Create issue ticket

考えれる15県の原因 進行性言語低下

  • 多発梗塞性認知症

    進行の行動・人格の低下…人格、行動、感情および判断能力の変化が特徴(行動障害型前頭側頭型認知症など)。 進行言語機能の低下…発語、理解、読み書きなどの言語能力の早期の変化が特徴(原発進行性失語など)。 進行性の運動機能の低下…身体の震え、歩行困難、頻繁な転倒および協調運動の障害などの身体運動の様々な障害が特徴。[adinfo.tri-kobe.org]

  • 脳血管性認知症

    進行の行動・人格の低下…人格、行動、感情および判断能力の変化が特徴(行動障害型前頭側頭型認知症など)。 進行言語機能の低下…発語、理解、読み書きなどの言語能力の早期の変化が特徴(原発進行性失語など)。 進行性の運動機能の低下…身体の震え、歩行困難、頻繁な転倒および協調運動の障害などの身体運動の様々な障害が特徴。[adinfo.tri-kobe.org]

  • 硬膜下血腫

    症状 と 特徴 多くは何となく様子がおかしい、ぼんやりしている時間が多い、眠りがちになった、活動低下したなどの症状で始まり、徐々に頭痛、吐き気などの症状が現れます。症状は更に進行し運動麻痺、言語障害、尿便失禁を来たし、記憶障害や痴呆様症状が前面に出てくることも少なくありません。[iwamizawanouge.com]

  • 透析痴呆

    2.全身性エリテマトーデス(SLE)と認知症 勝又康弘 全身性エリテマトーデス(SLE)患者において、軽度認知機能障害はしばしば認められるが、進行低下をたどるのはごく少数である。情報処理速度・注意・実行機能の低下が含まれる一方、言語は保たれるという特徴がある。認知機能障害は疾患活動性の指標と関連せず、病態機序も明らかではない。[fuji-medical.jp]

  • 原発性進行性失語症

    進行の行動・人格の低下…人格、行動、感情および判断能力の変化が特徴(行動障害型前頭側頭型認知症など)。 進行言語機能の低下…発語、理解、読み書きなどの言語能力の早期の変化が特徴(原発進行性失語など)。 進行性の運動機能の低下…身体の震え、歩行困難、頻繁な転倒および協調運動の障害などの身体運動の様々な障害が特徴。[adinfo.tri-kobe.org] 今年は「原発進行失語」というテーマでした。聞きなれない言葉ですよね。。全般的な認知機能低下を認めず、緩徐に言語障害のみが進行していくものです。 このテーマに沿って、レクチャーや症例検討が行われました。じっくり時間を掛けて考えていくのがこの会の特徴であり、活発な議論がされました。 卒業生も顔を出してくれ、充実した会となりました。[koka.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    研究の背景と概要 ALSは「難病の患者に対する医療等に関する法律」において難病指定を受けている難治神経疾患の一つで、脊髄運動ニューロン (注1) の障害による筋萎縮と筋力の低下を特徴とする進行の病気です。[amed.go.jp] 歩行困難、言語障害、嚥下障害および呼吸障害などの症状があり、本人の意識や知覚が正常であるにも関わらず、生活やコミュニケーションの自由が阻害されるため、生活の質(QOL)は著しく低下します。[amed.go.jp]

  • 血腫

    症状 と 特徴 多くは何となく様子がおかしい、ぼんやりしている時間が多い、眠りがちになった、活動低下したなどの症状で始まり、徐々に頭痛、吐き気などの症状が現れます。症状は更に進行し運動麻痺、言語障害、尿便失禁を来たし、記憶障害や痴呆様症状が前面に出てくることも少なくありません。[iwamizawanouge.com]

  • パーキンソン-痴呆症候群

    進行の行動・人格の低下…人格、行動、感情および判断能力の変化が特徴(行動障害型前頭側頭型認知症など)。 進行言語機能の低下…発語、理解、読み書きなどの言語能力の早期の変化が特徴(原発進行性失語など)。 進行性の運動機能の低下…身体の震え、歩行困難、頻繁な転倒および協調運動の障害などの身体運動の様々な障害が特徴。[adinfo.tri-kobe.org]

  • ウェルニッケ・コルサコフ症候群

    進行の行動・人格の低下…人格、行動、感情および判断能力の変化が特徴(行動障害型前頭側頭型認知症など)。 進行言語機能の低下…発語、理解、読み書きなどの言語能力の早期の変化が特徴(原発進行性失語など)。 進行性の運動機能の低下…身体の震え、歩行困難、頻繁な転倒および協調運動の障害などの身体運動の様々な障害が特徴。[adinfo.tri-kobe.org]

  • 遺伝性神経障害

    脳などの神経系が傷害されやすいことから、多く見られる症状として、進行の知能低下・発育遅延・けいれん・視力障害・聴力障害・言語障害・運動失調症・不随意運動・歩行障害・錐体路徴候などがあります。病気によっては筋肉の萎縮や末梢神経障害を示すものもあります。神経系以外の症状では、臓器の腫大や特徴的な顔貌、骨格の異常を示す病気もあります。[hosp.u-toyama.ac.jp]

さらなる症状