Create issue ticket

考えれる74県の原因 遅い歩行運動

  • 急性アルコール中毒

    その上で、患者Aが1回目の診察から約50分経過後の2回目の診察においても意識や運動能力の回復が遅く、治療終了後さらに約1時間を経過しても血を吐き、しんどいと訴え、自力歩行もできないといった状態であって急性アルコール中毒症状の改善がなく、また両親からも再度診察を求められたのであるから、救急患者であるAの治療が終了して帰宅させる際、アルコール性心筋症等[medsafe.net]

  • 多発性神経炎

    代謝異常ビタミンB群の欠乏慢性疾患糖尿病遺伝性疾患 その他 症状は左右対称に、両手足の手袋をつけたり靴下を履くあたりに現れ、原因によって症状の現れ方が早かったり、遅かったりする。多くは手足の末端の部分にしびれなどが現れ、その後歩行困難などの運動障害が生じることもある。原因によっては呼吸困難を起こす場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 血栓症

    予防 歩行や足首の運動、脱水を避けることが有効です。血栓が生じる原因の一つは血液の流れが遅くなることです。脚を長時間動かさないような時は、足首の関節をそらしたり、つま先を伸ばしたりする運動が最適です。また、ふくらはぎの筋肉が伸縮することで脚の静脈の血行が良くなり静脈血栓の発生を防ぎます。[azumanaika.com]

  • 深部静脈血栓症

    予防 歩行や足首の運動、脱水を避けることが有効です。血栓が生じる原因の一つは血液の流れが遅くなることです。脚を長時間動かさないような時は、足首の関節をそらしたり、つま先を伸ばしたりする運動が最適です。また、ふくらはぎの筋肉が伸縮することで脚の静脈の血行が良くなり静脈血栓の発生を防ぎます。[azumanaika.com]

  • 舌肺炎

    ・仮面様顔貌、発語障害(小声、どもる)、書字困難、手の細かい運動の障害 ・精神症状(反応が遅い、うつ状態) ・歩行障害姿勢反射障害(姿勢バランスが崩れた時によろめいたりする) ・自律神経症状(起立性低血圧、嚥下障害) 一見して痴呆のようにみえることもありますが、実際に痴呆を合併する疾患もあり鑑別を必要とする場合があります。[okuchidetaberu.com]

  • 頸性脊椎炎

    手術は歩けなくなってからでは遅く歩行障害や手指の運動障害が出ているならば、歩けるうちに選択するのが"手術成功"のタイミングなのです。 手術には「前方法(前方除圧固定術)」と「後方法(脊柱管拡大術)」の2つの方法がありますが、それぞれの手術には条件があります。前方法の場合は「脊柱管の直径が14ミリ以上」「圧迫個所が2椎間まで」。[healthcare.omron.co.jp]

  • パーキンソン病

    すると、筋肉の動きを滑らかにするという基底核の正常な働きが損なわれて、振戦や協調運動障害が起こるほか、動作が遅く(動作緩慢)、小さく(運動減少)なり、姿勢や歩行に異常が現れます。 パーキンソン病の原因は解明されていません。[msdmanuals.com] ・仮面様顔貌、発語障害(小声、どもる)、書字困難、手の細かい運動の障害 ・精神症状(反応が遅い、うつ状態) ・歩行障害姿勢反射障害(姿勢バランスが崩れた時によろめいたりする) ・自律神経症状(起立性低血圧、嚥下障害) 一見して痴呆のようにみえることもありますが、実際に痴呆を合併する疾患もあり鑑別を必要とする場合があります。[okuchidetaberu.com] 運動緩慢 動作が遅くなる症状です。普段の何気ない動作、例えば歩くのが遅くなったり、歩幅が小さくなったり(小刻み歩行)、食事動作、着脱衣、寝返りなど日常生活に支障をきたすことがあります。瞬きが少なく、仮面をかぶっているような表情のない顔つき(仮面様顔貌)、小声で単調な抑揚のない話し方になります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 塞栓症

    予防 歩行や足首の運動、脱水を避けることが有効です。血栓が生じる原因の一つは血液の流れが遅くなることです。脚を長時間動かさないような時は、足首の関節をそらしたり、つま先を伸ばしたりする運動が最適です。また、ふくらはぎの筋肉が伸縮することで脚の静脈の血行が良くなり静脈血栓の発生を防ぎます。[azumanaika.com]

  • 脳血管性認知症

    高血圧や糖尿病などの生活習慣病で先生方の医院・クリニックに通院している患者さんのなかで、 歩行遅くなった、動作が緩慢になった、転びやすいなどの運動障害や歩行障害、尿便失禁がみられるときに脳血管性認知症の存在を疑います。[nmp.co.jp]

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    発性ジストニアとジスキネアは併発することもあり、嚥下や歩行・呼吸といった筋肉の共同運動が障害されることもある。 4)抗コリン性服作用;抗精神薬自体の副作用としても生じるが、併用して使用する抗コリン性抗パーキンソン薬の副作用が混在して生じることが多い。口渇・便秘・目のかすみ・尿閉・時には腸閉塞を引き起こし危険なこともある。[arsvi.com]

さらなる症状