガスリー検査異常の精査、小児生活習慣病(健診の事後指導も含む)、低身長症、甲状腺、副腎、性腺疾患、夜尿症など 6.喘息・アレルギー疾患:食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など[hsp.ehime-u.ac.jp]

  • 中毒性結節性甲状腺腫

    まれな神経障害としては可逆の小脳運動失調症、認知機能低下、精神病、粘液水腫昏睡が知られている。先天甲状腺機能低下症(クレチン症)では精神運動発達遅延や小脳失調が知られている。 粘液水腫昏睡 [ 編集 ] 極めて稀であるが死亡率は25〜65%であり早期のICU管理が望まれる緊急疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 潜在性悪性腫瘍

    まれな神経障害としては可逆の小脳運動失調症、認知機能低下、精神病、粘液水腫昏睡が知られている。先天甲状腺機能低下症(クレチン症)では精神運動発達遅延や小脳失調が知られている。 粘液水腫昏睡 [ 編集 ] 極めて稀であるが死亡率は25〜65%であり早期のICU管理が望まれる緊急疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 自閉性障害

    神経発達症: 特定言語遅延または障害 / 知的障害または全般発育遅延 / 協調運動障害(DCD) 精神障害:注意欠陥・多動性障害(ADHD)/ 気分障害 /不安障害 / 愛着障害 / 反抗挑戦性障害(ODD)/ 行為障害(CD)/ 強迫性障害(OCD)/ 精神病(統合失調症等) 発達退行:レット症候群 / てんかん性脳症 その他:重度聴覚障害[ja.wikipedia.org]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    精神発達遅滞で最もよくみられる PKCとPDCの比較(日内雑誌 89:688,2000) ・PKC:Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis(Kertesz、1967) 発作運動誘発性舞踏アテトーゼ ・PDC:Paroxysmal dystonic choreoathetosis(Mount and[ibaraisikai.or.jp] 4.性器いじり 5.鼻つまみ (4)常同症(*4) 1.点頭運動、頭打ちつけ 2.体ゆすり 3.腕ふり ------------------------------------------------------- (*1)現在ではTSの不全型とみなされる (*2)情動障害一般でみられる (*3)強迫神経症に伴うことがある (*4)広範発達遅延[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状