Create issue ticket

考えれる8県の原因 進行性関節硬直

  • 眼窩感染症

    髄膜炎 :髄膜炎は、感冒様症状に続き、発熱、嘔吐、易刺激性からけいれん、意識障害へと進行する。乳幼児では項部硬直などの髄膜刺激症状ははっきりせず、初期診断は困難な場合が多い。 化膿関節炎 :化膿性関節炎は血行性に散布し、膝、肘、股関節などの大関節が侵されやすい。[niid.go.jp]

  • X連鎖下顎顔面形成異常

    非症候群の下顎低形成患者には重度な下顎障害(顎関節硬直、無舌/小舌、稀に頭蓋顔面裂を含む)および進行小顎症あるいは下顎後退が見られる。研究によれば、先天性下顎骨低形成を有する266人のうち52人はトリーチャー・コリンズ症候群であった[ Singh & Bartlett 2005 ]。[grj.umin.jp]

  • 耳下顎頭骨形成異常

    非症候群の下顎低形成患者には重度な下顎障害(顎関節硬直、無舌/小舌、稀に頭蓋顔面裂を含む)および進行小顎症あるいは下顎後退が見られる。研究によれば、先天性下顎骨低形成を有する266人のうち52人はトリーチャー・コリンズ症候群であった[ Singh & Bartlett 2005 ]。[grj.umin.jp]

  • 腎性全汎線維症

    関節リウマチ、ビュルガー病、進行筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン病、硬直性脊髄炎、脳血管障害、脊髄の器質障害、慢性関節リウマチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群 精神障害 うつ病、そううつ病、統合失調症、適応障害、老年および初老などによる痴呆全般、てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、高次脳機能障害、アルツハイマー[jinji-roumu-consul.com] による内耳障害 鼻腔 外傷性鼻科疾患 口腔(そしゃく言語)言語 上顎癌、上顎腫瘍、咽頭腫瘍、咽頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)など 肢体の障害 事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股関節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷運動障害[jinji-roumu-consul.com]

  • 難聴 - 視覚聴覚神経萎縮 - 痴呆症候群

    関節リウマチ、ビュルガー病、進行筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン病、硬直性脊髄炎、脳血管障害、脊髄の器質障害、慢性関節リウマチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群 精神障害 うつ病、そううつ病、統合失調症、適応障害、老年および初老などによる痴呆全般、てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、高次脳機能障害、アルツハイマー[jinji-roumu-consul.com] による内耳障害 鼻腔 外傷性鼻科疾患 口腔(そしゃく言語)言語 上顎癌、上顎腫瘍、咽頭腫瘍、咽頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)など 肢体の障害 事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股関節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷運動障害[jinji-roumu-consul.com]

  • 拡張型心筋症がある感音性難聴

    害、関節リウマチ、ビュルガー病、進行筋ジストロフィー、脊髄損傷、パ ーキンソン病、硬直性脊髄炎、脳血管障害、脊髄の器質障害、慢性関節リウ マチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群、線維筋痛症 精神障害 うつ病、双極性障害、統合失調症、老年および初老などによる痴呆全般、 てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、高次脳機能障害、[syougai.net] 内耳障害 鼻腔 外傷性鼻科疾患 口腔(そしゃく言語) 言語 上顎癌、上顎腫瘍、喉頭腫瘍、喉頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)な ど 肢体の障害 事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股間節症、肺髄性小児麻 痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、 上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷運動障[syougai.net]

  • フルマゼニル

    関節リウマチ、ビュルガー病、進行筋ジストロフィー、脊髄損傷、パーキンソン病、硬直性脊髄炎、脳血管障害、脊髄の器質障害、慢性関節リウマチ、筋ジストロフィー、ポストポリオ症候群、線維筋痛症 精神障害 うつ病、そううつ病、統合失調症、適応障害、老年および初老などによる痴呆全般、てんかん、知的障害、発達障害、アスペルガー症候群、高次脳機能障害、[nagano-shogai.com] による内耳障害 鼻腔 外傷性鼻科疾患 口腔(そしゃく言語) 言語 上顎癌、上顎腫瘍、喉頭腫瘍、喉頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)など 肢体の障害 事故によるケガ(人工骨頭など)、骨折、変形性股間節症、肺髄性小児麻痺、脳性麻痺脊柱の脱臼骨折、脳軟化症、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、上肢または下肢の切断障害、重症筋無力症、上肢または下肢の外傷運動障害[nagano-shogai.com]

  • 視力喪失

    非症候群の下顎低形成患者には重度な下顎障害(顎関節硬直、無舌/小舌、稀に頭蓋顔面裂を含む)および進行小顎症あるいは下顎後退が見られる。研究によれば、先天性下顎骨低形成を有する266人のうち52人はトリーチャー・コリンズ症候群であった[ Singh & Bartlett 2005 ]。[grj.umin.jp]

さらなる症状