Create issue ticket

考えれる45県の原因 遅い体重増加

  • 甲状腺腫

    頻度の高い症状は、甲状腺機能亢進症では、甲状腺腫大、頻脈、多汗、暑がり、手の震え、動悸、体重減少、便回数増加や下痢、眼球突出、神経質やイライラ、月経異常などです。 甲状腺機能低下症では、甲状腺腫大、脈、寒がり、便秘、体重増加、むくみ、関節痛、痴呆、無気力、傾眠、眼瞼浮腫、月経異常などです。[phoenix.gr.jp] 物忘れがひどかったり、強い眠気を感じる 体がむくむ 体重増加した ひどい便秘である 髪の毛や眉毛が薄くなってきた 首元が腫れている 甲状腺の腫れやしこり(腫瘍) 手で触れると、首元の腫れやしこりが分かる 声がかすれる のみ込みが悪い のどに違和感がある 甲状腺疾患と検査・治療方法について 甲状腺疾患は、「機能異常(働きに問題がある)」と[arishima-naika.jp] が過剰(亢進症) 汗がたくさん出る 暑がりである 疲れやすい 動悸や息切れ、脈が速くなったり、とんだりする イライラしたり、眠れない 体重が減少した 手足の震えがある まぶしかったり、眼球が飛び出している気がする 首元が腫れている 甲状腺ホルモンの分泌が不足(低下症) 寒がりである 肌が荒れたり、乾燥したりする 無気力や脱力感がある 脈が遅い[arishima-naika.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    症状 気力がなくなる、顔や手のむくみ(粘液水腫)、脈が遅い、皮膚がかさかさになる、寒がりになる、眠気、食欲不振、体重増加、月経過多、便秘などがあります。むくみが声 帯や脳におきると声のかすれ、物忘れなどの原因にもなります。また血液中のコレステロール値が高くなりますので動脈硬化がおこりやすくなります。[sagara.or.jp] 頻度の高い症状は、甲状腺機能亢進症では、甲状腺腫大、頻脈、多汗、暑がり、手の震え、動悸、体重減少、便回数増加や下痢、眼球突出、神経質やイライラ、月経異常などです。 甲状腺機能低下症では、甲状腺腫大、脈、寒がり、便秘、体重増加、むくみ、関節痛、痴呆、無気力、傾眠、眼瞼浮腫、月経異常などです。[phoenix.gr.jp] 消化管運動の低下により便秘になったり、心臓機能の低下により脈が遅くなったりします。他には体重増加、寒がり、疲労感がよくみられます。 しかし機能低下が軽度の場合は、どの症状もあきらかではないため診断の決め手とならず、診断が確定するまで長期間見逃されていることもあります。[kuma-h.or.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    食欲がないのに体重増加する 胃腸の働きが悪くなるため便秘、食欲低下がおきますが、新陳代謝が低下するので体重増加します。 脈が遅くなる・息が苦しくなる 脈拍が遅くなったり弱くなったります。[chiba-city-med.or.jp] 甲状腺機能低下による症状 元気が無い・皮膚の乾燥・寒がり・むくみ・脱毛・ひどい便秘・体重増加遅い脈 後でも述べますが、橋本病は甲状腺の腫れや抗甲状腺抗体の存在から診断します。 よって、橋本病でも甲状腺機能低下となる人は25%くらいと言われており、甲状腺ホルモンが正常の場合が少なくありません。[hoshinoclinic.net]

  • 内分泌機能不全

    診療実績 (対象期間:2010年3月1日 2011年6月30日) 低身長 (132例) 家族性低身長など 91例 思春期発症 23例 ターナー症候群 8例 GH単独欠損症 2例 下垂体機能低下症 8例 体重増加不良 (21例) 母乳不足、養育環境 17例 不明 6例 思春期が早い (50例) 早発乳房 33例 思春期早発症 17例 思春期[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 線維筋痛症

    肥満の副作用が強いことも問題であり10 kg以上の体重増加が起こることもある。発性に起こるからこそ問題になる副作用である。アミトリプチリンにも肥満の副作用があるが、個人的な経験であり明確なデータはないがアミトリプチリンによる肥満よりもプレガバリンの肥満の方が程度が強い印象を持っている。[p.booklog.jp]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    尿をつくる腎臓への血流も減るため尿量が少なくなり、体に水分がたまって「体重増加」します。心臓から正常な量の血液を送り出せなくなると、心臓内の血流が遅くなると血液のかたまりができ、それが血流を通って移動して動脈が詰まってしまうことがあります。これが脳の動脈の場合には、「脳卒中」が起こります。[aurora-net.or.jp]

  • 右心不全

    尿をつくる腎臓への血流も減るため尿量が少なくなり、体に水分がたまって「体重増加」します。心臓から正常な量の血液を送り出せなくなると、心臓内の血流が遅くなると血液のかたまりができ、それが血流を通って移動して動脈が詰まってしまうことがあります。これが脳の動脈の場合には、「脳卒中」が起こります。[aurora-net.or.jp]

  • 卵巣甲状腺腫

    症状 気力がなくなる、顔や手のむくみ(粘液水腫)、脈が遅い、皮膚がかさかさになる、寒がりになる、眠気、食欲不振、体重増加、月経過多、便秘などがあります。むくみが声 帯や脳におきると声のかすれ、物忘れなどの原因にもなります。また血液中のコレステロール値が高くなりますので動脈硬化がおこりやすくなります。[sagara.or.jp]

  • 緊張病

    このように非定型抗精神病薬は、錐体外路症状、高プロラクチン血症(無月経・乳汁分泌・乳癌・心血管障害などの合併症を引き起こす)、発性ジスキネジアなどの副作用の発現率は大幅に軽減されていますが、一方体重増加は問題となる副作用であり、放置していると糖尿病を発症する可能性もあるため、陰性症状の改善により外出や運動を積極的に促していくことも大事な治療[atlas-kokolo-clinic.jp]

  • 非中毒性甲状腺腫

    代謝を遅くする結果は、体重増加である。 そして食生活は未来を脅かすでしょう。 血圧の上昇の可能性があります。 コレステロールを上昇させるのは危険です。そのため、虚血性心疾患が起こる可能性があります。 女性では、月経周期、不妊症の違反があります。[joomlabc.ru]

さらなる症状