Create issue ticket

考えれる15県の原因 進行性難聴

  • 老人性難聴

    老人難聴は、低音域ではあまり聴力の低下はないようである(とはいえ、進行すれば中・低音域もやや聞こえづらくなる場合も多い)が、高音域においての聴力低下が非常に顕著であり、そのため子音を含む人間の言葉(特に「あ」行や「さ」行が正しく聞き取れない事が多い)が聞き取りにくくなり、特に女性の声ではそれが顕著である。[ja.wikipedia.org]

  • 難聴

    さらに、進行難聴(時間経過と共に悪化してゆく難聴)の場合は、少し前までは聞こえていた音が聞こえなくなることがあるため、思わぬ問題が生じることもある。 世界的に、ある程度以上の難聴を持つ患者はおよそ人口の10%を占めている。[ja.wikipedia.org] 内耳奇形 - 感音難聴。 機能難聴 - 既述の通り、症状が一定しない。 鼓膜損傷 - 伝音難聴。 耳管開放症 耳硬化症 - 初期は伝音難聴。進行すると感音難聴も生じて、混合難聴となる。 耳小骨離断(耳小骨連鎖離断) - 伝音難聴。 腫瘍 - 主に感音難聴を引き起こす。 聴神経腫瘍 - 感音難聴。[ja.wikipedia.org] この感度に左右差のある状態は、例えば騒音難聴などで見られることもある症例である。 まとめると、以下の通りである。 正常、または、両側で同じように進行している難聴では、音叉の音は中央に聞こえる。 片側に伝音難聴があると、音叉の音は伝音難聴のある側に寄って聞こえる。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性腎炎

    難聴は神経で高音領域で著明であり、腎障害の進行とともに進行する。男性の方が女性よりも進行が早く、20歳前後で腎不全になり、難聴の合併率も高い。水晶体異常、白内障なども伴う。一方女性は無症候血尿が主体であり、腎不全に陥るのは10%以下である。[ja.wikipedia.org] アルポート症候群(アルポートしょうこうぐん、英: Alport syndrome)は感音難聴、眼異常を伴う遺伝進行腎炎である。 神経性難聴を伴う家族性遺伝性腎炎で伴性優性遺伝のものが多い。幼児期には血尿のみであるが年齢とともに蛋白尿が出現し、20歳前後までに腎不全に陥る。[ja.wikipedia.org] 一般にX染色体が1つしかない男性の方が、2つある女性よりも症状の進行が速い。 血尿 蛋白尿 ネフローゼ症候群 白内障 円錐水晶体 感音難聴 佐々木成『腎臓内科学』(2010)シュプリンガージャパン ISBN 9784431100898[ja.wikipedia.org]

  • 急性中耳炎

    好酸球性中耳炎:気管支喘息患者にみられる事のある難治の中耳炎。ニカワ状の耳漏(耳だれ)が特徴。再燃寛解を繰り返し、感音難聴進行する。 中耳炎の原因としては、多くの場合は耳管経由での細菌感染である。そのため、耳管が生理的に短い小児に起こしやすいほか、上気道炎が多い冬に多い。[ja.wikipedia.org]

  • 中耳炎

    好酸球性中耳炎:気管支喘息患者にみられる事のある難治の中耳炎。ニカワ状の耳漏(耳だれ)が特徴。再燃寛解を繰り返し、感音難聴進行する。 中耳炎の原因としては、多くの場合は耳管経由での細菌感染である。そのため、耳管が生理的に短い小児に起こしやすいほか、上気道炎が多い冬に多い。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    大半の患者では20歳代までに下肢遠位部の感覚障害と筋力低下が進行し下垂足を呈する。続いて下肢近位と腕の筋力が低下する。さらに感音難聴、心伝導障害、魚鱗癬、嗅覚消失をきたす。未治療では平均30歳前後で死に至る。臨床症状に加え、血清のフィタン酸の増加を証明すれば確定診断ができるが日本での報告例はない。[ja.wikipedia.org]

  • リンパ水腫

    病気が進行し、難聴や平衡感覚の乱れが常態化すると難治である。 メニエール病の終末期 メニエール病の進行が長期に渡ると、中には両側のメニエール病に進行するものがある。両側メニエール病がさらに進行しきるとやがて平衡機能が廃絶する。[ja.wikipedia.org] 症状変動をともなう進行性感音難聴 意識不明がなく、つねに前庭眼震をともなうはっきりとした特徴的なめまいの症状が20分から24時間持続 通常耳鳴りをともなう 緩和と悪化という特徴的な症状の交替がみられる1985年、「難聴」を「低周波音を特徴とする耳鳴りと関連する聴覚失調」とするなど用語に変更が行われ、1回以上のめまいのあることが診断要件とされた[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    これまでに京都大学病院が筋肉の難病「進行骨化線維異形成症(FOP)」で、慶応大病院が進行難聴「ペンドレッド症候群」で、いずれも治験を実施している。[nikkei.com]

  • チャージ症候群

    Hearing loss: 難聴 CHARGE症候群の子供の約85%になんらかの難聴を有します。難聴は、伝音、感音、混合型があります。またその程度も軽度から重度まで幅があります。しばしば難聴進行です。CHARGE症候群の難聴は、低音域の難聴の伝音声と高音域の難聴の感音性の混合型が多いです。[charge.step.raindrop.jp]

  • 多発性骨髄腫

    病気が進行してM蛋白がふえてくると血液の粘ちょうが増し流れにくくなるため、先に述べた症状が強くなったり 、めまい、頭痛、難聴などの神経症状があらわれます。 診断 1)多発性骨髄腫 臨床症状から多発性骨髄腫が疑われる場合には、血液や尿の検査を行います。[niigata-cc.jp]

さらなる症状

類似した症状