Create issue ticket

考えれる1,803県の原因 進行性認知症

つまり: 進行, 認知症

  • アルツハイマー病

    家族と友人は、本人より先にアルツハイマー病の症状やその他の進行認知の症状に気づくことがあります。あなた自身、またはあなたの知っている人に認知の症状が現れたときには、原因を発見するために医学的診断を受けることが重要です。[alz.org] MCIは認知の前段階と考えられていましたが、最近の研究によると、認知進行せずMCIの状態を保つか又は健常に戻る非進行MCIも存在することが分かりました。非進行MCIに対して、診断されてから3年以内に認知に移行するものを進行MCIと呼びます。[prtimes.jp] 血管認知と血管認知障害 7. 原発進行失語/発語失行 8. 前頭側頭型認知 9. 進行核上性麻痺 10. 大脳皮質基底核変性 11. 正常圧水頭症 12. Creutzfeldt-Jakob病 13. 慢性外傷性脳症 14. 記憶障害や認知をきたす他の疾患 第Ⅲ部 記憶障害,Alzheimer病及び認知の治療 15. [asakura.co.jp]

  • せん妄

    関連項目 認知 参考文献[bsd.neuroinf.jp] 認知 は主に記憶に影響を及ぼし,典型的には脳の解剖学的変化によって生じ,発症がより緩徐で,一般に不可逆的である。[msdmanuals.com] せん妄は認知と似たような特徴を持っている病気です。症状が似ているため、せん妄と認知を間違えてしまうことが多くあります。せん妄と認知の違いはどのようなものなのでしょうか。 ここでは、せん妄と認知の違いや、せん妄の種類などについてご紹介します。 せん妄と認知の違い せん妄と認知は症状こそ似ていますが、別の病気です。[senior-anshin.com]

  • 脳血管性認知症

    認知の中でも患者が多く、「三大認知」の1つである脳血管認知について解説します。 原因と進行 脳の血管障害が原因となり、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、脳の血管の病気によって引き起こされます。 この脳梗塞や脳出血、くも膜下出血は重大な病気です。[ansinkaigo.jp] したがって、アルツハイマー型認知と比べて認知としての診断が難しい疾患だと言えるでしょう。 段階的な症状の進行 また、脳血管認知は、徐々に症状が進行するアルツハイマー型認知と異なり、 段階的に症状が進みます 。症状が進行する要因としては、脳血管障害の再発や頭部打撲、ほかの認知との合併などが挙げられます。[sagasix.jp] アルツハイマー型認知①、レビー小体型認知②、いずれも病理解剖で、老人斑やレビー小体(小阪憲司教授が発見)が特徴の病気で、徐々に進行する変性疾患です。 では、脳血管認知③はなんですか、今日はそれについて述べてみましょう。[niigatashi-ishikai.or.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    上記の両者に関連が認められる 明らかな血管障害後3か月以内に認知が生じる 認知機能が急激に低下するか、認知機能障害が動揺または階段的に進行する 血管認知の画像 MRIによる画像[tsurusana.com] アルツハイマー型認知について 20世紀の初めドイツの医学者であるアルツハイマー博士によって、40才代で発症した異常な進行認知症例が報告されました。 死後解剖したところ脳の神経細胞が何らかの原因によって脱落し、著しい脳の萎縮が発見されました。 このような認知を報告者の名前をとってアルツハイマー氏病とよんでいます。[kbn.ne.jp] したがって、アルツハイマー型認知と比べて認知としての診断が難しい疾患だと言えるでしょう。 段階的な症状の進行 また、脳血管認知は、徐々に症状が進行するアルツハイマー型認知と異なり、 段階的に症状が進みます 。症状が進行する要因としては、脳血管障害の再発や頭部打撲、ほかの認知との合併などが挙げられます。[sagasix.jp]

  • 酒さ

    病院で酒さの診断を受けた患者における認知のハザード比は 1.42 (95%CI 1.17-1.72) で、アルツハイマー型認知のハザード比は 1.92 (95%CI 1.44-2.58) と報告されている。酒さは、認知(特にアルツハイマー型)と有意に関連している。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性失語症

    しかし進行非流暢失語では病理診断では 大脳皮質基底核変性進行核上麻痺 などのタウオパチーが多く、意味認知ではFTLD-TDPが多い。logopenic型原発進行性失語では アルツハイマー病 が多い。[ja.wikipedia.org] 小体型認知 パーキンソン病、進行核上麻痺、大脳皮質基底核変性 前頭側頭型認知、原発進行失語症 特発性正常圧水頭 脳血管障害や外傷性脳損傷などに伴う高次脳機能障害、失語症、認知 軽度認知障害 健忘症候群[nissay-hp.or.jp] 【 緩徐進行失語症の検査と診断 】 緩徐進行失語症と間違われやすい病気として、意識障害、統合失調、うつ病、認知などが挙げられます。それらの病気と区別をするために、検査が必要となってきます。検査方法として、何点かのテストをします。[hospita.jp]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    この病型の主な症状は発達遅延、進行の知的障害、筋緊張低下、痙縮(四肢の硬直、頸髄損傷に進行することもある)、進行認知である。てんかん発作の中には持続性部分てんかん、すなわちミオクロニー(筋肉)痙攣を繰り返すタイプが含まれる。視神経萎縮が起こることもあり、しばしば失明につながる。難聴になることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 硬膜下血腫

    血腫によって脳が圧迫されて物忘れや歩行障害、トイレの失敗(尿失禁)など、認知とよく似た症状が現れるのが特徴です。認知の症状がある80 90歳代にも慢性硬膜下血腫が多く見られるといわれています。高齢だから認知とすぐに決めつけず、転倒やなにかに頭をぶつけたことがあったら脳神経外科で診察を受けてみましょう。[healthcare.omron.co.jp] 診断 壮年 老年期で頭痛、片麻痺(歩行障害、手足の脱力)、記憶力低下、意欲減退、見当識障害、認知の精神症状が徐々に進行する場合、慢性硬膜下血腫を疑います。高齢者などでは加齢に伴う認知や脳梗塞などと診断されている場合も少なくありません。[plaza.umin.ac.jp] 高齢者では、 認知 で発症することがあります。慢性硬膜下血腫は、治療可能な認知とも言われています。比較的急に認知が進んだ場合には、本疾患の可能性があるので、早期の受診をお勧めします。 予防の基礎知識 経過が順調であれば、手術直後から症状が改善し、1 2週間以内に退院可能となります。[saiseikai.or.jp]

  • 過食

    原因は分かっていませんが、大人になってから発症した場合は、睡眠時無呼吸、てんかん、鎮静剤等の薬剤、ストレス、認知等との関連も考慮すべきです。また単発では発熱が誘引となる場合もあります。 『睡眠関連食行動障害』の治療は まず ストレスとなっている要因を解消 する事ですが、加えて 抗うつ薬・抗てんかん薬 などの薬物療法も選択肢となります。[itonaika-ketsuekinaika.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    注意深い病歴聴取により医原または抑うつによる認知の診断ができることもある。貧血、電解質異常、肝腎機能障害、甲状腺疾患、ビタミン12欠乏を調べる必要がある。 急速進行認知は治療可能であることも少なくない( 治療可能な認知:Treatable demantia )。 急速に進行する認知には以下の疾患がある。[ncgmkohnodai.org] 病(GSS)と鑑別を要する疾患 ・家族性痙性対麻痺 ・脊髄小脳変性症 ・アルツハイマー病 ・脳血管障害 ・脳炎、髄膜炎 ・自己免疫性脳症 ・傍腫瘍性症候群 ・パーキンソン痴呆症候群 ・認知を伴う運動ニューロン疾患 ・代謝脳症(リピドーシス、薬物中毒等) ・ミトコンドリア脳筋 ・その他の病因による老年期認知疾患(進行性核上性麻痺等)[pref.tottori.lg.jp] Abstract ・ 進行核上麻痺(PSP)は,垂直眼球運動障害,発症早期からの姿勢保持障害と転倒,体軸固縮,認知などを呈する進行の変性疾患である.・ パーキンソン病と異なり「体軸に優位な固縮」,「L‒ドパの効果が乏しい」,「前頭葉徴候」などの特徴を有する.・ パーキンソン病型PSP および純粋無動症型PSP は進行が緩徐で,初期[pieronline.jp]

さらなる症状

類似した症状